ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 遠慮がちな花嫁さんのための、婚約指輪GET(秘)テク
ジュエリー
Share on>

遠慮がちな花嫁さんのための、婚約指輪GET(秘)テク

彼から「婚約指輪を買おう」という話が出ない……。でも自分から「買って!」と言うと彼にわがままだと思われたり、引かれちゃったりするんじゃないかと、ひとりでモヤモヤしていませんか? そこで、彼との巧みなやりとりで婚約指輪をもらった先輩花嫁に詳細をヒアリング! 繊細な男心をくすぐるフレーズを、男性ウエディングプランナーの高橋龍一さんにも伺いました。

彼から「買おうよ」という話が出ない理由って?

イラスト1

―――どうして話が出ない?

そもそも「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いを理解していない男性が少なからずいます。
また、女性ほど婚約指輪の必要性を感じていない男性が多いのも事実です。「結婚指輪を買うのに、高いお金を出して婚約指輪まで買う意味が分からない」というのが本音。
婚約指輪の相場が分からないために自分から話を振らないようにしている人もいるかもしれません。(高橋さん)

―――どうしたらいい?

どの場合も婚約指輪に関して知識がないのが原因です。男性はお金に関わることにはプライドがあるので、彼のプライドを傷つけないよう婚約指輪の情報や希望を伝えることが大切ですね。(高橋さん)

次項からは先輩花嫁の実例を紹介! 高橋さんからのアドバイスも参考にして。

【Case1】リングの絵を描き「買える男の人ってかっこいい」とアピール

イラスト2

誕生日までには結婚を決めたいと、半年先の誕生月のスケジュールに「こんなリングが欲しい」と絵を描いた香織さん。彼に見せると「ふ~ん」と思わせぶりな返事。そこで「結婚した友達はほとんど買ってもらってないんだよね。こんな指輪を一生に一度買える男性ってかっこいいなあ。もし買ってもらえたら絶対自慢しちゃう♪」とアピール。

花嫁1

誕生月に彼から「一緒に婚約指輪を買いに行こう」と言ってくれました。彼は「こんなに高価な物を買う歳になったんだな」と感慨深げでした。(大槻香織さん)

【高橋’sEYE】「うれしい」という言葉で男の自尊心をくすぐれ!

「指輪を買える男性はかっこいい」というフレーズ、技アリですね! ただ「買えない男性はかっこ悪い」と受け止める人もいるので、彼の性格を見極めましょう。「女性はみんなこんな指輪がうれしい! 買ってもらえたらうれしくて友達に自慢しちゃう♪」と伝えると、男性は「うれしいことをしてあげたい」と思ってくれるはず。(高橋さん)

【Case2】「高い物じゃなくていいよ!」と連呼して何気に欲しいと伝達

イラスト3

結婚が決まり、婚約指輪は形だけでもいいから欲しいと思っていたさあさん。「婚約指輪はあんまり使わないから、本当に高い物じゃなくていい」とたびたび話していた。ジュエリーショップでも「これはちょっと高過ぎる」とか「でもデザインはこんなのがいい」と彼に刷り込み。

花嫁2

彼は最初「そんなんでいいの?」と言っていましたが、金額を見て内心「ホッとした」そう。イメージ通りの立て爪のリングをもらって、感動しました。(さあさん)

【高橋’sEYE】「高くなくていい」が心理的負担を減らす!

「高くなくていい」と言ってもらえるだけで男性の心理的負担はグッと下がります。その上で「デザインはこんなのがいい」と伝えてくれると、男性は「どんな指輪がうれしいか」が把握できます。「高い物は買えないけど、彼女を喜ばせたい!」という自主的なモチベーションが生まれるお手本のような言葉ですね。

【Case3】「婚約食事会までにないと困る」とスケジュールを伝達

イラスト4

婚約前には婚約指輪を買ってくれると聞いていたけど、結婚が決まってから話はナシ。婚約食事会までに時間がないと焦ったかおりんさん。食事会の6週間前になり「せっかくみんなが集まってくれるし、婚約指輪がないとちょっと困ると思う」と彼に伝えた。彼はあっさり「そうだね」と返事。

花嫁3

婚約指輪は彼が食事会前日に取りに行き、間に合いました。彼は「自分で選んだ方がいいかな」と思い、言いださなかったそうです。(かおりんさん)

【高橋’sEYE】ハッキリ言ってもらった方が男も楽!

