ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出・演出アイテム全般
  5. 手作りアイテムに挑戦するその前に!【縫い方のキホン】をおさらい
演出アイテム等
Share on>

手作りアイテムに挑戦するその前に!【縫い方のキホン】をおさらい

どんなに忙しくても、どんなに不器用でも、リングピローやウエルカムドール、ベールなど、結婚式にまつわるアイテムの手作りは、花嫁のお楽しみの一つ。「お裁縫に自信はないけど、私も!」と、手作りにチャレンジするその前に、まずは基本中の基本「縫い方」から、ここでおさらいしておきましょう。

■なみ縫い■

■なみ縫い■
■なみ縫い■
■なみ縫い■

針目を等間隔にして真っすぐ縫う、基本中のキホン的縫い方。ちなみに、縫い目が細かいものを「ぐし縫い」と呼びます。

■写真1/ひと針目は布の裏面から針を刺し、反対側(表面)に通してから、また出す

■写真2/縫うときは、1針ずつ針を抜かず、波のように何針か布に通してから針を抜く

■写真3/表も裏も、針目の大きさが常に同じになるように、真っすぐ縫い進めていく

■玉留め■

■玉留め■
■玉留め■
■玉留め■

縫う際の始めと最後は、糸玉を作って留めてから糸を切ります。ちくちく縫った終点は、玉留めをしっかりと。

■写真1/縫い目に直角に針を当て、針の根元を親指で押さえて針先に糸を引っ掛ける

■写真2/針先に2~3回、糸を巻き付ける。このとき巻き付けた回数で玉の大きさが決まる

■写真3/糸を巻いた部分を親指で押さえたまま、針を針先の方向へ引き抜いていく

■くけ縫い■

■くけ縫い■
■くけ縫い■
■くけ縫い■

ウエルカムベアを作るときなど、綿を入れた後に布を閉じる場合に知っておきたい縫い方です。縫い目を出さずに縫い合わせたいときに活躍。

■写真1/口を閉じたい箇所の縫い目が出ない内側の折り山に針を刺し、その中に糸を通す

■写真2/折り山の1~2mm内側の、反対側の折り山に針を刺してすくってから再び出す

■写真3/奥側と手前側の布を交互にすくいながら、均等な幅(針目)で縫い進めていく

■パーツの付け方■

■パーツの付け方■
■パーツの付け方■
■パーツの付け方■

リングピローの指輪掛けなどに使えるテクニック。布にパーツを縫い留める際は、ボタン付けの要領で。

■写真1/布の表面にパールを付ける方法をご紹介。まずは布を1針分すくって糸を出す

■写真2/玉結びをしてからパールに糸を通す。布をすくって穴に通す、を2回ほど繰り返す

■写真3/パールの中心から針を出し、ボタン付けの要領で2周ほど糸を巻き付けて玉留めを

from編集部『一針一針に想いを込めて』

縫い方のおさらいができたら、さっそく手作りスタート。材料も揃い、手順も解説してくれているキットも豊富にあるから、気軽にトライしてみて。当日の様子を思い描きながら、ちくちく、ちくちく、毎日少しずつ縫う時間そのものが、後から振り返れば素敵な思い出に。一針一針がふたりの未来につながっていくと思えば、最初は不格好な縫い目が、だんだん整ってくるから不思議♪

撮影/保田敬介

  • アイテム検討期
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop