ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 人間関係
  5. 日本全国で発見! 県民的“結納・引出物”のしきたり
お金・常識
Share on>

日本全国で発見! 県民的“結納・引出物”のしきたり

日本全国で発見! 県民的“結納・引出物”のしきたり

結納や引出物のしきたりは同じ日本でも地域によって違います。例えば、一般的には「お茶を濁す」として結納品や引出物品としてはあまり縁起がよくないとされる「お茶」も、静岡県では名産品として「静岡らしさ」をアピールするために贈られたりするんです。その土地に伝わるしきたりは、地元の文化の一つであり、故郷を大切に思う心の表れ。お互いの生まれ育った地元のしきたりをチェックしてみよう。

結納の実施率ナンバーワンは九州、実施しないカップルが多いのは北海道

全国で最も結納の実施率が高いのは九州地方。そして、最も実施率が低いのが北海道。函館や根室など、比較的昔ながらのしきたりが残る地域もあるけれど、全体的には、披露宴も会費制にするなど、全国一合理的な結婚文化が根付いているんです。
北海道に次いで実施率が低いのが静岡。ただし、本人たちはあまり関心がなくても、親が結納をするべきと考えている場合に実施するパターンも多いのだとか。

一方、結納に掛けるお金にも地域差が。「結納にはお金を惜しまない」といわれるのが北陸。派手な結納品や、新婦の家族へ1品ずつ高価な手土産を持参したり、新郎側へ結納引出物を用意する風習が残っているエリアもあります。

その他、全国の中でも結納金が100万円以上の割合が高いのが、四国と関西。特に関西地方では結納は「新郎側の誠意の表れ」とされ、結納金の平均額は97.3万円と全国平均の91.2万円を上回ります。

結納の実施率は高いけれど、内容は比較的カジュアルなのが東北。挙式を行う会場に用意された「結納プラン」を利用するカップルも多い様子。

派手な結納を好む東海や関西。新婦がご近所にあいさつ回りをする四国

結納の形式は大きく「関東式」と「関西式」に分かれるのですが、その境は静岡県の浜松市だそう。

関東式は男女の立場が同格扱いで、お互いに結納品を取り交わすのが主流。関西式では結納品は男性から女性に贈るもので、女性からの結納品はないんです。後日女性からお返しをする場合も、関東式はお金を半額返す「半返し」という風習があるのに対して、関西式は結納品の1割程度の額の手土産を家族や先祖に贈る「1割返し」が風習のよう。

また、菓子まきや嫁入り道具の荷送りなど、華やかな結納をすることで有名なのが東海。結納品は基本とされる長熨斗(のし)、御帯料(金包)をはじめとする7品に縁起物をかたどった呉服の反物や酒だるなどが加わることも。家と家の結び付きを大事にするため、華やかだけど相手思いなのが東海の特徴。
同じく豪華な結納を行う関西では、結納品に水引飾りや高砂人形などが加わり、大きくて派手なほど喜ばれる傾向が。

それぞれの地域で、新郎新婦の動き方にも違いがあり、四国では、近所に新婦があいさつ回りをする風習が残っている地域もあるのだとか。
北陸の中でも唯一関東式の結納をする新潟県では、結納前に男性側が酒を持参し、両家の意思確認をする「決め酒」の風習が。また、九州では結納前に「一生一代添い遂げます」と男性側が女性宅に酒1升とタイ1尾を持参する風習が全域にあるんです。

引出物は数で勝負の北陸、一品豪華派の九州

引出物の特徴を見てみると、品数の多さナンバーワンが北陸で4.4品。ゲスト1名の平均額も9600円と全国でも上位。四国も品数が多めで、地方色豊かなのが特徴。例えば香川県はカラフルな郷土菓子「おいり」を必ず引出物に含めるのだそう。
一方、品数が少ないのは九州で、引出物は引菓子と合わせて計2品ほどの一品豪華派。東北地方では昔からの風習を受け継がれているものは少なく、青森県では引出物1品程度の結婚式も多いそう。同じく首都圏も、量より質を重視する傾向が。

from編集部『彼と自分の地元のしきたりを理解しよう』

地域によるしきたりの違いは分かった? 彼と地元が同じでも違っていても、こういう知識があると面白いですよね! それに知っていれば、彼ママに「世間しらず」なんて言われる心配もなさそう。お互いの文化を尊重し合うことで、両家の理解が深まって、今後の付き合いも楽になるはず。

取材・文/尾越まり恵
※この記事内のデータは、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」(全国推定値)によるものです。

  • 挙式1年前
  • 結納・食事会
  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
Share on>

pagetop