ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. その他新生活
  5. 新居の美しさをキープさせる 新妻テク4
演出アイテム等
Share on>

新居の美しさをキープさせる 新妻テク4

すぐできる!新居の美しさをキープさせる プチテク4

引っ越ししたての新居の美しさをキープするポイントを紹介! 汚れがたまって掃除が面倒になる前に、掃除のイロハを知っておけば、効率よく掃除もできるようになれるはず。

テク1:汚れに気づいたら……、「チョコッと」掃除する

毎日の掃除は、その都度ちょこちょこでOK! “汚れたらする”が掃除の基本。汚れをそのままにしておくと、たまってしまい、さらに掃除が大変になってしまうもの。毎日掃除機をかける必要はなく、朝起きたら窓を開けホコリを外に出す、料理をしたらレンジをさっと拭くぐらいの「ちょこっと掃除」を毎日心掛けるようにして。

先輩花嫁はこんな工夫を!

◎出社前のプチ掃除できれいな状態をキープ
「朝の出社前に10分掃除をしています。キッチン、床など日によって掃除する場所を変えています。10分だけ、と決めて行うと掃除が結構はかどります。」(ゆきさん)

テク2:リビングはホコリをためないようにする

普段はモップをかけるぐらいでOK! でも、1週間に一度ぐらいは掃除機を使ってしっかり掃除をしよう。掃除をするときはまず天井、照明器具など高いところから順に下に向けてホコリを払い落とす。フローリングの床は、ペーパーモップなどで拭き取り、カーペットはブラシでホコリをかき出し、その後、掃除機をかける。掃除機は、縦、横の二方向にかけるとホコリがよくとれるので、力を入れずにゆっくり動かしていくのがポイント。

先輩花嫁はこんな工夫を!

◎ペーパーモップでまめに拭き取り、掃除時間を短縮
「掃除機をいちいち出すのが面倒なので、ペーパーモップを手が届くところに置いておき、ホコリが気になったらすぐにさっと拭くようにしています。」(ペチコさん)

テク3:キッチンは水汚れより油汚れをまめに取る

キッチン掃除の基本も汚れをため込まないこと。特にシンクやガスレンジはその都度、少なくとも毎日一度のプチ掃除で清潔にしておこう。水回りは毎日する必要はなく、汚れの状態をチェックして気が付いたら掃除をして汚れ防止を心掛けよう。換気扇や床、電化製品は汚れの状態によって、3~4カ月に一度ぐらいはメンテナンスを。換気扇の羽根のつけ置き洗いは1年に一度でも。汚れが落としやすい半年に一度ぐらいを目安にすると楽に行える。

先輩花嫁はこんな工夫を!

◎使ったらすぐ掃除をして、キッチンに油汚れをためない
台所を使い終わった後は、必ずコンロなどを拭くようにしている他、換気扇にはフィルターを付けて汚れたら交換しているので油汚れがたまりません。(あゆみさん)

テク4:バスルームは入浴後に毎回さっと水洗いする

バスルームの大敵は水アカとカビ。予防するにはその都度掃除を。風呂から出る前に浴槽や洗い場を水でざっと洗い、カビが生えやすいパッキン部分や蛇口、鏡などの水分をマイクロファイバークロスで拭き取って。

先輩花嫁はこんな工夫を!

◎入浴時のひと手間で、大掛かりな掃除を回避
「一度カビが生えてしまうと、その後の掃除が大変なので、お風呂から出るとき水シャワーで洗剤を洗い流し24時間換気して、カビを防いでいます。」(菜津子さん)

教えてくれたのは……

阿部絢子さん 生活研究家・消費生活アドバイザー
共立薬科大学卒業。薬剤師としての知識を生かしながら料理や家事等生活全般にわたる合理的なアドバイスで出版・講演など幅広く活躍。

※記事内のコメントは、2014年2月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー274人が回答したアンケートによります。

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 花嫁実例
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop