ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 撮影のプロに聞く! 写真を見て後悔する前に知っておきたいAtoZ
演出アイテム等
Share on>

撮影のプロに聞く! 写真を見て後悔する前に知っておきたいAtoZ

撮影のプロに聞く!写真を見て後悔する前に

イメージと違う写真を見て後悔する前に、事前に知っておきたいのが、BESTショットを押さえる方法。そこで、当日&別撮りの両方ではずせないポイントをプロに取材。先輩花嫁のリアルな心残りVOICEと、編集部からのアドバイスも紹介します。

《みんなの心残り/1》「黙っていてもイメージ通り……甘かった!」

「中座中のプロフィール上映、ゲストが見せる表情を押さえた写真が欲しかった!」(綾香さん)
「バックスタイルのデザインにひとめぼれし選んだドレスだけど、後ろ姿の写真が1枚もなくて……」(小百合さん)
「こだわった会場装花やウエルカムアイテムの写真がナッシング!」(れいさん)

《撮影のプロに聞く!》撮影を希望しておくべき3つの盲点シーン

押さえておきたい盲点シーンは以下の3つ。当日の撮影は進行に沿って行われるから、優先順位が低そうなシーンは後回しになる場合がある。だからこそ、撮って欲しいアイテムやシーンのリクエストがあれば、必ず事前に伝えましょう。

1. 後ろ姿
バックスタイルのたたずまいはドラマチック。ドレスの接写もお忘れなく。
2. 手作りアイテム
一つ一つのアイテムのほか、眺めるゲストの表情も欲しいところ。
3. ゲスト
ふたりからは見えないゲストの表情も、ぜひ残しておきたいもの。

《みんなの心残りVOICE/2》「親と撮った写真が一枚もない……!」

「父や弟、祖父母やいとこ一緒に写ったスナップが皆無。カメラを2台頼めばよかった」(彩乃さん)
「母のために親子水入らずのツーショット写真を頼んでおけばよかったな」(菜津子さん)

《撮影のプロに聞く!》親子のスナップショットのタイミング

集合写真だけでなく親子ショットを残しましょう。親子のスナップ撮影こそプロの出番。親はわが子との写真を必ず飾ります。きれいな画像で残してあげるため、フォトグラファーに依頼しておきましょう。親との写真のタイミングは以下の3つがチャンス!

1. 控室、ブライズルーム
お支度中や花嫁姿の完成直後は、親子で撮影できる絶好の機会。介添さんに案内を頼んで。
2. チャペルへの入場直前
入場前の親子ショットも狙い目。カメラが会場内にある場合は、リハーサルを撮ってもらう手も。
3. ゲストを見送った直後
お開きの際、ゲストをお見送りした直後はふたりと両家の親だけ。このチャンスも逃さないで。

教えてくれたプロは……

清水知成さん
結婚式を知り尽くした、ゼクシィでも活躍中のベテランフォトグラファー。

※この記事のデータ及びコメントは、2013年12月に「花嫁1000人委員会」のメンバー238人へのアンケート回答によるものです。

  • 写真・ビデオ
  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
Share on>

pagetop