ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 共働きカップルのお財布。別々がいい? それとも一緒がいい!?
お金・常識
Share on>

共働きカップルのお財布。別々がいい? それとも一緒がいい!?

共働きカップルのお財布。別々がいい? そ

今どきは共働きカップルがデフォルトだけど、気になるのが新家庭のお財布をどうするか。どんなやり方があるのか、またそのメリット・デメリットについてファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢先生に教えていただきました。

基本は別々のお財布がおすすめ

どんな家計管理法が向いているかはカップルによっても違うけれど、共働きの場合は、基本は別々のお財布がおすすめだという風呂内先生。

もちろん何もかも別々というわけではなく、下記のようにルールを決めて。
■家庭の貯蓄額を設定し、ふたりできちんと守る
■生活費(家賃などの固定費も含む)は、ふたりで公平に分担
■上記以外はそれぞれが自由に管理
貯蓄額や生活費は、ふたりの収入比率で決めてもいいし、お互いが納得できる金額にしてもOK。生活費関連は共有の家族カードを作り、同じ口座から決済するようにしていつでも目に見えるようにするといい。クレジットカードや銀行の出入金をもとに自動で家計簿を作成してくれるアプリもあって、共通のIDでログインできるようにしておけば、簡単に収支や貯蓄額のチェックができる。
別々のお財布のメリットは、不公平感がないことと、家計や将来設計に関して共通認識が持てること。また自分の財布がある自由度を満喫できる。
デメリットは、どちらか一方が面倒くさがりだと、もう一方の負担が増えること。公平な分担を決めるまでが大変なこと。
貯蓄額や生活費の分担額を決める時には、お互いの収入を明らかにして、率直な話し合いを。

生活費と貯蓄を分ける方法も

貯蓄がなかなかできないカップルの場合は、使う人と貯める人を分けるという方法も。

■家賃なども含めた生活費は使う人(貯蓄が苦手)の収入で主に賄う
■貯蓄は貯める人(しっかり管理できる人)の収入を主に
■使った額、貯めた額はきちんと開示する

どちらか一方の収入で生活し、もうひとりの収入を貯蓄に回すやり方とも言える。「家計管理が苦手だったり貯蓄ができない人は、支出関係をメインに担当。しっかり管理できる人は貯蓄を担当。この方法もストレスがたまりにくいです」と風呂内先生。使うタイプと貯めるタイプという組み合わせのカップルは、こうしないと貯蓄がなかなかできないとも。
この方法のメリットは、出費と貯蓄がそれぞれでまとめられるので管理がしやすいところ。デメリットは、旅行や住宅購入などの大きな出費が、貯蓄担当の人の意向に左右されやすいところ。
もちろん、貯蓄額や生活費で使った額を、秘密にしないことも大切。

出産後どうするかも考えて計画を立てること

女性が出産や子育てで休職したり、退職する場合に、家計をどうするかも考えておきたい。産休や育児休業中の公的支援も最近は充実しているが、やはりその期間中は収入ダウンになることが多い。また退職したら、男性の収入だけの生活になる。その際どうするかは、お財布について話し合う時に、必ず考えておきたいことの一つ。

from編集部『ふたりにとってのベストな方法を見つけて』

それぞれの家庭によって事情は異なるから、これが絶対!というやり方はありません。ふたりで試行錯誤しながら、一番いい方法を見つけてくださいね。またライフスタイルは年とともに変わります。出産したり、転職したりなど、変化に合わせてお財布をどうするか、見直すことも忘れずに。

今回教えてくれたのはこの方

監修:風呂内亜矢先生
ファイナンシャルプランナー。26歳の時、貯金80万円でマンション購入したことをきっかけに、お金の勉強と貯金を始める。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等でお金に関する情報を精力的に発信。近著に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)。

取材・文/清水真保(ノーション)
※この記事の情報は2014年11月現在のものです。

  • 保険・家計
  • 新婚生活始めたて
  • 悩み解決
Share on>

pagetop