ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. 花婿ビューティー
  5. キマッている花婿のヘアスタイルの条件とは!?
ビューティー
Share on>

キマッている花婿のヘアスタイルの条件とは!?

キマッている花婿のヘアスタイルの条件とは

花婿は衣裳さえ合わせれば、いつも通りでいいと考えがち。でも結婚式は、花嫁の横に並ぶ花婿の存在があって成り立つもの。せっかくなら、ふたりそろって最高のドレスアップをした方がいい。
決まっている花婿になる決め手は、「“らしさ”דきちんと感”」のあるヘアスタイル。自分の個性が光る“らしさ”と清潔感がにじみ出る“きちんと感”。この2つを兼ね備えたヘアスタイルにすれば、花嫁もゲストも魅了する花婿になれる。

“らしさ”とは? =自分の個性を最大限に生かすこと

個性を生かすとは、いつものラフな髪形のままでも、普段とはがらりと変えてオールバックにすることでもない。いつものヘアスタイルを少しだけフォーマルの場に合ったアレンジにすること。自分に似合うフォーマル感を見つけることが、個性を最大限に生かすことにつながる。

“きちんと感”とは? =結婚式にふさわしい清潔感があること

ポイントは前髪。前髪のアレンジ次第で、フォーマル感と清潔感のある印象を与えられる。例えばおでこを出したり、前髪を下ろす場合にも、少し斜めに流しパラパラしないようにまとめて、おでこを少し見せるだけでもいい。また、結婚式では、清潔感は好感度に結び付く重要な要素。スタイリング剤などで髪につやを与えるなど、ラフ過ぎないようにしっかり手を入れることが、清潔感にもつながる。

「“らしさ”דきちんと感”」で迷ったら?

1)どんな髪形になりたいか、どんな髪形が似合うのか、ヘアカタログや雑誌を見て自分でイメージしてみよう。

2)花嫁や友人、普段通っているヘアサロンのスタッフなど、身近な人の客観的な意見も聞いてみて。

3)ヘアセットは自分でする花婿が多いが、プロに頼んだ方が満足度が高いよう。お願いする場合は、会場に頼めるか事前に確認をしておこう。

from編集部『自分らしいフォーマルスタイルを見つけて』

難しく考えずに、自分の魅力を引き出せるよう、まずはイメージすることから始めて。もし当日のヘアセットを自分で行うのなら、行きつけのヘアサロンで花婿ヘアの事前相談をしてヘアセットをお試ししておくのがgood!特にどんな「前髪」にすると似合うのかをタキシード姿をイメージしながら決めておこう。

  • 挙式1ヶ月前
  • ヘアメイク
  • 式直前1カ月前
Share on>

pagetop