ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. 引出物・ギフト・内祝い全般
  5. 引出物の贈り分けって、どう分けたらいいの?
演出アイテム等
Share on>

引出物の贈り分けって、どう分けたらいいの?

引出物の贈り分けって、どう分けたらいいの

みんなが頭を悩ませる引出物。最近はゲスト別に贈り分けをする人も増えています。でも、贈り分けといっても一体どの単位で考えればいいか、いろいろと迷ってしまいますよね……。そこで今回はどのように贈り分けをすればいいか、考え方のヒントを紹介!

引出物の贈り分けって?

会社関係者や親族、友人など、ゲストとの関係や年齢、性別によって品物を変えること。最近では、そのゲストにふさわしい引出物を贈り分けている人が増えています。
贈り分けをする場合は、次のステップで考えてみるとスムーズに!

ステップ1:必ず入れたい品はあるか、親に確認を

かつお節や赤飯を付けるなど、地域によって引出物の品数・内容が異なる場合があるので、それぞれの親にしきたりがあるか確認を。また、必ず入れたい品があるか、親の希望も聞いておこう。

ステップ2:ゲストの顔ぶれを洗い出してみる

結婚式のゲストと一口に言っても、ふたりとの付き合いや、ふたりが知るゲストの人となりは一人ひとり違う。どんな物を贈れば喜んでくれるか、彼と話してみよう。

ステップ3:ショップのカタログ、会場のフェアでチェック

会場やショップでカタログをもらい、どんな品物があるかをチェックすると、引出物選びの参考になる。アイテムを一度に見られるフェアに参加するのもおすすめ。

ステップ4:ゲストごとに喜ばれそうな品を当てはめてみて

次を参考に、ゲストに合わせた贈り分けを考えてみよう。

1)男女に分ける。
男性に喜ばれそうな物と女性とに分けて、2パターンで品物を選ぶ。

2)単身者、夫婦、小さい子どもがいるなど。
家族構成に沿って、日常のシーンを思い浮かべながら実用性の高いものを。

3)ふたりとの関係性で考える。
友人、お世話になった人、上司……etc.
例えば、主賓を依頼した上司と友人では頂くご祝儀の金額も異なるケースも多いので、それも念頭に置くようにしよう。

贈り分けで大切なことは?

「ゲストに喜んでもらえる」品を考え、「私のために選んでくれた」ということが伝わる品を選ぶこと。あまり難しく考えず、ゲスト一人ひとりの顔を思い浮かべながら、彼と相談しよう。

  • 内祝い・ギフト
  • 打ち合わせ開始期
  • 安心したい
Share on>

pagetop