ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. リングピロー
  5. オーダー前に知っておきたいウエディングケーキのキホン
演出アイテム等
Share on>

オーダー前に知っておきたいウエディングケーキのキホン

プランナーさんから渡されるウエディングケーキの見本写真。ズラリと並んだかわいいデザインから指名してもいいけれど、せっかくだからオーダーに挑戦してみたい人は注目を! ケーキはいわば、ふたりの幸せの象徴。味も見た目もこだわってパティシエさんに作ってもらうために、まずは、知っておきたいキホンを学んで!

キホン1《オーダーのスケジュール》

●結婚式の3カ月前までに希望のデザインや注文先を検討。ゲスト人数と予算が決まったら、会場担当者に相談を始めよう。
●会場や外部ショップの見本デザインから検討して、結婚式の1カ月前までにはケーキのオーダー内容を決定。最終打ち合わせでデザインや素材をきちんと確認しよう。

キホン2《オーダーのポイント》

●結婚式のテーマやケーキに込めたいふたりの思いを、会場担当者やパティシエに伝えることが大切。テーマが決まったら、早めに相談しよう。
●デザインや素材、味などふたりが重要視するポイントを伝えよう。ケーキの写真や切り抜きなどがあるとイメージが伝わりやすい。

キホン3《掛かる費用》

●ウエディングケーキの平均金額は、生ケーキの場合1人あたり1059円。ウエディングケーキをオーダーする場合の料金は、何人分用意するかによって決まり、オリジナルのデザインかどうか、使う材料によって多少の変動があり。
●フルーツを使いたい人は旬の時期をチェック。シーズン外でもほとんどのフルーツは揃うが、価格が割高になることもあるので注意。
●マジパンやアメ細工、特別なデコレーションなど特殊な技術の要望は、事前に料金を確認して。周りに飾るお花の費用も忘れずに。

先輩花嫁の「こうやってオーダーしました!」実例1

会場の雰囲気や結婚式のテーマ“ヨーロッパのお姫様”は守ってもらうようオーダー。テーマカラーの使用もお願いしました。(美恵子さん)

先輩花嫁の「こうやってオーダーしました!」実例2

理想のケーキの写真を再現。好きな果物とソースをデコレーションしてもらい、手書きのプレートや彼用ケーキも手配しました。(沙知さん)

オーダー時に一工夫!ワンポイントアドバイス

今人気なのが、ケーキの上に飾るトッパーの人形で個性をプラスするアイデア。新郎新婦の個性をユニークに表現できるし、シンプルケーキのアクセントにもおすすめ。また、マジパンなどをオーダーする場合はディテールや衣裳、後ろ姿までこだわって。ふたりの実際の衣裳や小物とお揃いにすると、ゲストが近くで見て「そっくり!」と笑顔で会話が弾むはず。

※記事内の実例は、2013年11月に「花嫁1000人委員会」のメンバー123人が回答したアンケートによるものです。

  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • ダンドリ
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
Share on>

pagetop