ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. ガーデンウエディングの落とし穴?!虫よけ大作戦で快適なパーティを演出
演出アイテム等
Share on>

ガーデンウエディングの落とし穴?!虫よけ大作戦で快適なパーティを演出

ガーデンウエディングの落とし穴?!虫よけ

緑に囲まれたガーデンウエディングは外国映画のワンシーンを思わせる憧れのスタイル。でも、ガーデンには幸せなふたりとゲストだけじゃなく、招かれざるお客さまもお出ましに。そのお客様とは虫! ガーデンウエディングをしたいけれど、虫が苦手、ゲストに虫で嫌な思いをさせたくないという花嫁さんに向けて、虫問題をスッキリさせるポイントをご紹介します。

作戦1:虫の少ない季節や時間帯を選んでスマートに回避しよう

一年の中で虫が一番多いのは夏。緑がある場所は蚊や蜂、チョウなど虫たちのすみかでもあるので、会場の虫をすべて駆除するのは難しいですよね。まず虫たちに出会わないことを考えると、季節を選ぶのが一番賢い方法。雨の可能性がある梅雨を避けた春から初夏、残暑が過ぎ去った後の初秋がガーデンウエディングのベストシーズン。
また、時間帯も朝から昼下がりまでを選べば、すがすがしい空気を味わうことができます。午後以降、夕方にかけては虫が増えやすいので、夏のトワイライトウエディングは注意しましょう。

作戦2:甘い匂いのトラップを仕掛けて虫を近づけない工夫を

樹液や花の蜜を吸う虫は、甘い匂いや味が大好き。そんな香りのパフュームを着けてしまうと、花と間違えられていつも以上に虫に好かれてしまいます。また、ブーケやヘアの花飾りもユリなど蜜の多い花を使うと、虫たちが寄ってきてしまうから気を付けて。困った時は、焼酎200ccにお酢40ccと砂糖30gを混ぜたものをコップに入れて、パーティエリアから少し離れた場所に置きましょう。虫が甘い匂いに吸い寄せられて、次々にコップの中に集まってくれる(ちなみにカブトムシをつかまえる時にも使えるとか!)。これでウエディングパーティを虫たちに邪魔されることなく、ふたりもゲストも安心してハッピーな時間を過ごせるはず。

作戦3:ナチュラルなハーブやアロマオイルを使って虫を寄せつけない花嫁に

ラベンダーやユーカリ、レモングラスなどのハーブや、そのエッセンシャルオイル(精油)には虫を寄せつけない効果が期待できます。ユーカリの葉やラベンダー、ローズゼラニウムなどを束ねれば、ナチュラルテイストで虫よけもできる一石二鳥のブーケに。また、エッセンシャルオイルを使って手作りの虫よけスプレーを用意すれば、ゲストへの気配りもワンランクアップできそう(作り方は下記を参照)。ラベンダーの花で作ったサシェをプチギフト代わりに配ってもステキ。ただし精油には妊婦や乳幼児には使えないものもあるので、手作りするときは必ず出席者の顔ぶれを確認して、専門店で相談を。


他にも黒は蚊や蜂が好む色なので、タキシードは薄めの色を選んでおくのがベター。髪の毛を隠すために帽子を合わせるのも手。虫対策をしっかりしておけば、虫が苦手な花嫁でもガーデンウエディングは怖くない! アイデアを生かして、緑に囲まれた爽やかなパーティを叶えましょう。

香りも楽しめる虫よけスプレーの作り方

<材料>
・無水エタノール 5cc  ・精製水  45cc   ・エッセンシャルオイル  10~20滴  ・スプレー容器(100円ショップなどで購入)
<作り方>
(1)無水エタノールをスプレー容器に入れる (2)エッセンシャルオイルを垂らし良く振って混ぜる (3)精製水を加える (4)容器を閉めて良く振って混ぜる
※エッセンシャルオイルは、レモングラスまたはレモンユーカリを必ず入れる。その他は、ラベンダー、ティートリー、ゼラニウム、ユーカリ、サイプレス、ペパーミント、ローズマリーの中から好みに合わせて2種類以上を混ぜる。(全て合わせて20滴にすること。)
<注意事項>
※妊婦さんにはラベンダーは不向きなので避ける。
※3歳未満の子どもには直接つけず、周囲に噴霧する。
※肌や服に直接付けるほか、テーブルクロスの端に吹きかけてもOK。

from編集部「虫対策のプロもやってる裏ワザ」

ウエディングのことならプランナーさんが詳しいものの、虫にまで詳しい方は、、、ということで、今回はハーブ研究家の方に虫対策の知識を聞いてみました! プロもやってる虫よけ対策を、ガーデンでのパーティにも取り入れてみてくださいね。

取材・文/稲垣幸子
監修/ハーブ研究家 玉崎道子

  • 挙式1ヶ月前
  • 結婚準備全体
  • ガーデンウエディング
ガーデンウエディングを探す
Share on>

pagetop