ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. 花婿ビューティー
  5. 花婿だってキレイが一番! 「新郎ビューティ化計画」始動!
ビューティー
Share on>

花婿だってキレイが一番! 「新郎ビューティ化計画」始動!

彼だってキレイが一番♪

結婚式をふたりにとって最高の一日にするためにも、イケていない花婿姿は避けたいもの。「でも、残り1週間しかないし……」と嘆いているあなた、ご安心を。ヘアメイクのプロが、今からでも間に合う&おうちでできる美容法を伝授。即、実践して、輝く姿で当日を迎えて!

普段お手入れをしていない花婿こそ少しの努力で変身できるチャンス

式の準備や仕事に追われて気付いたら残り1週間。ふと鏡を見て、「この姿で当日を迎えるの!?」とがくぜんとしている花婿さん、意外と多いのでは? 普段、お手入れしていない人ほど、少しのケアで効果の期待大。ぜひ今からご紹介するメニューにチャレンジしてみて。スキンケア、ヘアケア、ハンドケア、眉ケアetc.トライすれば、イケてる花婿にググっと近づけます!

【スキンケア ベーシック編】毎日のケアは朝晩3ステップでOK

朝晩の肌のお手入れは、基本的に「洗顔」「化粧水」「保湿」の3ステップでOK。化粧品は、できれば店頭で相談しながら選ぶのがオススメです。以前よりメンズ化粧品は増えましたが、まだまだ種類が少ないのが現状。オーガニック成分配合のものなど、女性用の軽めの化粧品なら、男性の肌に合うものが多いので狙い目です。このとき、女性化粧品を扱うカウンターにある肌診断機を使って、自分の肌の状態を把握しておくと、より適切なアイテムを選べてグッド。なお、朝晩のケアを続けることで肌の調子が整ってきたら、保湿液を夜だけにする、または、全体により軽い使用感のものに変えましょう。どの化粧品も塗布むらを避けるために、適量を守って使用してください。

朝晩の基本的なスキンケア方法

(1)洗顔/洗顔せっけんやチューブ式の洗顔料の場合、手または洗顔ネットなどで十分に泡立てて、泡を肌の上で転がすように洗顔します。泡の少ない状態で洗顔すると、肌を傷つけて皮脂が出やすくなるので注意して。
(2)化粧水/コットンを化粧水でしっかり濡らした状態にしてから、頬より全体に付けていきます。コットンに濡れていない箇所があると、摩擦で肌に負担がかかり、肌を傷つける原因に。最後に顔全体を手のひらで覆い、乾いているところがないかチェックしつつ、肌に化粧水を密着させます。
(3)保湿/油性肌の人は、少ししっとりする化粧水を使うことで、保湿液は必要なし。乾燥肌・混合肌・ひげが濃くてカミソリ負けしている人は、乾燥が気になる部分に保湿液を丁寧に塗布していきます。

【スキンケア スペシャルケア編】角質ケアや直前パックでより輝く肌に

男性は女性に比べて皮脂が多く、角質が厚い人が多いので、軽い角質除去を実践してみるのもオススメ。化粧水の浸透が、断然良くなります。ただし、肌の状態によっては荒れる場合もあるので、式直前は控えてください。女性が使う化粧落としの効果もある拭き取りシートは、よりソフトに肌表面の角質を除去できるので、心配な人はこちらを試してみてもよさそう。
式直前は、ぜひパックにもトライして。あまり高価なものでなくてもOK。即効性があり、効果を実感できるはずです。式当日までは、むくみや肌荒れの原因となる飲酒・油ものの食事は控えて、睡眠時間は7~8時間を確保。細胞の修復、成長の時間帯である夜10時~深夜2時には睡眠に入っていることが理想です。

唇ケアやシェービングも手抜きは厳禁

●唇ケア/カサカサ唇の人は、今すぐこってりとしたリップクリームを夜、多めに塗布。ほとんどが翌朝には劇的に変化します。唇が濡れたまま外出したり、乾燥した部屋にいると荒れてしまうため、唇をなめる癖のある人は特に、食後などに適量のリップクリームを塗ることを習慣にして。
●シェービング/シェービング時に肌荒れが気になる人は、深剃りを避け、シェービングジェルやクリームを使って摩擦を減らしましょう。なお、シェービング後は炎症を避けるためにもスキンケアは入念に。

【ヘアケア】パック&マッサージでつや髪をゲット!

カラーやパーマで傷んだ髪には、なるべく早い時期からヘアパックを実践。商品に記載されている指示に従って、しっかり髪に浸透&しっかり流します。頭皮が硬いと感じるなら、シャンプー後の頭皮が柔らかくなっている状態で、頭皮マッサージを試してみて。この時、頭蓋(とうがい)骨と頭皮の間に隙間を作ってあげるようにつぼを押しつつ、頭全体を500円玉くらいの円を描くように指でもみほぐします。頭皮が柔らかすぎるという人は、うっ血している場合があるので、気持ちいいと思える程度の力でつぼ押しを。頭皮に発疹や水疱(すいほう)がある場合はマッサージNGです。

