ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. ゲスト選び・依頼
  5. ブライズメイドを頼まれた人に聞いた! どこまでお願いしてOK?
お金・常識
Share on>

ブライズメイドを頼まれた人に聞いた! どこまでお願いしてOK?

ブライズメイドとは花嫁の付添人として花嫁側に立つ女性のこと。欧米ではそれぞれ数人にお願いし、新郎新婦の衣裳選びに当日の着付け、受付、披露宴の進行……と、式前の準備から披露パーティまでふたりを全面的にサポート。結婚式の盛り上げ役としても大活躍なのですが、どこまで頼んだらいいのか悩みそう。そこで、実際ブライズメイドをやった経験がある女性に、頼まれたことや心配になったことを聞いてみました。

ブライズメイド体験者に、どんなことを頼まれたかリサーチ

1位……結婚証明書や誓約書にサインする
2位……ブライズメイド全員おそろいのドレスを着る
3位……式後のフラワーシャワーで使う花びらをゲストに配る
4位……指輪交換のとき、花嫁のグローブやブーケを預かる
4位……花嫁が入場する前にバージンロードを歩いて入場する
6位……リストレットや髪飾りなどおそろいの小物を身に着ける
7位……花嫁のドレスの裾やベールをきれいに直す
8位……ブライズメイド全員同じブーケを持つ
9位……新郎側のアッシャー(グルームズマン)とペアになって退場する

この他、その場で自己紹介をしたり、祝辞を述べた人もいるなど、ブライズメイドの役割は多岐にわたります。また本来、ブライズメイドと同数のアッシャーを新郎側から立てるのが一般的ですが、ブライズメイドだけにすることも。その場合、アッシャーの代表者=ベストマンが本来行う結婚証明書や結婚指輪を運ぶ役割をブライズメイドの代表者となるメイド・オブ・オナーにしてもらうことも。

ブライズメイドやアッシャーは何人ずつ頼めばいいの?

親友や兄弟姉妹、いとこなどからそれぞれ2~5人といわれますが、1人ずつでもOK。もし、新郎に姉妹がいたら、新婦側のブライズメイドとして加わってもらっても問題ありません。また、ブライズメイドは未婚の人に頼むのが一般的ともいわれますが、昨今は厳密な線引きがなくなり、既婚の人でも大丈夫。ふたり共通の友人夫婦や、ふたりを結び付けてくれたカップルに頼む人もいます。

どこまでブライズメイドに頼むか、どうやって決めたらいい?

ブライズメイドは立会人としての役割もあるので、結婚証明書や誓約書へのサインは必須。バージンロードを歩く演出は挙式に華を添えるので、ぜひ頼みたいですね。グローブやブーケを預かったり、ドレスやベールをきれいに直すのは本来介添人のお仕事、フラワーシャワーの花びらを配るのは会場スタッフのお仕事。ブライズメイドを頼む人数が少なかったり、負担をあまり掛けたくない場合は、どこまで頼んだらいいか、プランナーと相談して決めるとよいでしょう。おそろいの衣裳や小物に関しては、費用を新郎新婦側が負担するのが一般的なので、金額的なことを考えた上で決定を。ブライズメイド用の衣裳はレンタル可能ですが、人数が多いと高額に。予算が少ない場合はリストレット、髪飾り、コサージュなど小物をおそろいにするのもオススメです。

ブライズメイドっていつごろまでに頼めばいい?

