ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪・結婚指輪
  5. 刻印にこだわって、ふたりだけの「マリッジリング」を手に入れよう!
ジュエリー
Share on>

刻印にこだわって、ふたりだけの「マリッジリング」を手に入れよう!

ふたりの思いを結婚指輪の裏側に込める刻印。素材やデザインだけでなく、この刻印にこだわるカップルが増えています! 人には見せない部分だからこそ、ありのままの気持ちや愛の証しとなる言葉を素直に表現できるのが素敵ですよね。最近では、バリエーションも豊かになりさらに進化を遂げている刻印。今回はふたりらしいアイデアで刻印を入れた先輩カップルに、そのこだわりどころを聞いてみました!

ダブルミーニングのマークでお互いを尊重し合う気持ちを表現

ダブルミーニングのマークでお互いを尊重し

2月11日はふたりが交際をスタートさせた思い出の日。婚姻届も絶対にこの日に提出したいとスケジュールを調整したこともあり、どうしても刻印したかった。その後ろにちょこんと刻まれたマークは、リンゴにも梨にも見えるように意識してデザインしたもの。というのも、彼は実家が梨農家を営み、彼女はリンゴの名産地、青森の出身だから。「ふるさとや家族を大切にしていきたいという気持ちと、お互いのいいところを尊重してこれからの人生を歩んでいきましょうという思いを、このマークに込めました」。

◇Hさん・Kさん
「ちなみに婚約指輪にはふたりの出会いのきっかけとなったギターのモチーフを入れました!」

「&=一緒にいる」ことが、「∞=永遠」に続きますように

「&=一緒にいる」ことが、「∞=永遠」に

無限大のマークはふたりのお気に入り。「可能性を感じるマークなので、ふたりでいれば何でもできるという気持ちを込めました。リボンのようにも見えるので、絆も表現できると思いました」と彼女・Mさん。ふたりのイニシャルを&でつないだのは、「ふたりは対等」という意味を込めたとか。交際4年間のほとんどを遠距離で過ごし、彼・Tさんの仕事の関係で今も1年の3分の1は離れて暮らすというふたり。「指輪があると相手のことを身近に感じられるからいいですね。刻印を見て絆を感じます」。

◇Tさん・Mさん
「留学していたアメリカの大学で知り合いました。刻印の日付は婚姻届提出の日。結婚式はこの1年後。同じ日にしたくて調整した思い入れのある日付です」

少し照れてしまう愛の言葉もフランス語なら恥ずかしくない!

少し照れてしまう愛の言葉もフランス語なら

「婚約指輪にイニシャルを入れたので、結婚指輪には何か特別な言葉を入れたかった」と彼女・Kさん。そこで、彼・Tさんが、「永遠に」「いつまでも」などの候補を出し、最終的に決まったのが「愛を込めて」という意味の「Avec toute mon affection」。フランス語にしたのは、英語だとすぐに意味が分かって恥ずかしいから。「語感も美しいし、おしゃれな感じもするでしょう」。日付は婚姻届を提出した日。遠距離恋愛だったふたりが一緒に役所に行け、なおかつお日柄がいいということで、Kさんの母が選んでくれた日だ。

◇Tさん・Kさん
「刻印はふたりだけで共有するもの。メッセージを入れることで、オリジナル感と特別感が出ました」

ふたりを結び付けてくれた大好きな飛行機のマークを

ふたりを結び付けてくれた大好きな飛行機の

飛行機のマークを入れたのは彼・Sさんのたっての希望。「ふたりが出会ったきっかけも飛行機ですし、何より飛行機が大好きで」。ショップからは3つのイラストの提示があり、その中から離陸時の飛行機を描いたイラストを選択。「離陸時の姿が最も飛行機らしくてかっこいいというのが、ふたりの一致した考えでした」。出来上がるまでは少し不安もあったというが、思った以上の出来栄えにふたりとも大喜び。「ふたりのためだけにデザインされた、世界に一つのマークを記念の指輪に刻むことができ、幸せです」。

◇Sさん・Nさん
「航空関係の仕事をしていて出会いました。刻印は大満足の出来栄え。今も時々見ては、二ヤけています」

ふたりの思い出の映画に出てきた大好きな曲のフレーズを

ふたりの思い出の映画に出てきた大好きな曲

「BE WITH YOU」(いつも一緒に)は、彼女・Hさんが大好きなミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』で歌われた曲の一節から取ったもの。ふたりでよく見た思い出の映画でもあることから、このフレーズを刻もうと考えた。だが、Hさんの指輪は小さく、デザインも凝っていたため、文字数にかなり制限があり、残念ながら文字を刻むことはかなわなかった。その代わり、結婚指輪よりも後に購入した婚約指輪には、彼・Tさんが「君と一緒に」をフランス語に意訳した「TOUS LES DEUX」をサプライズで刻んでくれた。(写真はTさんの結婚指輪。記念日とふたりのイニシャル、BE WITH YOU の刻印が刻まれている)

◇Tさん・Hさん
ふたりは会社の同期。「メッセージが刻まれているのは記念になります」と隆大さん。仁美さんはその曲を聴くと指輪を買ったときの気持ちを思い出すそう!

ふたりの幸せのシンボル、風船と手紙のモチーフをシェア

ふたりの幸せのシンボル、風船と手紙のモチ

高校時代から交際を始めたふたり。彼・Mさんは結婚を考えたときに、「内緒で小説を書き、その後書きでプロポーズをしたらすてきだな」と思い、3年かけてそれを実践。その間、待たせることになってしまった彼女・Eさんへは、「僕という風船を気に入ってくれたら、あなたのポケットに入れて、もう少しだけ待ってください」との手紙を書いた。「風船と手紙は幸せのシンボル」とMさん。だから、刻印を入れるときにも、この2つしか思い付かなかったとか。2つの指輪が一緒になるとモチーフが完成するという仕掛けもすてき。

◇Mさん・Eさん
8年の交際を経て結婚。小説の後書きでのユニークなプロポーズに、Eさんは驚きながらも、Mさんの思いをしっかりと受け止めた

from編集部『進化する刻印でふたりらしさを刻もう!』

最近ではふたりの趣味などをテーマに、デザイナーに一からデザインを起こしてもらい、オリジナルのマークを作って入れるケースが増えている刻印。また、オリジナルで作ったマークは、結婚指輪だけで終わらせず、ペーパーアイテムなどに、ふたりのマークとして使用するカップルも増えています。人目につかない部分だからこそ、ふたりの素直な気持ちが表現できるのが刻印のいいところ。数字やアルファベット、マークなどを自由に組み合わせて、変わらぬ思いをぜひ刻んで♪

撮影/今井聡志、筒井聖子

  • 結婚指輪
  • アイテム検討期
  • 花嫁実例
  • ふたりらしい
結婚指輪を探してみる
Share on>

pagetop