ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 結婚の手続き、めんどくさい順ランキング !……とその乗り越え方〈第1弾・婚姻届編〉
お金・常識
Share on>

結婚の手続き、めんどくさい順ランキング !……とその乗り越え方〈第1弾・婚姻届編〉

結婚=婚姻届の提出って、実はよくわからないことだらけ! ぶっつけ本番で臨むと、書類の不備や日数不足により「希望日に受理されなかった!」なんてことになりかねません。そんな悲しい結果にならないよう、今回は婚姻届の「やらなきゃいけないこと」をめんどくさい順に紹介します!

先輩花嫁に聞きました! 婚姻届のめんどくさい順ランキング

ダントツの1位は、「戸籍謄本の用意」!

テスト_画像代替テキスト

1位 戸籍謄本の用意
2位 証人欄のサイン&押印
3位 婚姻届の提出
4位 婚姻届の用意
5位 印鑑の準備
6位 身分証明書の準備

ダントツでめんどくさい度ナンバーワンとの声が集まったのが、婚姻届と同時に提出する必要がある「戸籍謄本」の用意(ふたりの本籍地にある役所に提出する場合は不要)。とにかく時間と手間がかかるのがその理由みたい。

2位の証人欄のサイン&押印には、「郵送でのやりとりだと時間がかかるし、何度も行き来しているうちにヨレヨレに……」という嘆きが。3位&4位については、基本的に平日の日中しか役所が開いていないことがネックになったとの声が。

ここからは、婚姻届にまつわる手続きを失敗なく進めるための手順を、めんどくさい度付きで紹介! 準備から提出までは平均1~2カ月かかるので、スケジュール管理は必須! 記事を参考に計画を立ててみて♪

STEP1:「婚姻届の用意」【めんどくさい度★★】

ゼクシィ付録やダウンロードなどでも入手可能

ラップトップを見る男女

「平日は仕事で、役所にもらいに行くのが大変!」というふたりでも大丈夫。役所でもらえるもののほか、情報誌『ゼクシィ』の付録、最近ではインターネット上で婚姻届を無料ダウンロードできるサービスもたくさんあるから、調べてみて。デザインも豊富で、自分好みの一枚が見つかるはず!

「何度も書き間違いをしてしまい困った!」という先輩花嫁も多数。記入上の注意点をまとめたので、記入前にチェックしておこう。

<記入上の注意点>
●届け出日
役所への提出日を記入しよう。窓口が閉まっている時間帯に提出すると、確認は週明けや翌日になるけれど、不備がなければ提出日が婚姻成立日になるので安心して!

●氏名欄&届け出人署名押印欄
すべて旧姓で本人が署名を。戸籍に旧字体で書かれている人は、旧字体を使用。押すのは認め印でも構わないけれど、スタンプ印やゴム印はNG!

●住所記入欄
現住所を記入。新居への転入届提出済みまたは、婚姻届と同時に転入届を出す場合は、新住所でOK。

●新しい本籍地
夫婦どちらかの本籍地や新居の住所にするケースがほとんど。結婚後に戸籍謄(抄)本が必要になった時、遠方だと何かと不便になることを考え、新居所在地を選ぶ人も。

先輩談!ここに注意&アドバイス

花嫁1

結婚の記念になる「婚姻届の写し」がもらえる北海道東川町で提出。婚姻届の入手は窓口での手渡しのみになるため、平日取りに行くのが大変でした(真理さん)

花嫁2

書き間違えそうだったので何枚か婚姻届が欲しかったのですが、1度に2枚までしかもらえなくて……。やはり2枚では足らず、またもらいに行くはめになりました。なるべく多めに用意しておくと安心ですよ(mokoさん)

婚姻届はコピーor 2枚記入して、一生の記念に!

提出してしまうと手元に残らない婚姻届。「ふたりの記念にしたい!」と思うなら、コピーして残しておくか、あらかじめ2枚記入をしておこう。かわいいデザインの婚姻届なら、そのまま額に入れて飾っても絵になります☆

STEP2:「戸籍謄本の用意」【めんどくさい度★★★★★】

本籍地が遠方だと、取り寄せに時間がかかる&必要書類の準備も大変!

封筒

婚姻届を提出する役所が本籍地でない場合は、戸籍謄本の提出が必須。戸籍謄本は本籍地の役所の窓口で取得できるものの、本籍地が遠方の場合、取り寄せに時間がかかるので要注意! ちなみに方法は2つあります。

1)親族や知人など代理人に窓口で請求してもらう
※委任状が必要
2)郵送請求
※請求用紙・返信用封筒・手数料分の郵便小為替または現金書留・本人確認書類などが必要

郵送請求の場合は、往復の配達日数や役所での処理などで1週間ほどかかることを想定しておいて。休日を挟むと1週間以上かかる場合も。提出物に不備があるとさらに処理が遅れてしまうので、記入漏れや同封物の確認は入念に!

先輩談!ここに注意&アドバイス

花嫁3

本籍地に身内は誰も住んでいなかったので郵送で取り寄せることに。到着まで時間がかかるうえ、郵便小為替や本人確認書類、請求用紙の準備など揃えなくてはいけないものが多くてとにかくめんどくさかった!(happyさん)

花嫁4

本籍地から郵送で取り寄せましたが、準備に取り掛かったのが遅く、ゴールデンウィークとかぶってさらに時間がかかり、婚姻届の提出希望日に間に合うかドキドキでした!(naochanさん)

花嫁5

私の本籍地が遠方で郵送での取り寄せに。挙式から婚姻届の提出の間に旅行に行く予定だったため、挙式前の慌ただしい中で申請の準備をしなければならず、大変でした!(華子さん)

戸籍謄本の取り寄せが大変だったら、本籍地を変更するのも手!