小顔も狙えるヘッドスパもオススメ

頭皮がさっぱりするだけでなく、小顔やすっきりとしたフェイスラインも狙えるヘッドスパ。ヘッドスパ用のシャンプー&トリートメントを使う、または、頭皮用のオイルを通常のシャンプー前に適量塗布します。オイルの場合は油性なので、シャンプー時によく乳化させてから洗い流すことが大切。頭皮に残ると酸化して、毛穴がきれいにならないどころか、臭いなどの原因にもなります。さらに、週1回など、パッケージに記載されている使用頻度もきちんと守ることも大切。簡単に毛穴の掃除ができる、炭酸シャンプーもオススメです。

【ヘアスタイル】当日の出来はカットで決まります

男性の場合、事前のカットの状態で当日の出来がほとんど決まります。ヘアスタイルが気に入らなくても当日リカバリーすることは難しいため、慎重にカットしてもらいましょう。できれば、自分の好みや髪質をわかってくれているなじみの美容院に行くのがベター。まず、会場や衣裳の写真とともに自身の希望の髪型を伝え、相談しながら美容室でカットなどを実施。もし、当日お願いするヘアメイクさんと事前に打ち合わせができる場合は、髪型について相談し、美容院でどう希望を伝えるとよいかアドバイスをもらっておくことがオススメです。そして、式の2~3日前にもう一度美容院へ来店し、カラーリング&微調整をすれば、希望通りの仕上がりに。なお、式当日は、使用の有無にかかわらず、普段使っているワックスなどのセット剤を持参すると、ヘアメイクさんに好みなどが伝わりやすくスムーズです。

フォーマルな場にふさわしい髪型を選択

和装には、暗めの髪色が似合います。また、会場や来賓の方々の業種にもよりますが、洋装の場合も、明る過ぎる髪色は避けた方がシックにまとまりオススメです。和装・洋装とも、多少すっきりした髪型の方が、バランスはグッド。あくまでフォーマルな場ですので、ラフな髪型は避け、長めの髪型の人はセットでフォーマル感を演出しましょう。

【手元&ネイルケア】写真に残ることが多い手元もしっかりお手入れ

指輪の交換シーンなどで注目を集めることが多く、アップの写真を撮られることも多い手元は、清潔感が何より大事。爪は短めに切り揃え、ささくれや手の乾燥が気になる人は、お休み前にたっぷりのハンドクリームでケアしましょう。ネイルサロンで甘皮の処理をしてもらうのも手ですが、市販のネイルケアセットに入っているやすりで爪表面や爪先を丁寧に磨くだけでも見違えるのでぜひお試しを。ささくれは、眉用などの先端が細いハサミで根元からカット。ピンセットで引っ張ると、深い傷になる場合があるので避けましょう。ささくれや爪が白くなっているのは乾燥が原因なので、爪用のオイルを塗布。濃い指の産毛は毛抜きで処理します。

【眉ケア】お手入れ方法を知って人気の太眉をキープ

案外、自分で整えることは難しいため、できれば一度プロにカットをお願い。その後、自身でメンテナンスする方が無難です。メンテナンス方法は、まず、鏡から40cmほど離れた位置で、完全にいらない産毛などを抜きます。次に、左右のバランスを見ながら眉コームブラシでとかし、ラインからはみ出した長い眉毛をカット。その後、生えている位置が正しい眉のラインから外れている眉を毛抜きで抜き、再度、左右のバランスを見ながら眉尻をカットすれば完成です。
自然な男らしい太眉が人気の形。そのため、女性のような綿密なカットは必要ありません。なお、ヘアメイクさんにお願いしようと考えている人も、式当日は慌ただしいため、事前にある程度ケアしてもらっておいた方がスムーズです。

【カラダの引き締めケア】有酸素運動で体作りできれば完璧

こちらはやや長期計画になりますが、適度な有酸素運動とストレッチで体形を整えれば、より素敵な花婿に。マラソンや水泳、ヨガやラジオ体操などで、体を適度に引き締め、しなやかにしておくと、衣裳を美しく着こなせるだけでなく、健康的な表情や顔色までゲットできます。ボディメイキングも有効ですが、あまり筋肉を付けると衣裳をきれいに着こなすことが難しくなるので、ほどほどに。

from編集部『ちょっとした努力で笑顔と自信あふれる一日に』

やらなくちゃいけないことがいろいろあって大変そう……と思った人も、どれもお手軽にできることばかりなので、ぜひ敬遠せずに挑戦してみて。毎日のちょっとした努力で輝く花婿姿が完成! 晴れの日の舞台が、笑顔と自信にあふれる一日となるはずです♪

今回お話を伺った方

ヘアメイク 有隅 武さん(ロッセット所属)
化粧品会社退社後、ヘアメイク活動を開始。CM、広告、雑誌等でモデル、俳優やミュージシャンのヘアメイクを担当。ゼクシィなどブライダル撮影も多数携わる人気ヘアメイクアーティストです。2011年に美容室ロッセットヘアーを吉祥寺に開業。現在、サロンとヘアメイクを両立されています。
ロッセットヘアー TEL:0422-27-5418

取材・文/平尾祐子
※記事内に掲載の情報は2014年11月時点のものです。

  • 挙式1ヶ月前
  • ヘアメイク
  • 打ち合わせ開始期
  • 肌質改善(乾燥肌・敏感肌対策)
エステ メンズ(男性)・カップルコース
Share on>

pagetop