受付やスピーチ、余興、二次会幹事を決めるタイミングで選出し、挙式3カ月前にはお願いを。ブライズメイド用のドレスをオーダーする場合3カ月前にはデザインを決めて発注したいので、その前に。3カ月前となると、プランナーとの打ち合わせが始まり、招待状を発注する時期。一度会場に相談してから、ブライズメイドに頼む内容を決めたいので、それまでにまだ打ち合わせが始まっていなかったら、会場に連絡を取って確認を。

ブライズメイド体験者に心配になったことをリサーチ Vo.1

1位……慣れないことなので、緊張して失敗しそう(49%)
2位……立ち位置や手順が確認できるリハーサルはあるか(25%)
3位……ブライズメイドがいる式を見たことがないので、説明を聞いてもイメージが湧かない(17%)

一度でもブライズメイドがいる挙式に立ち会った経験があれば、イメージがつくけれど、そうでないとみんな右往左往。ふたりが説明できないと、相手はますます不安になるので、まずはふたりが式の流れをしっかり把握しておくことが大切です。ブライズメイドやアッシャーが参加した挙式の映像や先輩花嫁の体験談を探しておき、それを見てもらうのもオススメ。また、最初はよく分からなくても、「会場で説明を受けたり、リハーサルに参加したら、大丈夫だった」という声も。なので、会場にリハーサルの有無やタイミングについても確認しておき、お願いする人に話しておきましょう。そうすることで、「緊張して失敗しそう」という心配も緩和され、一緒に式を作り上げることに喜びを感じてもらえたり、楽しみを見出してもらえるように。

ブライズメイド体験者に心配になったことをリサーチ Vo.2

4位……(衣裳が自前の場合)どんなドレスを着ていけばいいか分からない(8%)
5位……ブライズメイド用のドレスが似合うかどうか心配(7%)

ブライズメイドの衣裳に関しては、自前にするか、おそろいのドレス着用にするか決めて、依頼時に伝えましょう。自前の場合、「暖色系にしたい」など色合いだけでも相談してみては。そうすれば、相手も絞りやすくなります。おそろいの衣裳にする場合は「みんなで一緒に選びたい」と伝え、全員に試着してもらって決めるのがオススメです。花嫁が勝手に決めてしまうと、「そんなかわいい服は着られない」などと、色やデザインに難色を示すことも。衣裳代を誰が負担するのかも最初に伝えて。みんな、お金のことも心配になりますから。

ブライズメイドへのお礼ってどうすればいい?

頼む相手が身内なら不要だけど、友人なら1人3000~5000円を目安に、水くさく感じるお金ではなく、品物でお礼を。事前の打ち合わせやリハーサルにも参加してもらうなど拘束時間が長くなる場合は少し多めに。ほかの人より高めのハネムーン土産や、ブーケ、髪飾りなど当日身に着けてもらう小物をそのままプレゼントしてもよいですし、お礼の代わりにヘアセットを予約してその費用を負担してあげても。お礼も皆に喜んでもらえる方法をとりたいですね。

ブライズメイド体験者にやってみた感想をリサーチ

●結婚式の裏側が垣間見られて、面白かった
●映画で見たシーンを体験できたのが新鮮だった
●結婚式に参加した感が増した
●花嫁に寄り添え、証人になれたことが幸せだった
●お願いされたこと自体が信頼の証しに感じた
●「おめでとうございます」というゲストの声が自分のことのように思えた
●友達のために役立ったことがうれしかった

などなど、ほとんどの人がブライズメイドの体験ができたことを好評価。「意外と注目を浴びて恥ずかしかった」という声もないわけではないが、「感動して緊張どころじゃなかった」「一人ではなかったので、大丈夫だった」「始まったら、楽しめました」とポジティブな気持ちが圧倒的多数。

from編集部『ブライズメイドとして参列する式はその人にとっても格別』

ブライズメイドやアッシャーのいる結婚式は華やかだし、手作り感やアットホーム感も演出できます。そんなに難しいことをするわけではないので、あなたもぜひ検討してみて。頼まれた人達も、新郎新婦の一番近くにいられる特別感や、みんなで式を作り上げる充実感でいっぱいに!

※取材・文/渡邊博美
※この記事で紹介しているデータやコメントは2014年8月に実施したマクロミル会員である20~40代の女性197人へのアンケート回答によるものです。

  • ゲストへの依頼
  • アイテム検討期
  • 常識・マナー
  • 海外ウエディング
  • 国内リゾートウエディング
Share on>

pagetop