ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. 引出物・ギフト・内祝い全般
  5. 日本全国エリア別! 引出物事情
演出アイテム等
Share on>

日本全国エリア別! 引出物事情

日本全国エリア別! 引出物事情

結婚式を準備している中で、列席者の皆さんに喜んでもらえる料理や演出、さらに引出物といろいろと決定しなければならないことがあります。特に、引出物はふたりのセンスが問われる大切なもの。どんなものを贈るか悩みはつきません。エリアによってしきたりや決まり事があるので、しっかり把握して、素敵なものを贈りたいですね。全国の地元の百貨店に、エリアの決まり事やトレンドを聞いてみました。

会費制の結婚式が多い北海道では、引出物は会費の1割程度

会費制の結婚式が多い北海道では、引出物は

結婚式に出席する際は、お祝いをお渡しし、帰りに引出物を持って帰る……というのが一般的ですが、北海道では会費制の式が主流。会費は1万5000~1万8000円ほど。列席者には、1000~1500円ほどのお礼とプチギフトをお渡しします。北海道でも、会費制でない結婚式もありますが、ほとんどが会費制の結婚式なのだそう。
列席者へのお礼は、スイーツが圧倒的人気! おいしいものが豊富な北海道の話題のスイーツは、みんなを自然と笑顔にします。特に人気なのが「寿」「祝」などの焼き印を入れられる「北菓楼」のバウムクーヘン。しっとりした程よい甘さのバウムクーヘンは、北海道土産として全国的に人気の品です。

「北菓楼」バウムクーヘン「妖精の森」/ホール・高さ約4cm 1132円(税込)、高さ約6cm 1646円(税込)、高さ約8 cm 2264円(税込)

東北エリアは震災以降、地元の工芸品などの需要が増加!

東北エリアは震災以降、地元の工芸品などの

東北エリアの結婚式もさまざま。青森のように会費制の多いエリアもありますが、基本的には式当日にお祝いをお渡しすることが主流です。全国的に人気のカタログ式ギフトがやはり根強いようですが、最近では、地元の工芸品など地元のアイテムを選ぶカップルが増えているそう。例えば、仙台生まれの「玉虫塗」は光の色によって表情を変える漆器。玉虫の虹色の羽のような色調が美しい工芸品です。他に「仙台堆朱(ついしゅ)」は、赤い漆を何層にも厚く塗り重ねて絵柄を彫刻したもの。記念品・贈り物としても地元で愛されつづけている赤く艶やかな漆器です。「玉虫塗」「仙台堆朱(ついしゅ)」など地元の名産品を引出物に入れるのは、地元との絆を大切にするカップルが増えているのかもしれません。

微妙な色の移ろいが美しいガラス器。東北工芸・玉虫塗 タッチクラシック6,000円(税抜)/藤崎大町館2階にて

関東は限定アイテムに人気集中! 引出物は他とかぶらないアイテムで!

関東は限定アイテムに人気集中! 引出物は

県によっての決まり事はあまりなさそうな関東。ただし、年配の方々の中には、割り切れる数ではなく奇数が望ましいとか、かつお節は縁起がいいとかなどの決まり事はあるようです。「ふたりの年輪を重ねていく」という意味で、バームクーヘンは関東でも人気。また、「ここでしか扱っていない」というブランドや限定セットを選ぶカップルが多いそう。「カフェ・オウザン」のクロワッサンラスクや「ジャン=ポール・エヴァン」の焼き菓子などがそれ。バームクーヘンでは「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」が、おしゃれなパッケージで人気急上昇中! ブランドものの食器も定番。引出物の御三家とも呼ばれる「ウエッジウッド」「ロイヤルコペンハーゲン」「深川製磁」は、男女年齢問わず喜ばれるブランドだそうです。

特別感のある引出物に。ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ バームクーヘン「寿」 1296円(税込)

限定品のほかには、季節ものも人気

引出物と同じくプチギフトも限定品が出る傾向。例えば、銀座三越では、「ハッチ」のハニーキャンディー、「福砂屋」のキューブカステラなどが目を引きます。また、引出物は季節によって人気アイテムが変化。春夏は、洋食器、夏秋はガラス製品、秋冬は和食器など。列席者の人に喜んでもらえる工夫がいっぱいです。

オリジナリティーのあるカタログ式ギフトが人気の九州エリア

オリジナリティーのあるカタログ式ギフトが

式を挙げた年末。「いい嫁をもらったよ」と新郎の親から新婦の親に大きなブリを贈る「よめごぶり」という習慣もある九州エリア。でも、引出物の「これ」といった決まり事はないそう。全国的に人気のカタログ式ギフトは、「荷物にならない物」「ライフスタイルに合った物」という配慮から贈られることが多いそう。日本製のものを集めた「made in japan」や「ディーン&デルーカ」といったオリジナリティーとこだわりのあるカタログ式ギフトが受けているそうです。食器は、老舗ブランドはもちろん、最近は北欧ものにも注目が集まっています。「イッタラ」はモダンなデザインと使いやすさで定番化。九州エリアでは特に「受け取った人が負担にならず、喜んでくれるかどうか」を重視して引出物を選ぶカップルが多いようです。

イッタラのカップは目を引くデザイン。パラティッシ コーヒーカップ&ソーサーペアセット (カラー) 1万5000円(税抜)

from編集部『ふたりの思いがより伝わるオリジナルギフト!』

地域による決まり事やしきたり、トレンドがあっても、ゲストや親戚に感謝を伝えるふたりの気持ちはどこでも同じ。ゲストが笑顔を思い浮かべながら、引出物を選ぶ瞬間も幸せな時間です。

取材・文/吉田葉子 取材・写真協力/丸井今井 札幌本店TEL011-205-1151、株式会社藤崎TEL022-261-5111、株式会社三越伊勢丹 銀座三越TEL03-3562-1111、株式会社岩田屋三越TEL092-721-1111 ※この記事に掲載の情報は2014年11月取材時のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
  • 人間関係
  • ゲスト
  • 迷った時の定番
  • こだわりの逸品
  • オリジナリティのあるギフト
Share on>

pagetop