彼は婚約指輪が仕上がるまで1カ月かかることを知らなかったのかもしれません。食事会に間に合ったということで、彼女の判断は正解! 買う予定があると分かっているなら単刀直入に「一緒に見に行ってほしい」と伝えると、彼も「いいよ」と言いやすいはずです。

【Case4】「買わない人も多いです」というスタッフの言葉がきっかけに

イラスト5

婚約指輪を買ってくれる確証がなかった陽江さん。会場で見積もりを出してもらっている間、ジュエリーの展示を見ているとスタッフから絶妙なアシストが。「最近は婚約指輪買わない方が多いんです」「買ってもお安めの物で……」という話に、彼は「親に見せても恥ずかしくない物を買いますよ!」「親がもらった物よりいい物を買いたい」と答えてくれた。

花嫁4

彼からは「婚約指輪を買って、結婚への意識が高まった」と言われました。自分で確かめる前に買う意志が分かってよかったです。(陽江さん)

【高橋’sEYE】男のプライドを熟知したスタッフにGOOD JOB!

第三者から「買わない人も多い」と言われると、プライドが高い男性は「自分は買えるように頑張ろう!」と燃えますね。ただ「自分も買わなくていい」と思う人もいるので、「私は高い物はいらないけど、女性としてはもらえるとうれしいですよね」と会話を続けて、彼の自尊心に賭けてみるのも手です。

【Case5】彼の男気を信じて「ダイヤの大きさは愛の大きさ」とひと言

イラスト6

結婚指輪を買うためにふたりでジュエリーショップへ。みかさんは「どうにかして婚約指輪も買ってもらいたい……」と思い、行きの電車の中で「ダイヤモンドの大きさは私への思いの大きさを表すらしいよ♪」と話を振ってみたところ、彼は神妙な面持ちで「そうか~」と返事。予想より大きめのダイヤを買ってくれた。

花嫁5

彼は「買ったことでこれからの生活に期待が膨らんで、もっと大事にしようと思った」と言ってくれました。(みかさん)

【高橋’sEYE】リクエストに応える甲斐性があるか見定めて

ふたりの確かな信頼関係でこそ成り立つ、直球フレーズですね。彼女の思いに正面から応える彼、素晴らしいです! ただ全ての男性がこの通りにいくとは限らないので「女性ってダイヤが好きなんだよね♪ 私もダイヤの指輪は憧れだな~」と遠回しに伝えると、男性としては「ダイヤの指輪=婚約指輪を買ってあげたい」と思うはずです。

From 編集部

男性心理を見極めて、婚約指輪をGET!

婚約指輪は結婚式が終わるとなかなか買わない代物。少しでも「欲しいな」と思っているなら、彼の性格を見極めつつ、話を切り出してみて。買うかどうかはこれからの生活や金銭面、ふたりの意思で決めることだけど、「あのとき買っておけば……」と後悔しないために話し合ってみよう。

プランナー
Profile

高橋龍一さん アズールウエディング代表
フリーウエディングプランナー

ホテル、レストラン、ハウスウエディングなどの会場勤務を経た後、2011年にフリーランスのウエディングプランナーとして独立。独立後は、母校や初デートの美術館、思い出の公園など、自由な場所やスタイルの結婚式を数多く手掛けている。

構成・文/稲垣幸子 イラスト/えのきのこ 
取材協力/高橋龍一(アズールウエディング)
※掲載されている情報は2016年8月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2016年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー111人が回答したアンケートによるものです

  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • 花嫁実例
  • 憧れ・夢
  • スッキリしたい
  • 楽しく読む
婚約指輪を探してみる
Share on>

pagetop