ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 衣裳小物・アクセサリー
  5. 花嫁下着のリアル~値段&選び方~
ドレス
Share on>

花嫁下着のリアル~値段&選び方~

花嫁下着のリアル~値段&選び方~

花嫁の美しいウエディング姿を支える、縁の下の力持ち的存在なのが「ブライダルインナー」です。普段身に着けている下着やインナーとは異なり、ウエディングならではの特別な工夫と配慮のある優れもの。ほとんどの花嫁が利用している、マストアイテムなのです!

ブライダルインナーって具体的にはどんなもの?

ウエディングドレス用のインナーは、もともとは、欧米人の体形に合わせて作られたドレスを、日本人の体形でも美しく着こなせるように発案・開発されたもの。ウエディングドレスは、トレーンやパニエを使ってボリュームを出すため、ウエストの位置が普通の洋服よりもやや高めに作られています。ブライダルインナーはバストトップの位置を上げて、ウエストのくびれを強調する役割も。ちょっと特殊なデザインのウエディングドレスを着こなすためにも、花嫁にとってはなくてはならないインナーなのです。今では日本人の体型に合わせた開発が進み、姿勢矯正やヒップアップ効果が期待できるうれしいおまけも!

ブライダルインナーを選ぶポイント

「ブライダルインナーはいつ選ぶもの?」ドレスを美しく着こなしたい花嫁にとっては気になるところですよね。ドレスのラインや形によって選ぶインナーも変わるので、白ドレスやカラードレスのデザインやシルエットが決まってから選ぶのが一般的です。選ぶときに大切なのは、必ずフィッティングすること。ドレスの試着時には必ず試着用のインナーを着けるので、ショップのスタッフに相談して。「会場のアドバイザーの方に相談して決めました。一式揃えたので高かったけれど、意識も姿勢も前向きになれました」などの先輩花嫁の声も。お色直しにまったく異なるシルエットのドレスを着る際、インナーのタイプも変わる場合があるので確認して。自分の体形をカバーできるインナーを選ぶのもコツ。

ブライダルインナーの種類や組み合わせ方は?

インナーには4種類のパーツがあります。ストラップや肩ひものないブラジャーとウエストニッパーを一つにしたビスチェ、体にフィットしたものをそれぞれ選べるブラジャー&ウエストニッパー、おなかやヒップをシェイプアップしてくれるロングガードル、ドレスを着る際のエチケットとして着用するフレアパンツ。ブライダルインナーは、ドレスのラインに合わせて組み合わせることが大切。決定したドレスに合うインナーをスタッフに必ず確認を。また、胸がボリュームのある花嫁や、今後の使い勝手を考慮すると、ブラジャー&ウエストニッパーがおすすめ。「普段使いもできるセパレートのものを購入。産後の体形直しにも使える」という声も。

先輩花嫁★ブライダルインナーここが良かった!

「ドレスの試着で着たものと同じ下着を購入しました。高額でしたが、背中のお肉がすっきり消えて魔法かと思いました!」(祐紀子さん)

「アウトレットにサイズがあったのでチャンス!と思い購入。衣裳さんにどんなものを選んだらいいか、お勧めブランドも聞いていたので、安くても失敗しませんでした」(友美さん)

「ブラ・ビスチェ・ペチコートのセミオーダーのものを選び、自分のぴったりのサイズにしてもらいました!」(寿子さん)

「友達の評判が良かったブランドのインナーをアウトレットでお得に購入。くびればっちり!」(ゆっこさん)

「妊娠初期だったので、体形の補正を守るため、きちんとしたお店で買いました」(ゆーささん)

当日、美しいドレス姿で輝きたいという願いを叶えてくれるブライダルインナー。苦しくないぴったりサイズを選んで、挙式&披露宴を楽しもう!

from編集部『ブライダルインナーは強い味方』

結婚式当日、インナーのフィット感が悪かったら、一日しんどくなってしまいます。そうならないように、インナー選びでのフィティングは必須。式場のアドバイザーなどにも良く相談して。また、「背中のお肉がすっきり消えた!」という先輩花嫁のコメントがあったように、気になるところを隠してくれることも。インナー選びにもじっくり時間をかけて!

取材・文/ライトアップ
※記事内のデータおよびコメントは2014年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー172名が回答したアンケートによります。

  • アイテム検討期
  • インナー
インナーを探してみる
Share on>

pagetop