ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選び方 名義が親のまま編
お金・常識
Share on>

ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選び方 名義が親のまま編

ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選

楽しい新生活がもうすぐスタート。いろいろな準備が少し落ち着いたら、新生活のための「保険」にも目を向けてみましょう。結婚したらまず手を付けたいのが、独身のときに入った保険の名義変更です。いざというときに必要な人が保険金を受け取ることができるよう、早いうちに見直しておくのがオススメです。

独身時代に入った保険「受取人」の名義が親になっていませんか?

結婚と同時に保険を見直す人も多いと思います。そのようなときに、忘れずにやっておきたいのが、独身のときに入っていた保険を継続する場合の「名義変更」です。独身時代に入った保険の場合、「受取人」が親になっているのが一般的。結婚すれば、配偶者と家計を共にし、一緒に生活をしていくことに。名義が親のままでは、万が一のことがあったときに配偶者が保険金を受け取れない可能性が出てきてしまいます。

結婚したら受取人名義の変更をして、新生活をスタート

生涯の伴侶となることを誓ったはずのパートナーが受取人名義を親のままにしていれば、「どうして?」と疑問に思うかもしれません。また、いったん親が受け取った保険金は、配偶者も「ください」とは言いにくいものです。これからの人生、一緒に歩む相手のことを考え、まずは受取人が誰になっているかを確認してください。受取人名義が今もまだ親の場合には、早めに変更の手続きを行っておくと安心ですよ。

from 編集部『親から保険金を受け取ると贈与税が掛かることも』

受取人が配偶者の親の場合「保険金を受け取りたい」というのはなかなか難しいもの。また、親が保険金を受け取った後にそれを配偶者が受け取った場合、贈与とみなされて高い税金が発生する可能性があります。この点にも注意したいですね。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
Share on>

pagetop