ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 個性派ウエディング(キャンプ場ウエディング、ナイトウエディング、ヲタ婚etc.)
  5. もっと幸せ、みんな幸せ。“エシカルウエディング”はハッピー相乗効果
結婚式スタイル
Share on>

もっと幸せ、みんな幸せ。“エシカルウエディング”はハッピー相乗効果

近頃、よく耳にする「エシカル(ethical)」という言葉。直訳すると「倫理的な」「道徳的な」という意味。例えばエシカルファッション、エシカルケータイなんていうふうに、環境保全や社会貢献につながる意図で使われています。ここでご紹介するのは「エシカルウエディング」。結婚式のアイテムにフェアトレードなどの商品を取り入れることで、ふたりのハッピーが、世界のハッピーへつながっていきます。

花嫁と、バングラデシュの職人さんと、花々の幸せ♪

花嫁と、バングラデシュの職人さんと、花々

【花嫁の幸せ】
真夏のウエディング、リゾートやガーデンでのパーティにおすすめ、手織りのシルク&コットンのドレス。胸元やふんわりしたスカートに施された刺しゅうは、一針一針手仕事で仕上げられたもの。挙式後は好きな色に染めたり、丈をリメイクして楽しんでも。優しい風合いのドレスに合わせたフラワーアイテムも、アンティークな雰囲気で素敵です。

【世界の幸せ】
ドレスは、バングラデシュの機織り職人が手掛けたフェアトレード商品。「フェアトレード」とは、世界貿易において弱い立場に置かれている開発途上国の人々と、フェアに取引をする「公平な貿易」のこと。このドレスの誕生のお陰で、機械化が進み、職を失った職人さんたちの仕事復帰が叶えられています。またフラワーアイテムは、日本国内で行われたイベントなど、短時間かつ一度きりで廃棄される花を回収、ドライフラワーなどに加工し、アレンジしたもの。

いろんな人の手仕事をまとって、幸せなウエディングスタイル

植物を大切に思うウエディング

ふたりの結婚の記念に植樹セレモニーを行ったり、親ギフトに苗木を贈り、実家の庭に植えてもらったり。敷地内に大きなシンボルツリーがある会場で挙げるのもおすすめ。プロポーズのバラをプリザーブド加工し、親ギフトのアイテムに加えても。

新郎新婦と、ゲストと、伝統を大切に引き続く幸せ♪

新郎新婦と、ゲストと、伝統を大切に引き続

【新郎新婦&ゲストの幸せ】
カラフルで、ぬくもりあるカードフレームは、席札にぴったり。表にゲストの名前、裏にメッセージをしたためたカードを入れて各卓に並べたら、テーブルもふわっと華やかに。ギフトとして持ち帰ってもらえば、写真を入れるなどして新しい楽しみも。

【世界の幸せ】
このフレームは、バングラディッシュの民俗衣裳、サリーをリサイクルしたもの。現地の女性たちにとっては、仕事を得ながら、大切に着ていたものが再生される喜びがあります。

ゲストの雰囲気に合わせて、カードフレームを選ぶのもワクワク

環境問題をちょっと考えるウエディング

多くの会場や企業の中から、環境保全に力を入れているところを選んで、ふたりのウエディングを依頼する。間接的だけれど、これもエシカルウエディング。

新郎新婦と、ペルーの採掘場で働く人たちの幸せ♪

新郎新婦と、ペルーの採掘場で働く人たちの

【新郎新婦の幸せ】
1本の幅は0.6mmほど。プラチナ、ピンクゴールド、グリーンゴールド、イエローゴールドから複数選んで自由に組み合わせれば、ふたり好みのマリッジリングが出来上がり。

【世界の幸せ】
ゴールドは、一定の労働条件が守られたペルーの採掘場で採られたもの。採掘に使う大量の水で、周囲の自然を汚さない配慮もされています。また女性も働きやすいよう、現地では保育施設も整っているそう。

強度とオリジナリティーを兼ねて、4本以上を組み合わせてみて

フェアトレードを知ってもらうウエディング

「公平な貿易」=フェアトレードの存在を知らない人もたくさん。そこでプチギフトにフェアトレードのコーヒーやドライフルーツを選んで、メッセージカードと共に贈ってみては。ハッピーが広がるきっかけに。

花嫁と、石巻のママたちの幸せ♪

花嫁と、石巻のママたちの幸せ♪

【花嫁の幸せ】
ひと粒ひと粒が手作りだから、ちょっといびつな感じも温かなコットンパールのネックレス。取り外し可能なブルーのチャームは、サムシングブルーの意味を込めて身に着けられます。赤ちゃんが引っ張っても切れにくい強度なので、長く使えそう。

【世界の幸せ】
石巻の仮設住宅に集まったママたちは、子育ての環境も一変し、身近に友人がいないことから大きなストレスを抱えています。そこで立ち上がったのが、ハンドメイドのアクセサリーブランド。「ママたちがアクセサリーを作ることで→社会とつながり→副収入を得て→石巻での暮らしや子育てが楽しいものになるように」と願いが込められた活動なんです。

デコルテを美しく飾るショートネックレスとピアス

地域が元気になるウエディング

地元で収穫されたものを婚礼料理にする地産地消の結婚式も、特定の地域が元気になるきっかけに。引出物やプチギフトに出身地の特産物を選ぶのもいいですね。

From編集部『結婚式を挙げるつもりがない人へ』

エシカルウエディングを選ぶ多くのカップルが、「最初は結婚式をするつもりはなかった」と話すそう。「結婚式に意味を見い出せなかったけれど、エシカルならやる意味がある」と。そんなふたりの結婚式は、「=慈善活動」というだけでなく、感謝と祝福に満ちた特別な時間になったはず。実はふたりも、エシカルウエディングから温かいプレゼントをもらっていると思うんです。

取材・文/千谷文子 取材協力:Walk in Beauty

  • 結婚準備全体
  • スタイル提案
  • ナチュラル
  • 先進的
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop