ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. いやでも貯まる! 月5000円からの「積立貯蓄」
お金・常識
Share on>

いやでも貯まる! 月5000円からの「積立貯蓄」

いやでも貯まる! 月5000円からの「積

「新生活がスタートしたらふたりの貯蓄を始めたい。でもまとまったお金を貯蓄に回すのは無理」というふたりにオススメなのが、毎月少しずつコツコツと積み立てていく「積立貯蓄」です。たとえ少額でも、長期間積み立て続けることで、まとまったお金を貯めることができますよ。

気付くと意外と貯まっているのが魅力の「コツコツ貯蓄」

「結婚したばかりでまだ収入が少ないから」という理由で、貯蓄を諦めているカップルも多いと思います。しかし、毎月数千円を貯蓄に回すだけで、まとまったお金を貯めることができることを知っていますか? 例えば毎月5000円を積み立てた場合、1年間では6万円、5年間で30万100円、10年間続ければ、60万440円と、ある程度まとまったお金になります。(※金利0.02%、半年複利の場合)。もし共働きなら、夫婦一人一人が毎月5000円ずつ積み立てれば、さらにこの倍の金額が貯まることに! 少しずつでもお金が貯まっていけば、貯蓄する喜びも感じられますし、さらに貯めようという気持ちも起きるもの。少額でもいいので、まずは貯蓄を始めてみることが大切です。

会社員なら財形貯蓄を活用してお金を積み立ててよう

勤務先で取扱いがあれば、給与天引きで一定額を積み立てられる財形貯蓄を利用することができます。財形貯蓄には「一般財形貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」の3種類がありますが、新婚カップルなら、目的が限定されない一般財形か、住宅購入を目的とする財形住宅がオススメ。また、財形住宅は積立期間が5年以上。積立目的は住宅購入費用に限られますが、1年以上継続し残高が50万円以上あれば、最高4000万円まで家を購入・立てるための融資を受けることができます。将来マイホームを考えているカップルにも向いていますね。

給与振込の銀行で自動積立定期を利用する

指定日に毎月一定額を自動的に積み立てられる自動積立定期も、使い勝手がいい積み立て商品の1つ。過去1年分の積立額を1口にまとめて、1年ものの定期預金にすることもできるほか、ボーナス時などに増額指定できる銀行もあります。

from 編集部『手取り収入の10~20%が貯蓄額の目安です』

新生活が落ち着いたころは、一番お金が貯めやすい時期。残ったら貯めるのではなく、貯蓄専用の口座を用意して、手取り年収の10%~20%を目安に貯蓄専用口座にお金を移してしまう、先取り貯蓄がおすすめです。勤務先に財形貯蓄や社内預金の制度があればそれを利用してもいいですし、銀行口座の定期積立などでも構いません。将来のふたりの夢の実現のための貯蓄を、それぞれ分担して貯めてみましょう。まずはふたりで「貯めることを決める」のがオススメです。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • さくさく読む
Share on>

pagetop