ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 海外ウエディング
  5. 海外ウエディングに持って行くべき! 便利アイテム10
結婚式スタイル
Share on>

海外ウエディングに持って行くべき! 便利アイテム10

海外ウエディングに持って行くべき! 便利

海外ウエディングに持って行くものは、海外旅行と一緒でいいの? 何が違うの? そんな花嫁さんのために編集部があると便利&役に立ちそうなものをピックアップ! もちろん現地調達できるものも多いけれど、忘れ物は少ない方が現地での時間とお金も節約できて、楽しく過ごせます☆

【まずは復習! 海外旅行のマストアイテム】

■パスポート
■ビザ(必要なエリアのみ)
■現金(外貨・日本円)
■航空券(eチケット控え)
■海外旅行保険

当たり前のものばかりだけど、空港に着いたらパスポートがなかった!というのはよくある話。海外挙式はウエディングドレスや衣裳小物など、持って行くものが多く、マストアイテムこそ忘れがちなので注意。またアメリカのESTAをはじめ、国・地域によってはビザが必要。手続きに1~2週間かかる場合もあるので、事前にチェックして早めに手続きしておこう。

【海外挙式ならではの便利アイテム】1 大きめのスーツケース

職場の人や友達へのお土産、結婚祝いのお礼、新生活グッズなど、いつも以上に買い物が多い海外ウエディング。小ぶりのスーツケースで行ったら入らなかった、詰め込み過ぎてオーバーチャージを払う羽目に、といったカップル多数! スーツケースはできるだけ大きめのものを1人1つ持って行くこと。行くときは、半分は空っぽにしていくのが理想。

2 お土産リスト

いざ現地に入ると挙式の打ち合わせなどでバタバタ! 「あの人へのお土産、買い忘れた!」ということも起こりがち。誰にどんなものを買うつもりか、出発前に落ち着いてリストを作っておくのが◎。

3 ビデオカメラ

「写真だけでなく動画でも残しておきたかった」「もっと撮ればよかった」という先輩カップルの声は実は多い。長期滞在の場合は、充電器、充電器を使用するための変圧器や変圧プラグも忘れずに。

4 Wi‐Fiルーター

ゲストと連絡を取ったりするのに、携帯電話やスマホは必須。Wi‐Fi環境の整った海外では、Wi‐Fiルーターがあればいつでもネットやメールができるのでより便利。ルーターはネットで申し込み、日本の空港で受け取り&返却ができる。1台あれば複数人数で使えるものもあり、LINEやFacebookを活用すれば海外ローミングサービスよりも安く済むのも◎。

【南国ならではの便利アイテム】5 日焼け止めクリーム、サングラス

日焼け止めはビーチウエディングの人は必須。一見爽やかに見えるビーチは、かなりの直射日光。肌トラブルを起こさないためにも、普段から使用している日焼け止めを持って行くのがベストだが、あまりにも日差しが強い場合は、現地でSPF70など強いものを購入するのも手。また目が紫外線を感知することによって日焼けが増進されてしまうので、サングラスもあるとベター。もちろん目を直射日光から守るためにも有効。

6 大判のストールや上着

屋外は日差しが強く暑い南の島、室内は冷房がかなり効いていることが多く、1枚羽織るものがあると重宝する。飛行機内も涼しいことが多いので、特に長時間フライトの場合は1枚機内に持ち込んでおくと安心。

7 襟付きシャツ・ワンピース、サンダル以外の靴

ビーチスタイルでどこでも行けてしまう南の島でも、中には短パンやサンダルNGなどドレスコードのあるレストランも。シワになりにくいワンピース、男性なら襟付きのシャツを1枚、荷物に入れていこう。

【日本にはあるけれど……】8 パジャマ、スリッパ、歯ブラシ

海外のホテルは日本のホテルと違って、浴衣・パジャマ類、スリッパを置いていないところが多い。スリッパを忘れてしまった場合は、飛行機でもらえる簡易スリッパを持って行くと役に立つ。また、レジャー用のビーチサンダルをスリッパ代わりに使う手も。
歯ブラシ、綿棒、カミソリなどは、エリアやホテルによっては備え付けがないところも多い。都市部であればもちろん購入できるが、例えば歯ブラシなら日本製よりもサイズが大きかったりするので、気になる人は持って行こう。

9 ウエットティッシュ

レストランに入っても日本と違いおしぼりは出てきません。洗面所も水は出るけど、手が洗いにくかったりと、日本とは違う条件。南の島の場合は汗もかくので、普段日本では使っていない人でも持って行くとかなり重宝する。

10 生理用品

海外旅行のときに来ないと思っていた生理が来てしまうのはよくあること。出発まではとかく忙しく睡眠不足になりがち、普段にはないストレスや興奮を感じるものです。これも現地調達できますが、サイズや質が日本製とは違うため、量が多い、肌がデリケートな人などは、いつも使っているものを持って行く方が安心。

from編集部『自分だけのマストアイテムをリストアップしよう』

旅行時に必要なものは人によって微妙に違うので、上のアイテムを参考に自分専用の持ち物リストを作ってみるといいですね。例えば旅先や機内の乾燥で爪が割れやすい人は、爪切りやマニキュアが便利(爪切りは買い物をしてすぐ使うアイテムのタグを切るのにも使えます)。滞在先で快適に過ごせると、挙式本番もリラックスして臨めますよ☆

構成・文/小長光あかね
※この記事は2014年12月時点の情報です

  • 式直前1カ月前
  • 安心したい
  • 海外ウエディング
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop