ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 国内ウエディング
  5. 温故知新の魅力! 和婚ならしっとり美人の花嫁になれちゃう
結婚式スタイル
Share on>

温故知新の魅力! 和婚ならしっとり美人の花嫁になれちゃう

温故知新の魅力! 和婚ならしっとり美人の

「和婚」と聞いて思い浮かべるのは、白無垢をまとった花嫁や、三三九度の儀式ではないでしょうか。それぞれの歴史や意味を読み解くと、日本人に受け継がれてきた“心”が宿っていることに気付きます。まずは神前式の始まりからご紹介しましょう。

ひいおばあさん&おばあさん世代に広まった、神前式

ひいおばあさん&おばあさん世代に広まった

和婚といえば、神前式。古くからあるように思えますが、実は広く普及したのは昭和20年代です。30歳前後の新郎新婦にとっては、ひいおばあさんやおばあさんが結婚式を挙げたころではないでしょうか。きっかけは明治33年、後の大正天皇となる皇太子嘉仁(よしひと)さまが、皇居の神前である賢所(かしこどころ)でご成婚の慶事を行ったことに始まります。これを記念して翌年の明治34年、日比谷大神宮(現・東京都千代田区の東京大神宮)で一般に向けた挙式が行われました。これが最初の「神前式」とされています。当時は花婿の家で開かれる「祝言(しゅうげん)」が一般的だっため、人々にとって神前の儀式は新鮮に感じられたことでしょう。

昔の結婚式「祝言」ってどんなことをしたの?

江戸、明治、大正、昭和初期の人々の挙式スタイルは、「祝言」が主流でした。花婿の自宅の床の間に、神様の名前を書いた掛け軸などをしつらえ、部屋を神聖な場に。そこへ親族や知人を招き入れ、約束固めの杯を交わして祝宴を開きました。

三三九度は、古くから伝わる契りのセレモニー

三三九度は、古くから伝わる契りのセレモニ

「祝言」で行われていた三三九度は、神前式でもおなじみの儀式です。巫女が注ぐお神酒を、新郎新婦が小杯、中杯、大杯の3つの杯で交互に3回飲み、夫婦の契りを結ぶのです。お神酒には目に見えない縁を結ぶ力があるのだとか。何度も互いに杯を交わすことで、より強く、永遠に、魂を結びつける意味合いが生じます。「三三九度」は歴史をずっとさかのぼると、武士が出陣する時にも行われていたそう。古来より日本人が受け継いできた固い約束のセレモニーなのです。

縁起のよい数字「三」のオンパレード

三三九度は、縁起が良いといわれている数字「三」が繰り返し登場する、とてもおめでたい儀式。一般的な作法は、巫女がちょうしを3度傾けて、小杯・中杯・大杯の3つの杯にお神酒を注ぎます。新郎新婦はそれぞれの杯を、3口で3回ずつ、合計9回飲み干します。小杯は新郎→新婦→新郎/中杯は新婦→新郎→新婦/大杯は新郎→新婦→新郎といった具合。けれど最近では小杯は新郎→新婦/中杯は新婦→新郎/大杯は新郎→新婦と2回ずつ行うことが多いようです。

白無垢姿の花嫁には、嫁入りする決意が宿っている

白無垢姿の花嫁には、嫁入りする決意が宿っ

挙式にしか着ることができない白無垢は、和婚の代表的な衣裳。鎌倉、室町時代の豪商の娘の花嫁姿だったといわれています。花嫁は打ち掛け、掛け下、扇子や筥迫(はこせこ/箱状の装飾品。江戸時代は懐紙を入れていた)などの小物類まで、すべて純白に包まれます。これは純潔・無垢な花嫁が、嫁ぎ先の家に染まることを意味しているのです。愛らしい衣裳にも、実は嫁入りする新婦の強い決意が込められているんですね。

最近の日本髪事情

白無垢には、やはり日本髪がよく似合います。かつらに抵抗を感じている人は、ブライダルフェアなどでかつらの試着ができることもあるのでぜひトライしてみて。最近は改良されて400~500gほどの軽量ものや、栗毛色のものもあって、「重い」「古臭い」というイメージはかなり軽減されるはずです。地毛で結いたい人は、日本髪を結える美容師さんが少なくなってきているので、早めに美容師さんを見つけて予約しましょう。

From編集部『事前に神職と語ろう』

なにやら難しそうに思えた神前式の儀式も、その意味合いを知ると、グッと身近なものに感じられますね。式場を決める時、一つ一つの儀式について神職に教わるのもお勧めです。結婚式の重みが増すことでしょう。

取材・文/千谷文子

  • 式イメージ収集期
  • スタイル提案
  • きちんとしている
  • 神前式
  • 和婚
  • 白無垢
神前式ができる式場を探す
Share on>

pagetop