ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 知っておきたい! カップルにありがちなお金のトラブルと対処法
お金・常識
Share on>

知っておきたい! カップルにありがちなお金のトラブルと対処法

知っておきたい! カップルにありがちなお

結婚前にお金に関してあれ?と思った違和感をそのままにしておくと、後々もっと大きな問題になりがち。そこでよくあるお金のトラブルと、それにどう対処すればいいのかを、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢先生に教えていただきました。

「貯蓄額が違う!」「貯蓄してくれない!」というお悩み

結婚が決まった頃から気になるのが、お互いの貯蓄額。「ふたりの貯蓄額が全然違うけど、結婚式のお金はどうする?貯蓄がある方だけが出すの?」と悩む人もいるのでは?

 一人暮らしか実家暮らしかの違いもあるので一概には責められないけれど、「ふたりの貯蓄額が全然違う!」という経験をしたカップルは少なくないはず。でも大丈夫! たとえ貯蓄額が違っていても、きちんと貯蓄の計画を立てて実行できる人なら、それまでのことはあまり気にする必要はないのだそう。
「ただし、ふたりで平等に負担しなければならない結婚式の費用を、貯蓄をたくさん持っている方が肩代わりしてしまうのは要注意です。肩代わりせずにパートナーに貸すようにして、少しずつでも返済してもらいましょう。そうしないとお金の大切さがわかってもらえません」

 目標額を決めたのに、なかなか貯蓄をしてくれないという悩みには? 「貯蓄してくれないというのは、必要性を感じていないことが多いです。例えば結婚式資金への貯蓄に協力してくれない場合、そもそも結婚式の費用に関する合意が取れているかどうか、そこから話し合った方がいいですね」。
 貯蓄してくれない!と責めるよりも、なぜこれだけの貯蓄が必要なのか、お互いにコンセンサスを得ることが重要ということ。

趣味にお金を使い過ぎ? 金銭感覚が違う?というお悩み

「趣味にお金を使い過ぎ」というのもよく聞く不満。「生活費などふたりで決めた額をきっちり負担し、決めた額の貯蓄もしているのなら、あえて自由にできるお金の使い道までは口を出さないのも有効。 使っても良い範囲内なら、細かく使い道を管理するより、好きなように使ってもらう方が優先度を決めてお金を使うトレーニングにもなります」

「外食は高いものばかり」「しょっちゅう人におごっている」など、お金のかけどころや使い道が違う、お互いの金銭感覚が違うな……と思った時には、理由を聞いてみるのもいいですね。お金の使い方について面倒くさがらずに話し合える関係性を築けると、考え方や価値観を感じられることもあるのでおすすめです。

将来を考えてくれない!というお悩み

将来設計も見据えてお金を貯めてほしいのに、何も考えてくれない。どうすれば先のことまで視野に入れてもらえるのだろう。「将来について実感が湧かない人に私がよくお話しすることなのですが、大学卒業後22歳で就職し、定年の60歳まで働く期間は38年。今の日本人女性の平均寿命は86歳くらいですから、その後が26年。38年稼いだ後の26年は使うばかり。単純に言うと、収入の半分近くは貯蓄しておかないと、同じレベルの生活は維持できない。半分というのは大げさですが、そう聞くと将来に備えなければ、という気持ちになるのでは?」

風呂内先生が教えてくれた対処法は、ふたりがお金に関することや将来のことを話し合える関係であることが大前提。ハッピーなカップルになるためにも、素直な気持ちを伝えられるようにしよう。

from編集部『お金の話を気兼ねなくできる関係に』

先生のお話を聞いて一番大切だと思ったのは、面倒な話でもきちんと話せる関係が、ふたりの間で築けているかどうかということ。育ってきた環境が違えば、考え方も違うのは当たり前なのだから、お互いの意見を尊重しつつ落としどころを見つけるという経験を、結婚前からしておくといいですね。

今回教えてくれたのはこの先生

監修:風呂内亜矢先生
ファイナンシャルプランナー。26歳の時、貯金80万円でマンション購入したことをきっかけに、お金の勉強と貯金を始める。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等でお金に関する情報を精力的に発信。近著に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)。

取材・文/清水真保(ノーション)
※この記事の情報は2014年11月現在のものです。

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
Share on>

pagetop