ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. 女性ゲストの心をグッとつかむ! デザート&スイーツ
結婚式スタイル
Share on>

女性ゲストの心をグッとつかむ! デザート&スイーツ

女性ゲストにとって、結婚式の楽しみと言えば、料理。その中でも特にテンションが上がるのがデザートですよね。手の込んだオリジナルデザートをはじめ、好きなものを好きなだけ食べられるデザートビュッフェなど、見た目の華やかさはもちろん、おいしいことも絶対条件! 口の肥えたスイーツ女子にも満足してもらえそうな、デザートを集めてみました。

童話の世界から飛び出したスイーツ!

童話の世界から飛び出したスイーツ!

新郎新婦とも大のスイーツ好き。アーモンドをシュガーコーティングしたドラジェをゲストに配ったり、デザートビュッフェを行ったり。中でもふたりのリクエストで登場したのがあめ細工の花とお菓子の家のウエディングケーキ。ゲストが自由に取ることもでき、童心に帰ってワクワクウキウキ! 女性ゲストの笑顔が弾けた。(康之さん、香織さんの実例)

菓子職人のふたりを友人らがサポート

菓子職人のふたりを友人らがサポート

和菓子店の跡取りとして、修業に励んでいた新郎と、同じく菓子職人を目指していた新婦は幼なじみ。引菓子にバームクーヘンを手作りするなど、スイーツにはとことんこだわった結婚式に。デザートビュッフェやウエディングケーキの準備は新郎の専門学校時代の友人らがお手伝い。すべてがプロの手による本格的なものばかりで、女性ゲストたちは大喜び!(修平さん、千裕さんの実例)

愛娘3人とふたりのネーム入りケーキ

愛娘3人とふたりのネーム入りケーキ

婚姻届提出から5年がたち、3人の娘と共に家族の記憶に残る結婚式をと考えたふたり。ウエディングケーキもかわいらしいデザインがいい!と、インターネットで見つけたカップケーキスタイルを選んだ。一番上のケーキのプレートには家族5人の名前が記されており、ゲストからも「かわいい」の声が。後に、カップケーキはデザートビュッフェの一品となり、ゲストの元へと届けられた。(賢二さん、未来さんの実例)

from 編集部『見て食べて、テンションの上がるデザートとは』
ふたりらしいオリジナルウエディングケーキやふたりに縁の素材を使ったデザートビュッフェなど、料理の一部分として大きなウエイトを占めるデザート。人気はやはりデザートビュッフェ。パティシエが目の前でサーブしたり、その場で仕上げをしてくれたり、特別感満載のデザートタイムは女性ゲストのテンションがグンと高くなる。披露宴最後に食べるデザートで、その日の料理の印象が変わると言ってもいいかもしれないほど、ゲストにとっては記憶に残るものになるはず。

取材・文/真下智子、撮影/清水知成、真鍋誠子、高萩恵子(chiike photo)

  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • もてなし
  • テンションあげたい
  • 料理にこだわるウエディング
Share on>

pagetop