ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. ケースごとのお悩みにアドバイス! お悩み別保険の選び方 妊娠編
お金・常識
Share on>

ケースごとのお悩みにアドバイス! お悩み別保険の選び方 妊娠編

ケースごとのお悩みにアドバイス! お悩み

ご結婚が決まり、おめでとうございます。今は結婚式の準備や新生活の準備でやることがいっぱい! の状況だと思いますが、少し落ち着いたら、ふたりの新生活をより充実したものにするために「保険」のことも考えてみませんか? この先は、新しい家族が増えるかもしれません。妊娠がわかってからだと入れる保険に限りがあったり、制限があったりすることもありますので、今から保険の選び方をチェックしておくのが大切なんです。

妊娠がわかったら、保険に加入できるタイミングが限られるってホント?

妊娠がわかってからは、医療保険に加入できないケースがあります。例えば医療保険の場合、妊娠7カ月(27週以内)までなどと、加入できるタイミングが決められており、この時期を過ぎると、医療保険には加入できないケースがほとんどなんです。もちろん妊娠は病気ではありませんが、妊娠・出産に伴う体調不良や病気のリスクがないとはいい切れないというのがその理由。このタイミングは保険によっても違いますので、複数の保険を比べて検討してみてください。また、妊娠中に保険に加入したときは、一定期間妊娠に関する保障が制限されるのが一般的です。このため、自分に合う保障内容の保険に加入できない場合は、出産後にあらためて保険の見直しをするのがいいでしょう。

ちなみに医療保険ってどんな保険?

「医療保険」とは、病気やけがによる入院や手術の費用に備える保険のこと。一定条件を満たした入院や手術を受けたときに、給付金を受け取ることができます。医療保険の保障は入院日額(入院1日あたりの給付金)5000~1万円程度を確保しておけばよいでしょう。中には女性特有の病気のときに給付金が増える、女性疾病特約を付けることができる保険などもありますので、自分に合った保障内容を選びましょう。

妊娠後に入った保険は、保障が制限されてしまう?

例えば、一度でも帝王切開を経験すると、その後の医療保険への加入に際し、そもそも加入できなかったり、その後の妊娠・出産に関しては保障しないなどの特別条件が付いたりすることもあるため、お子さんを考えている方は、最初の妊娠の前に、早めに医療保険を検討しておきましょう。

from 編集部『加入中の保険があればそれを活かすのがベター』

妊娠がわかってからの医療保険の加入にはいろいろな条件が付きます。それだけに、もしすでに加入中の医療保険がある場合には、その医療保険の保障内容を確認しておきましょう。妊娠中は、保険の乗り換えもおすすめしません。また、出産後はじっくりと保険検討する時間も無くなりがちですので、妊娠がわかった後、出産前に子どものための学資保険なども併せて考えるのがオススメです。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
Share on>

pagetop