ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. リングピロー
  5. リングピロー『こうして幸せ!』『ここが心残り』エピソード
演出アイテム等
Share on>

リングピロー『こうして幸せ!』『ここが心残り』エピソード

リングピロー『こうして幸せ!』『ここが心

単なるリングホルダーとしての役割だけじゃなく、セレモニーに花を添えるピローには、花嫁たちの夢や想いが宿っている。小さいけれど、特別なアイテムにまつわる先輩たちのエピソードをここで紹介。ピローが、大切な思い出の品となるか、ちょっぴり残念な思い出となるか、ふたり次第だから参考にして!

リングピローに想いを込めて……

《1輪のバラを添えて》
「挙式当日の朝、婚姻届を提出した後にバラを1輪買ってリングピローに添えました。バラを手にしてバージンロードを歩いている一瞬一瞬が、とても幸せな思い出に。式後はドライフラワーにして、今も私たちを見守ってくれています」(たぬさん)

《思い出の品をリメイク》
「私たちの結婚式のテーマは“感謝を伝える”。リングピローは彼へのありがとうを込めて手作り。プロポーズのときに彼から贈られた思い出のキャンドルホルダーをリメイクしました」(ちかさん)

ちょっぴり心残なリングピロー

《スルーしてました》
「アイテムをいろいろ手作りしたのに、リングピローは会場の無料レンタルを利用。頑張って作っていたら思い出にもなり、新居に飾れたのに……。もうひと踏ん張りして手作りすれば良かったです」(Kumiko KSさん)

《使い方が違う!》
「リングは赤いリボンにくぐらせる仕組みにしたのに、本番で見たらきちんとセットされていなくて……。手作りのピローをお願いする場合は、リングのセッティング方法までしっかりと伝えるべきでした」(tutunさん)

※記事内のコメントは、2013年11月に「花嫁1000人委員会」のメンバー123人が回答したアンケートによるものです。

  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 温かい
  • 挙式演出
リングピローを探してみる
Share on>

pagetop