ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエルカムボード
  5. ウエルカムボードの文面、みんな何書いているの?
演出アイテム等
Share on>

ウエルカムボードの文面、みんな何書いているの?

パーティ・披露宴会場で最初にゲストをお迎えするウエルカムボード。出席してくれてありがとう!という感謝の気持ち、楽しんでくださいね!というおもてなしの気持ちをストレートに伝えられるからこそ、ウエルカムボードに何を書くのかはじっくり考えたいもの。先輩たちのウエルカムボードから学んでみませんか?

シンプルにウエルカムでお迎え

シンプルにウエルカムでお迎え

定番の「Welcome」に加えて、ふたりの気持ちを表すフレーズをプラスしてもOK。「パーティを楽しんで」などのメッセージを付け加えるなら、パーティのテーマカラーに合わせたデザインにするなど、見るだけでわくわくする工夫をすると、ゲストの印象にも残りそう。

「アンティークなもので式の後も飾っておけるものにしたくて作りました。歓迎の気持ちを伝えるために、フレーズはWelcomeに。ポイントは小鳥たち(新郎新婦)が赤い糸でハートを作っているところです」(有香さん)

やっぱり伝えたいTHANK YOU

やっぱり伝えたいTHANK YOU

「ゲストに何を一番伝えたいかと聞かれたら、「感謝の気持ち」と答える人がきっと多いと思います。ストレートな「THANK YOU」で、照れずにありがとうの気持ちを伝えてみてはいかが? THANK YOUにプラスして、「楽しいひとときを」や「みんな、大好き!」「来てくれてうれしい」などのフレーズを添えても素敵。

「広告制作の仕事をしていたこともあり、デザイン性の高いものを目指して自分で作りました。一番伝えたい 『THANK YOU』を大きくして、披露宴を『楽しんで』くださいねという言葉も加えました」(良子さん)

日本語でストレートに気持ちを伝えて

日本語でストレートに気持ちを伝えて

ほとんどが英語で書かれるウエルカムボードだけれど、日本語で書かれた文言は、ゲスト全員の心にすっと入ってきます。素直に気持ちを伝えたい、小さい子どもにもわかってもらいたい、そんなふたりの気持ちが表れる日本語のボード、和スタイルの結婚式以外でも使ってみては?

「ふたりをイメージしたお皿に絵付けして、“Thank You”ではなく“ありがとう”と書きました。ゲストが思わずにっこりしてくれるような、他では見たことがないようなスタイルのウエルカムボードができました」(kiyomiさん)

ふたりの笑顔が「Welcome」に

ふたりの笑顔が「Welcome」に

ウエルカムボードに書くのは「言葉」だけとは限りません。ふたりの笑顔の写真や似顔絵でお出迎えされると、ゲストも優しい気持ちになれそう。等身大の写真パネルなどで、インパクトのあるウエルカムボードを作るカップルも。

「デザインの勉強をしていた友人たちに似顔絵を描いてもらいました。満面の笑みのふたりを見たゲストも、思わずにっこりしてくれたようで、ふたりらしくてよかったね、と褒められました」(ちはるさん)

from編集部『一番最初に伝えたい言葉をボードに』

単に飾りとしてではなく、ふたりからのメッセージを伝えられるのがウエルカムボードの良いところ。会場に来てくれたゲストを、一番最初になんと言ってお迎えしたいのかを考えると、何を書くかも決めやすいのでは?

取材・文/清水真保
※この記事で紹介している実例は、「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバーからの提供によるものです。

  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
  • ふたりらしい
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop