ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. お礼・お返し・車代
  5. 結婚祝いのお返し、どうすればいいの?
お金・常識
Share on>

結婚祝いのお返し、どうすればいいの?

結婚祝いのお返し、どうすればいいの?

結婚のお祝い返しが「初めてのお返し」というカップルも少なくないはず。お祝い返しは、その後のお付き合いの上でもとても大切。挙式前に常識とマナーを知っておきたい。

どんな人に、どのタイミングで渡せばいい?

結婚式に招待したのに出席できなかった方からお祝いを頂いたら、お返しをするのがマナー。
結婚祝いは挙式1カ月から1週間ぐらい前までに贈られるのが一般的。頂いたら中身を確認して、すぐにお礼の電話をしよう。メールだと失礼と感じる人もいるので注意して。手渡しされたら、その場で感謝の意を伝えれば OK。その上で、挙式後1カ月以内にお礼状と共にお返しの品を贈る。直接持参するか、宅配等で届くよう手配しよう。
お祝いを頂く時期はバラバラなので、いつ・誰が・何をくれたのかをリストにしておくと、贈り忘れや重複の防止になる。リストにはお祝いの金額・住所・連絡先・披露宴に招待しているかなども記載しておくと何かと便利。

お返しの金額は? そもそも相場ってあるの?

お祝い返しの相場は1/2から1/3が一般的。つまり、頂いた額の半額~1/3の金額を目安に、相手に喜んでいただけそうな物を選ぶといい。10万円など高額のお祝いを頂いたら、お返しは1/3の3万円~4万円でも構わないが、頂いた相手にお祝いごとがあった場合は、同額を贈るのがマナーになる。
現金で頂いた場合はお返しの金額もすぐ出せるけれど、品物の場合、インターネットや店舗で金額を調べるといい。直接聞くわけではないので、特に失礼には当たらない。正確でなくてもだいたいの金額がわかれば大丈夫。どうしても金額がわからない場合は、結婚式の引出物と同じ物を贈るのが無難。大切なのは金額よりも、相手に喜ばれるかどうか、ということ。年齢・性別・家族構成、また最近の売れ筋商品などを考慮して、じっくり選びたい。親戚や親の知人への品は親に相談するとスムーズ。

こんなことに気を付けて! お返しの常識・非常識

挙式後の1カ月は何かと忙しい時期ではあるものの、相手が忘れたころにお返しが届く、というのはとても失礼なので、送り忘れがないように気を付けて。
披露宴に出席してくれたゲストには原則お返しは不要だが、「ちょっともらい過ぎたな」というケースもあるかも。その場合は、例えば新婚旅行のお土産を奮発するなど、後でフォローしたいもの。
複数の人から連名でお祝いを頂いた場合は、金額を人数で割ってそれぞれに半返しすれば大丈夫。職場などで人数が多い場合は、半返し分も小額になってしまうので、小分けできるお土産品を用意すればバッチリ。
反対に、職場の人たちから別々にお祝いを頂くことも。お返しする相手が同僚同士という関係上、特別に高額なお祝いなどを頂いている場合を除いては、お返しの金額にあまり差が出過ぎないように気を付けて。

from編集部『マナーは守りつつ選ぶのも楽しんで!」

準備中は式に向けて大忙しだから、引出物も焦る気持ちの中でじっくり吟味しきれずに選んだという人も多いのでは? 式後に贈る内祝いを選ぶときは、ちょっとゆっくりと、また違った気持ちで選べるので、落ち着いた中で彼と一緒にギフト選びを楽しんで!

教えてくれたマナーの先生はこの人

岩下宣子先生
「現代礼法研究所」代表。
時代に合うマナーの心を若い人にもわかりやすく伝えてくれる。企業や学校などでマナーの指導をするほか、執筆活動など幅広く活躍。

取材・文/清水真保(ノーション)

  • 内祝い・ギフト
  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
Share on>

pagetop