ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. 引出物・引菓子・内祝い
  5. 引出物選びでモヤモヤ……こんなときどうすればいいの?
演出アイテム等
Share on>

引出物選びでモヤモヤ……こんなときどうすればいいの?

引出物選びでモヤモヤ……こんなときどうす

ゲストに渡す引出物。喜んでもらえるものを選びたい! でも、いざ探し始めてみると、気になることが出てきますよね。今回は、そんな花嫁さんの素朴な疑問にお答えします!

ふたりの地域が異なる場合、引出物は合わせる?

昔は男性側に合わせることが多かったけれど、今はそれぞれの地域の風習に合わせてもOKという考え方が主流。親族の引出物は特に、それぞれの親に内容を確認してもらうのがベスト。

夫婦や子ども連れのゲストへの引出物はどうすればいいの?

引出物は1世帯に1つが基本。夫婦で招待した人には、それぞれ引出物を渡す必要はありません。ただしご祝儀は2人分用意してくれるので、気になるなら何かプレゼントをプラスしてもOK。引出物の金額はあくまでほかのゲストと平等に、を心がけて。

引出物ってゲストによって金額を変えても大丈夫?

最近はゲストによって品物を贈り分けているカップルが多く、ご祝儀を多めにいただくことの多い親族や上司には、高めの値段の引き出物が選ばれているよう。親族関係は親に、会社関係は直近で結婚式をした身近な先輩に、お金の相場を確認しておくと安心。

贈り分けをしたら大きさがバラバラに。袋の大きさに差が出てもOK?

引出物は贈られる人がうれしいと思うものを渡すのが基本なので、相手によって内容を変える贈り分けはOK。ただし、引出物の種類や金額によって袋の大きさが違うとゲストにあまりいい印象を与えないので、中身が違う場合も袋のサイズは同じにしよう。

引出物は縁起を気にしたほうがいい?

割れ物や切れ物など引出物にふさわしくないものを嫌う親もいるので、まず確認を。地域によってはかつお節を付ける、赤飯を付けるなど、独自のしきたりもあるので、やはり親の意見は尊重しよう。

教えてくれたのはこの方

マナー講師 岩下宣子先生
現代礼法研究所代表。時代に合うマナーの心を若い人にもわかりやすく伝える。企業や学校などでマナーの指導をする他、執筆活動など幅広く活躍中。

  • 内祝い・ギフト
  • 打ち合わせ開始期
  • 悩み解決
引き出物を探してみる
Share on>

pagetop