戸籍謄本はパスポートの取得など婚姻届の提出時以外にも必要になることがあるので、複数取得しておくとベター。ちなみに、本籍地は婚姻届の提出時に変更することも可能なので覚えておいて。今回戸籍謄本を手に入れるのが大変だった人は、新居所在地に変更するのもオススメ。

STEP3:「証人欄のサイン&押印」【めんどくさい度★★★★】

最短で仕上げるには、サインしてもらうタイミングが大事!

書類を書く花嫁

婚姻届には、2人の証人によるサイン&押印が必須。「親にお願いした」という先輩花嫁が多く、遠方に住んでいる場合のやりとりは郵送がほとんど。その分時間がかかり、失敗するとさらにスケジュールが押してしまうので、事前準備と段取りをしっかりしておこう。

<証人欄、このポイントを押さえておけば安心!>

1)証人欄にサインしてもらった後、自分たちの記入ミスが発覚すると厄介なことに……。なるべく自分たちが記入した後でお願いしよう。先にサインをしてもらう場合は、念のため2枚記入しておいてもらうと書き直してもらう負担が減らせます。

2)遠方に住む親に証人をお願いしたいと考えていて、郵送でのやりとりに時間がかかりそうな場合は、婚約食事会や戸籍謄本の請求のタイミングで署名、押印をお願いするのも◎

3)夫婦など証人2人の名字が同じ場合は、同じ印鑑だと受理されないので、それぞれ違う印鑑を用意してもらって。

先輩談!ここに注意&アドバイス

花嫁5

親が遠方に住んでいるので郵送でのやりとりになったのですが、書き間違いをして送り直さなければならなかったりと、かなり面倒でした(mokoさん)

花嫁6

自分たちが記入し終えてから親に頼んだのですが、親がふたりとも失敗して書き直すはめに……。特別な婚姻届を使用していたので、新たに準備するのが大変でした(ayakkumaさん)

花嫁7

顔合わせのイベントに証人のサインを組み込んだので、とても楽しい思い出になりました! ただ、ぶっつけ本番になるので、予備の用紙や記入見本を用意するなど、準備は周到にしました(やにゃさん)

証人は20歳以上であれば、誰でもOK!

婚姻届の証人は親じゃなくてもいいって知ってた? 20歳以上であれば、きょうだいのほか、友人や仲人でもOK。ふたりの結婚を見守ってくれる大切な人に「ぜひ、あなたに証人になってもらいたくて」とお願いしてみて。

STEP4:「婚姻届の提出」【めんどくさい度★★★】

不備があると当日受理されない場合があるので、提出前に第三者チェックを!

歩く男女

ここまでくれば、いよいよ役所への提出! 365日24時間受け付け対応してくれるので、忙しいふたりも安心を。でもちょっと待って。「不備があって希望日に受理されなかった!」という場合もあるので、事前チェックは必須。すべての記入と提出物の準備が終わった時点で、役所で内容を確認してもらうのもおすすめ。

先輩談!ここに注意&アドバイス

花嫁8

日の日中は行けないので、夜間に提出。不備があると提出日が婚姻成立日にならないこともあると聞いていたので、間違っていないかドキドキでした(りんさん)

花嫁9

土曜日だったので、守衛さんに提出しました。受理されているかどうかは後日自分で役所に電話をして確認するよう言われましたが、提出日にこだわったので確認が取れるまで気が気じゃなかったです!(華子さん)

花嫁10

休日を提出日にしたかったので、事前に不備がないか、平日に役所で確認してもらいました(実咲さん)

結婚式当日に提出するなら、事前に彼と計画を立てておこう!

「結婚式当日をダブル記念日にしたい!」というふたりは、よりいっそうスケジューリングが大切。ちなみに、「結婚式当日の深夜に提出に行きました。0時に提出して1時に帰宅、6時に起床して会場へ向かいました」「式当日の朝に早起きして守衛さんに提出しました」など、式の前に提出に行ったという先輩花嫁さんがほとんど。彼と話し合って、当日の動きを事前に決めておいて。

From 編集部

ギリギリになって慌てないため、事前準備&計画はお早めに!

結婚式前は準備が予定より押したりと、何かとバタバタするもの。「まだ婚姻届は大丈夫かな」と思っていると、実際に用意する段階になって、「あれ、このままじゃ希望日に間に合わない……!?」なんて事態に陥ってしまうかも。そんなことにならないためにも、提出希望日から逆算してスケジュールを立てておいて。それを基に、証人になってくれる人に早い段階からお願いしておくなど根回ししておけば、スムーズに事が進むはず!

文/西村絵理(ミューズ・コミュニティー) 構成/松隈草子(編集部)
※この記事に掲載のコメントは2016年4月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー124人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです
※保険や税制、各種制度に関しては将来改正される場合もあります。手続き・届け出の方法も随時変わる可能性や、自治体・契約会社によって異なる場合があります

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • 花嫁実例
  • きちんとしている
  • じっくり読む
Share on>

pagetop