ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ビューティー全般
  5. 仕草が美しい花嫁になるために
ビューティー
Share on>

仕草が美しい花嫁になるために

仕草が美しい花嫁になるために

ドレスやヘアメイクが完璧でも、花嫁の立ち居振る舞いやポージングがいまいちでは、せっかくの美しさが台無しに。花嫁が無意識にやってしまいがちな振る舞いと、その防止策を紹介。美しい仕草を身に付けて、花嫁の品格も株もアップさせよう!

CASE 1:つい普段モードに! 「ガハハッ笑顔」

大口を開けたり、声を上げて爆笑するなど、はしゃぎ過ぎるのはNGと肝に銘じて。

【防止策】少し歯を見せた優しいほほ笑みで、上品な花嫁に

晴れの日を迎えた花嫁のうれしさを品よく表すなら、前歯が少し見えるくらいの優しいほほ笑みで。口角をキュッと上げる笑顔の練習をしておこう。きれいな笑顔でいられれば、テーブルフォトなどもよりすてきに残せるはず!

CASE 2:かなり見掛けます! 「ブーケを上に持ち過ぎ」

ブーケの位置が上過ぎると、ドレスの胸元がすっかり隠れてしまい、せっかくのドレスが見えず残念な写真に。

【防止策】ブーケの位置はおへその指3本分下と覚えておいて

緊張すると肩が上がり、ブーケの位置も上がりがち。立ち姿を美しく見せるためにも、ブーケはおへそから指3本分ほど下の位置でキープ、と意識して。意識してブーケを持つことで、胸元も表情もすっきり!

CASE 3:丁寧に見えるけど……「残念おじぎに!?」

頭頂部が見えるほどの深過ぎるおじぎは、どこか謝罪のように見えて美しくないので、注意して。

【防止策】彼とタイミングをそろえながら、腰から30度傾けて

入・退場時をはじめ、結婚式ではおじぎをする機会はたくさん。軽いほほ笑みで、背筋を伸ばしたまま腰から30度、上半身を傾けるときれい! 息を合わせて1でおじぎ、2で静止、3、4、5で上半身を戻すのがコツ。

CASE 4:早くも泥酔!? 「居酒屋的カンパーイ」

胸より高くグラスを掲げると脇が見え、片手で持つのは品格に欠けてしまう。

【防止策】花嫁は左手を添え、グラスを低めに持つのがポイント

乾杯の発声を聞いたら、感謝の気持ちを込めて、胸の辺りまで軽くグラスを上げると上品。ゲストに脇を見せないよう、キュッと締めて。グラスの柄の部分はギュッと握らず、指をそろえて軽く持つとよりきれいに。

CASE 5:せっかくの締めが……雑!! 「プチギフトおちゃめ渡し」

たとえ仲のいい友人だとしても、片手で「ハイ!」は、くだけ過ぎ。礼儀を忘れないで。

【防止策】ありがとうの気持ちを込めて、両手で丁寧に

ふたりのために来てくれたゲストへのお礼でもあるプチギフトは、相手の目を見て心を込めて渡すのが礼儀。両手で渡すのがきちんと見える秘訣。終わりよければすべてよし。心を込めて渡せば、ふたりの好感度もアップ!

仕草が美しい花嫁になるためのポイント

1)鏡に向かって、美しく見える仕草や笑顔を練習しよう

2)写真写りをよくするためにも、ポージングや姿勢を常に意識して

3)常識やマナーにも気を配り、品格のある行動を心掛けて!

from編集部『ゲストの心と写真に残ることだと意識して』

立ち居振る舞いや仕草が美しいと、それだけで品格も好感度もアップ。さらにポージングがきれいだと姿勢もよく見えて、写真写りも文句なし! ちょっとした練習と心掛けで、好印象の仕草美人を目指しましょう。

  • 結婚準備全体
  • きちんとしている
Share on>

pagetop