ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 「猫」モチーフの結婚式がしたいニャー!!
結婚式スタイル
Share on>

「猫」モチーフの結婚式がしたいニャー!!

猫好き新婦なら憧れたことがある「猫」モチーフを取り入れた結婚式。先輩花嫁の実例を参考に、「猫」モチーフのある結婚式をご紹介します!

新婦がデザインした「猫イラスト」をモチーフに!

新婦がデザインした「猫イラスト」をモチー

最初にご紹介する猫好き、先輩花嫁・祐紀子さんの職業は、グラフィックデザイナー。イラストも描ける祐紀子さんは、まず新郎新婦をイメージした2匹の猫キャラクターをデザインし、さまざまな場面に登場させました。ペーパーアイテムに使ってオリジナル感を出したほか、猫キャラクターの大きなパネルを作成し、披露宴でふたりが中座している間に新郎新婦席に置いておいたり、抱えて一緒に写真を撮ったりと大活躍させました。またケーキには、その猫のキャラクターを模したクッキーをトッピングしてオリジナルケーキに。新婦の指先には、猫キャラクターをモチーフにしたネイルアートを施すなど、随所にこだわった、まさに「猫」モチーフがあるウエディングでした。

猫キャラクターは祐紀子さんのオリジナル

コンセプトシートを作ろう!

結婚式を猫モチーフで展開する、と決めたら、まずは、シンプルで汎用性の高い“猫のキャラクター”を決めましょう。イラストが描けるならオリジナルのキャラクターをモチーフにできますし、既存のイラストを使ってもできます。祐紀子さんのように、大きなパネルを作れば、高砂席に座らせておくこともできますし、ウエルカムボードや席次表などペーパーアイテムにさりげなく入れることで統一感が出ます。

実際の飼い猫を登場させたビデオでオリジナル感を

実際の飼い猫を登場させたビデオでオリジナ

新郎新婦ふたりと暮らす、大好きな2匹の「猫」をモチーフにウエディングパーティを企画したのは、先輩花嫁の麻美さん。新郎自らが編集をしたオープニングビデオの冒頭には飼い猫2匹の姿が映し出されビデオをナビゲート。ペーパーアイテム、ウエルカムドール、受付や会場入り口の壁の装飾など、手作りを中心にたくさんの猫アイテムがゲストを迎えました。マジパンで作った猫の人形を載せたオリジナルケーキ、招き猫のチョコレートとコンペイトーのプチギフトなど可愛らしい猫がいっぱいのパーティになりました。

2匹の飼い猫がナビゲートする映像で始まったパーティ。麻美さんのおしゃれ演出

ポイントは、「猫の耳」!

麻美さんのパーティでは、ふたりが子どもゲストのために用意した猫の耳のアイデアが大成功! ゲストが自分の頭に着けることができるので、予想外の動きのある演出アイテムになりました。子どもたちは、猫の耳を着けて、パーティが始まる前から会場を走り回り、また、写真撮影では、大人たちも猫の耳を着けて「招き猫のポーズ」で撮影するなど、終始にぎやかなパーティに!

手作りの猫の編みぐるみがお出迎え!

手作りの猫の編みぐるみがお出迎え!

新郎新婦ともが猫好きな先輩花嫁・まゆみさんの披露パーティで、受付に仲良く座っていたウエルカムドールは、新婦手作りの猫の編みぐるみ人形。ケーキは、トップに猫のモチーフが載り、側面にはチョコレートで猫の足形を装飾しゲストの注目度も抜群でした! プチギフトのキャンディーの小箱には、猫のシールを貼って、オリジナル感と「猫」モチーフでの統一感が出ていました。

猫が好きなふたりらしいウエルカムドール

さりげないところにも「猫」モチーフを!

プチギフトの箱に「猫」モチーフのシールを貼ったり、オリジナルケーキの側面にチョコレートで猫の足形を装飾するような細部まで気を配った“さりげない”演出が、「猫」モチーフを使ってパーティをオシャレにまとめる秘訣(ひけつ)といえそうです。

from編集部『式のテーマにしても、アイテムで取り入れても♪』

とにかく猫が好き!そんなカップルのウエディング、いかがでしたか?
結婚式自体のテーマを「猫」にして、あらゆるところを同じ世界観で統一して猫ワールド全開にしても、ムービーやアイテムをポイントで取り入れたってOK!
個性の伝わるウエディングはたくさんのゲストに楽しんでもらえる&印象に残るはず♪

取材・文/ライトアップ
撮影/平山 賢、細野美智恵(St.Pront)、佐藤彰展(アズ・フォト)

  • 式イメージ収集期
  • 花嫁実例
  • 個性的
  • ふたりらしい
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop