ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. BGM
  5. 親世代が心和ませ涙させる、この1曲! 10選
演出アイテム等
Share on>

親世代が心和ませ涙させる、この1曲! 10選

ウエディングBGMは新郎新婦ふたりが好きな曲、思い出の曲を選ぶのと同時に、ゲストをくつろがせ、楽しませる曲も考えたい。新郎新婦ふたりの好みとは少し違っていても、あえて意識して親世代のヒット曲などを少しずつ織り込んでいくと、ゲスト皆が楽しめるBGMになって親密感がより増してくるでしょう。

「プロフィールビデオ」での親との思い出のシーンに

「プロフィールビデオ」での親との思い出の

「やさしさに包まれたなら」/松任谷由美

1970年代のヒット曲ながら、映画「魔女の宅急便」に使われて幅広い世代が知る永遠の名曲。「歓談」や「迎賓」、また「プロフィールビデオ」での親との思い出のシーンに流せば感動もひとしお。

『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』より/ユニバーサルミュージック/TOCT-29103/3703円(税込)

親への感謝の気持ちを歌詞で伝えられる

親への感謝の気持ちを歌詞で伝えられる

「涙そうそう」/夏川りみ

温かみあふれる声で、親への感謝を伝える歌詞とやさしいメロディを歌う。ギフト贈呈のような感動のシーンで流すのもいいけれど、さりげなく歓談で流せば、じわじわ心に響いてソッと涙を拭う姿があちこちで見られそう。

『BEST SONGS』より/ビクター・エンタテインメント/VICL-63840/3086円(税込)

郷愁あふれる昭和の歌声

郷愁あふれる昭和の歌声

「いい日旅だち」/山口百恵

郷愁あふれる歌詞と昭和なメロディーと歌声に、親や上司、祖父母世代なら思わず一緒に口ずさむはず。J-POPが流れる歓談の合間に流してみたり、祖父母など年長者がエスコート役を務める中座に使って。

『旅立ち~卒業ソングBESTセレクション』より/ソニーミュージックダイレクト/MHCL-2226/2592円(税込)

家族の誇りを受け継ぎます!

家族の誇りを受け継ぎます!

「マイ・ウェイ」/フランク・シナトラ

「カラオケの定番はこれ」という父&祖父も多いはず。人生を振り返り、悔いなし! と歌い上げる感動曲だから、新郎が家族の誇りを引き継いで中座に使って堂々と歩きましょう。

『マイ・ウェイ/夜のストレンジャー』より/ユニバーサルミュージック/TYCJ-60031/1027円(税込)

人気旅番組曲は家族の思い出を飾る

人気旅番組曲は家族の思い出を飾る

「世界ふれあい街歩きmain theme」/村井秀清

人気旅番組のテーマ曲はほのぼの明るい。「プロフィールビデオ」での家族旅行の写真に合わせて流せば、楽しいあれこれがよみがえって家族みんなで懐かしい思い出に浸れるでしょう。

『image13』より/ソニーミュージック/SICC-30116/3086円(税込)

ゴスペル調の盛り上がりが感動的

ゴスペル調の盛り上がりが感動的

「明日に架ける橋」/サイモン&ガーファンクル

ゴスペル調のサビが感動的なフォークソングで、人生が大変なときは君に手を差し伸べるよという歌詞は親の気持ちを代弁してくれるよう。エンディングビデオや退場に使うと胸がいっぱいになりそう。

『明日に架ける橋』より/ソニーミュージックインターナショナル/SICP-30035/1944円(税込)

1970年代に青春を過ごした世代が胸熱くする名曲

1970年代に青春を過ごした世代が胸熱く

「サンキュー」/レッド・ツェッペリン

1970年代に大活躍したハードロック・バンドのスロー・ラブ・バラードの名曲。歓談でさりげなく流したら、ゲストテーブル回りに忙しいお父さんが「おおっ!」と喜び、感激してくれそう。

『レッド・ツェッペリンII』より/ワーナーミュージックジャパン/WPCR-15688/2160円(税込)

1970年代のロマンチックで心地よい音色

1970年代のロマンチックで心地よい音色

「恋はみずいろ」/ポール・モーリア

1970年代に日本を席巻したイージー・リスニング(聞きやすいインスト曲)の代表曲。ボーカルのない軽やかでロマンチックな音色は迎賓や歓談にピッタリながら、親世代には実は”ラヴ・サウンズ”と呼ばれたデート中に聞きたい音楽だったんです。

『ポール・モーリアのすべて~日本が愛した50曲』より/ユニバーサルミュージック/UICY-15206~7/3086円(税込)

祖父母世代をウットリさせるフランスの名曲

祖父母世代をウットリさせるフランスの名曲

「ラ・ボエーム」/トリオ・エスペランサ

1965年に世界中で大ヒットしたフランスのシャンソンを女性トリオが美しいコーラスでカバー。親よりも一世代上、祖父母世代に懐かしく、うっとり夢見るように曲に浸ってくれるはず。

『ビューティフル・ハーモニー~ときめきのシャンソン名曲集~』より/リスペクトレコード/RES-245/2592円(税込)

懐かしい名曲にママが聴きほれて涙しそう

懐かしい名曲にママが聴きほれて涙しそう

「見上げてごらん夜の星を」/秋川雅史

坂本九の名曲を、あの「千の風になって」のボーカリストが朗々と歌い上げるから、ママがうっとり聞き入りそう。手紙朗読のBGMに最初は音量を下げてソッと、朗読終了後に大きく流して感動を盛り上げて使って。

『BEST ALBUM』より/テイチク・インペリアル/TECG-38095/4000円(税込)

from編集部『親の好きな曲を探してみて』

私が列席した友人のウエディングでは、プロフィール・ビデオのBGMにお母さんの大好きなアーティストの曲を使って、お母さんが号泣。涙、涙の感動の輪が広がりました。親の好きな曲を実家のCD棚で探してみて。

BGMを決めるときに知っておいてほしいこと

●会場によって、音源の持ち込みができない場合や取り扱える音源に制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。
●曲を購入する前に、会場での使用が可能かを事前に確認しましょう。
●会場によって、音源の再生タイミングの指定など、オペレーションの制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。

取材・文/和田靜香  ※記事内の商品の取り扱い及び金額は2011年11月時点のものです。

  • 挙式2ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 家族の絆
  • 感謝
Share on>

pagetop