ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 個性派ウエディング(キャンプ場ウエディング、ナイトウエディング、ヲタ婚etc.)
  5. 私のペット、結婚式でよくできました!
結婚式スタイル
Share on>

私のペット、結婚式でよくできました!

大切な家族の一員でもあるわが家のペット。結婚式や披露宴に家族と一緒に参加するのはもちろんだけど、せっかくならペットにも私のために一肌脱いでもらっちゃおう! ということで、実際にペットが式や披露宴で一役買って出た&ペットが頑張った実例を紹介します。

愛犬モモがリングドッグに! ゲストも思わずほほえむかわいい演出

愛犬モモがリングドッグに! ゲストも思わ

「結婚式はゲストとの距離の近さやナチュラルな雰囲気を大切にしたかった」と語る新婦の沙奈江さん。実家で飼っている愛犬、ボストンテリアのモモを挙式の際にリングドッグとして登場させたのも、その思いの表れから。着慣れない真っ白なドレスをまとい、その背中にリングピローを背負って新郎新婦ふたりの元へ歩み寄る愛らしいモモの姿に、見守るゲストのみんなも、ほのぼのとした雰囲気に包まれたそう。(雄大さん、沙奈江さん)

彼からもらったウサギの「こむぎ」がいろんなアイテムになって登場!

彼からもらったウサギの「こむぎ」がいろん

交際していた時に行った旅行先で一緒にウサギカフェに行ったことがきっかけで、後日彼から本物のウサギ「こむぎ」をプレゼントされた瞳さん。昨年までの5年間を、瞳さんの実家で一緒に暮らしていた「こむぎ」は親戚や友人の間でもアイドル的な存在に。そんなエピソードにちなんで、披露宴ではウエディングケーキをはじめ、ネームプレートやウェルカムカードなど、さまざまなシーンで愛らしいアイテムにその姿を変え、「こむぎ」に登場してもらったそうです。(幸則さん、瞳さん)

from編集部『ペット参加は当たり前。愛らしい相棒にも一役買ってもらいましょう♪』

紹介した2例以外にも、結婚証明書に愛犬の手形を押してもらったり、愛犬用のウエディングケーキを別で用意してもらったなんて話も聞きます。ここでひとつ注意しておきたいのは、動物嫌いやアレルギーの方もいるということ。招待状にさりげなく、愛犬が参加することを記しておいた方がいいでしょう。その上で、食事をする披露宴中はペットを同席させないなどの配慮が重要です。せっかくふたりから感謝の気持ちをお伝えするウエディングパーティなのですから、みんなが楽しい気分で過ごせるように心がけたいですよね。

取材・文/長谷川夕理子、撮影/清水知成、筒井聖子

  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 家族の絆
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop