ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選び方 雇用形態が変わった編
お金・常識
Share on>

ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選び方 雇用形態が変わった編

ケースごとにアドバイス!お悩み別保険の選

新生活がスタートした後、ふたりのワークスタイルが変わるケースもあると思います。そんなときに併せて考えておきたいのが「保険」のこと。実は、正社員や自営業、フリーターなど雇用の形が変わると、公的年金や健康保険などの社会保障の中身も変わるって知っていますか? ここでは、雇用形態が変わったときにどんな点に気を付けて保険を選べばいいのかを紹介します。

会社員から自営業やアルバイトに変わると社会保障が減るってホント?

おそらく保険に加入したときには、そのときの年収や生活レベルなどをベースに保障額を検討し、それに適した保険に加入していますよね。ですが、もし会社員や公務員から転職して自営業やアルバイトになると、社会保障の内容がこれまでのような手厚いものではなくなってしまうことがあるため、保障内容を見直す必要性が高まります。さらに仕事を変えると、収入が減ってしまうこともあります。保険の保障を減らしたり、新しい保険に掛け替えたりすることで月々の保険料を下げることができますので、もし、収入が減って家計が苦しくなるようであれば、早めの見直しを実行しましょう。

自営業やアルバイトから会社員になったら保険の保障を減らせる可能性も

自営業やアルバイトから会社員・公務員になった際には、公的な保障の内容をまずは確認しましょう。例えば、自営業と会社員を比較すると、遺族が受け取る年金の額にも違いが出てくるので、死亡保障については、年金の違いを考慮した額に調整することができます。独自に医療の保障を手厚くしている企業に転職した場合は、民間の医療保険が不要になるかもしれません。公的保障が手厚くなった分、保障を減らすことができる場合もあるので、月々の保険料も変わってきます。

from 編集部『働き方と保険は常にセットで考えて』

会社員から自営業への転職を考えている人は、万が一があった際の国や会社からの保障が手薄になってしまうことを考えて、早めに備えておきたいですね。また、夫婦どちらかの働き方が正社員からパート・専業主婦(夫)に変わった場合も今後の収入が変わってきますので、万が一のことがあったときのことなど、今の保険の保障で不足がないか確認しておきましょう。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
Share on>

pagetop