ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ヘアメイク
  5. おしゃれさん注目!ビッグヘッドドレスで魅せる花嫁ヘアスタイル
ビューティー
Share on>

おしゃれさん注目!ビッグヘッドドレスで魅せる花嫁ヘアスタイル

主役オーラを放つ、華麗なビッグヘッドドレスって、憧れるしすごく素敵だけれど、その一方で、上手に取り入れるには難易度が高いアイテムでもある。ビッグヘッドドレスとヘアスタイルとの相性や、着ける位置のバランスなど、どう着ければおしゃれに決まるのか、そのポイントをドレスヘアショーを参考にレクチャー。

編み込みヘアの土台を覆うようにあしらった、造花&フェザーミックスヘッド

編み込みヘアの土台を覆うようにあしらった

大輪の造花や枝葉、フェザーなどをミックスしたヘッドドレスを、編み込みでまとめたヘアにオン。編み込みの凸凹感で顔のサイドにニュアンスをつけつつ、トップはビッグヘッドを覆うようにかぶせる。編み込みで土台をしっかり作ってあるので、ビッグヘッドでもヘアがぺちゃっとつぶれた印象にならず、顔周りはすっきりと見せつつ全体的にはボリューム感があって華やか。

高さを出した帽子風ヘッドは、襟足でまとめたヘアで上下バランスをとる

高さを出した帽子風ヘッドは、襟足でまとめ

帽子風フォルムのビッグヘッドは、トップの真ん中におでこを隠すようにアレンジするとシックでスタイリッシュな雰囲気に。ヘッドのボリュームでトップに高さが出るので、ヘアは襟足にふわふわのボリュームを付けるようにしてまとめるとバランスがいい。顔周りはすっきりとオールバックにして、帽子風ヘッドの華麗なフォルムを強調するように仕上げる。

超大輪フラワーヘッドの存在感を目立たせるよう、ヘアはタイト&シンプルで

超大輪フラワーヘッドの存在感を目立たせる

顔よりも大きいほどの超ビッグなフラワーヘッドは、その艶やかな存在を目立たせるようにアレンジするのが正解。ヘアはシンプル&タイトに引っ詰めて、顔のワンサイドにヘッドを飾るようにオン。タイトなヘアスタイルがピンク色のビッグヘッドの甘さを抑えて、クールでかっこいい印象に。やや斜めに顔に掛かるように着けると、ぐっとおしゃれなニュアンスが出る。

コサージュのビッグヘッドを襟足に飾って、バックスタイルで魅せるスタイル

コサージュのビッグヘッドを襟足に飾って、

フロントはセンターパートで後ろへ流して顔周りをすっきりと見せ、バックは襟足にボリュームを付けて編み込みでまとめたヘアアレンジに。襟足ボリュームの上部にビッグコサージュのヘッドを挿すように飾り、バックスタイルをグラマラスに演出。フロントはすっきり、バックは華々しく、前後でガラリと印象を変えて魅せる、おしゃれ上級者向きのこなれたスタイル。

紫のシックなヘッドには、膨らみをつけたオールバックで愛らしさをプラス

紫のシックなヘッドには、膨らみをつけたオ

紫色のカラーリングがシックで大人っぽいビッグヘッドには、ふわっと膨らみをつけたオールバックヘアが好相性。タイトにまとめたオールバックヘアに合わせると、クールになり過ぎるので、顔まわりに膨らみをつけて愛らしいニュアンスをプラス。華麗な紫色のビッグヘッドを目立たせつつも、全体的な仕上がりはすっきりとしていて花嫁らしい愛らしさも出ている。

綿帽子風に、純白のヘッドドレスで頭を包み込んでノーブルさを演出

綿帽子風に、純白のヘッドドレスで頭を包み

お花やフェザー、チュールなど、さまざまなテクスチャーをミックスした純白のビッグヘッドで、頭全体をすっぽりと包み込んだアレンジ。白無垢の綿帽子のようなイメージで、ヘア全体を覆うスタイルが神々しくノーブルな雰囲気を演出。中のヘアにボリュームがあると、ヘッドが浮いてしまい頭が大きくなってしまうので、ヘアはごくタイトにまとめてヘッドを密着させる。

小花を集めたプレート型ヘッドは、ダウンヘアにちょこんと載せてかわいく

小花を集めたプレート型ヘッドは、ダウンヘ

小さなお花をたくさん集めてギュギュッと敷き詰めたようなプレート型ビッグヘッドは、カジュアルなニュアンスで着けるのがおしゃれ。ごくナチュラルなダウンヘアをサイドパートにして、分け目を隠すようにちょこんと載せるとキュート。サイズは大きめでも、大輪ではなくて小花を集めたデザインなので、軽い雰囲気があり、ダウンヘアと合わせても重くならない。

from編集部『ヘアはコンパクトなまとめ髪にすると決まりやすい』

ビッグヘッドを使ったヘアアレンジの基本は、ヘッドの華麗な存在感を強調するよう、ヘアは極力コンパクトにまとめること。ヘッドもヘアも盛り盛りだと、全体的にしつこくなり、おしゃれなニュアンスには仕上がらない。そのバランスを見極められるかどうかが、おしゃれ花嫁になれるかどうかのカギ!

取材・文/荻野由香
写真協力/cotokon
結婚式を「もっとお洒落に、もっと自由に、もっと意味のあるものに」というコンセプトのもと、ドレスからヘッド等の小物、会場装飾まで、トータルにプロデュース。ブライダルデザイナー木村真里子が一人一人に似合うデザインを提案。店舗は京都、烏丸御池の駅から徒歩5分。要予約。http://cotokon.com/

  • ヘアメイク
  • 式直前1カ月前
  • モード
Share on>

pagetop