ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 手紙・あいさつ・謝辞
  5. 花嫁の手紙って、何がいいの?
結婚式スタイル
Share on>

花嫁の手紙って、何がいいの?

花嫁の手紙って、何がいいの?

披露宴のクライマックスともいえる「花嫁の手紙」。娘から親へ、あるいは家族や育ててくれた大切な人へ贈る言葉にはゲストも耳を傾け、涙を誘うこともしばしば……。そもそも「花嫁の手紙」は披露宴が感動的なものになるから、いいのでしょうか? 「いやいや、感謝を伝えられるからでしょう」と皆さんの声が聞こえてきますが……。もちろんそれも大事なこと。でももう一つ、大きな理由があると思うのです。

親への手紙は、花嫁の新しい人生の財産に!

「親に感謝の気持ちを伝えたいから手紙を書きました」と話す花嫁さんが、大勢います。一方で「恥ずかしいから読まなかった」という人も。親に対して自分の気持ちを伝えることも、ゲストの前で胸の内を語るのも恥ずかしいと。つまり「花嫁の手紙」では、うそはつけない、とみんな知っています。きっとそれが、花嫁の手紙のいいところではないでしょうか。自分の生い立ちを振り返り、どんな出来事があったのか、親をどう思っていたのか、何を受け継いだのか、そして今の自分はどうなっているのか。脚色をせずに、あぶり出すことができる。それは、新しい人生を歩き出す花嫁さんの大きな財産になります。

読んでも、読まなくてもいい。「花嫁の手紙」を書いてみよう!

もし迷っているなら、披露宴で読む読まないは、後で考えることにして。結婚を機に「花嫁の手紙」を書いてみましょう。

【花嫁の手紙・書き方3ステップ】 
・STEP1:親との思い出をたくさん書きだそう
・STEP2:親から受け継いだものを見つけ、今の自分を書きだそう 
・STEP3:「STEP1」と「STEP2」をつなげ、出だしの言葉と結びの言葉を付けて、「花嫁の手紙」を完成させよう

*出だしの言葉の例文……「お父さん、お母さん、27年間育ててくれてありがとうございました」 
*結びの言葉の例文……「お父さん、お母さん、ふたりの子どもでよかったです。最後に、○○家のお父さん、お母さん。至らないところばかりですが、これからもどうぞよろしくお願い致します」

自分ができるスタイルで、感謝の気持ちを伝えよう!

ようやく書き上げた「花嫁の手紙」。結婚式という大きな節目の瞬間に届けることができたら、親も花嫁も、見守るゲストも、きっと忘れられない時間になります。「でも、やっぱり恥ずかしい!」という人は、花束やギフトを贈呈する時に司会からひと言エピソードを紹介してもらうのはいかがでしょう。「幼いころは怖いお父さんと思っていたけれど。頑固な性格はよく似ているなぁと、最近思うようになりました」など、「渡さない花嫁の手紙」のお陰で具体的なエピソードを添えることができ、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。さあ、ぜひトライしてみて。

From編集部『素直な言葉の魔法』

ご結婚式の取材を通して、たくさんの“花嫁の手紙のシーン”に出会いました。例え手紙を読まなくても、ほんのひと言、新婦の本音を司会が語るだけで温かな雰囲気になるものです。さあ、あなたの素の言葉って、どんな言葉なんでしょうね。

取材・文/千谷文子

  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 感謝
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop