ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. パパママ婚、おめでた婚、3カ月以内挙式、マルニ婚ほか
  5. 産後でも心配なし♪ 子連れ挙式の不安解消Q&A
結婚式スタイル
Share on>

産後でも心配なし♪ 子連れ挙式の不安解消Q&A

子どもが生まれて大忙しの毎日。準備も当日も心配事がたくさんあって、結婚式を先延ばしにしていませんか? 今回は、子連れウエディングに積極的に取り組んでいる2会場のプランナーさんに、赤ちゃんや幼い子ども連れの場合の結婚式について徹底ヒアリング。かわいい子どもと一緒の結婚式って今しかできない! 不安を解消して、思い出に残る結婚式をしましょう。

子どもに優しい会場のプランナーさんに聞いてみた!

ベビールームや授乳室、バリアフリーなど50のポイントをチェックし、ミキハウス子育て総研が認定しているのが「ウエルカムベビーの結婚式場」。その認定を受けている会場のプランナーさん2人に、子連れウエディングの疑問について答えてもらいました。

私がお答えします!

アニヴェルセル

「アニヴェルセル 表参道」の二村 穂です。プランナー歴は4年、30組以上のお子さま連れウエディングを担当してきました。打ち合わせでは、おふたりの叶えたい結婚式の希望を伺って、おふたりもお子さんも楽しめる提案をしています。

椿山荘

「ホテル椿山荘東京」の古松朋美です。プランナー歴は6年。お伺いしたいことはできるだけ打ち合わせ前にメールし、来館時におふたりやお子さんに負担がかからないよう常に心掛けています。

子連れウエディングの疑問にプロがお答え!

【Q1】育児に追われて毎日バタバタ! 結婚式の準備なんてできるの?

イラスト1

「打ち合わせ回数は最小限にとどめ、メールで済ませられることはメールで。打ち合わせもお子さんが飽きないよう休憩を取りながら進めます。打ち合わせ時にもベビーシッターの手配ができます」(古松さん)

「ウエディングメモリーという共有サイトを開設し、自宅で商品が選べるシステムを導入。自宅にいても準備を進められます。打ち合わせの際は、授乳やおむつ替えのタイミングをこちらからお声掛けしています」(二村さん)

昨今の結婚式準備は、インターネットを使って進められることも増えている様子。多くをメールのやり取りで決められれば、子どものお昼寝中や寝静まった後でも準備できそう! ふたりの事情をプランナーさんに伝えて、打ち合わせを工夫してもらおう。

【Q2】結婚式をしやすい子どもの月齢や披露宴にお勧めの時間帯は?

イラスト2

「赤ちゃんは首や腰がしっかり据わってくる8カ月から1歳頃がお勧めです。時間帯は、午前中の開始だと眠くなりにくいので、お子さんの負担も少なく進められます」(古松さん)

「スムーズに準備ができるのは、赤ちゃんがあまり動かず、眠ることも多い生後半年まで。結婚式は1歳の誕生日祝いを兼ねると、演出にも。時間帯は、披露宴をお子さんの食事時間に合わせると、ご機嫌でいてくれますよ」(二村さん)

結婚式をするなら、子どもが1歳前後で、午前中からの挙式が正解!

【Q3】当日は祖父母も忙しい! 誰に子どもの面倒を見てもらうの?

イラスト3

「会場併設の貸し切りスペースでベビーシッターに見てもらうことができます。高砂席の間にベビーベッドを用意し、パーティの進行に合わせ身内の席に移動してもOK。その場合は、身内の方が面倒を見やすいよう会場外にキッズスペースを用意します」(二村さん)

「ハイローチェアを高砂席と新郎新婦の親御さんの席の両方に用意して、お子さんのご機嫌によってフレキシブルに対応しています。また客室を改装したキッズルームでベビーシッターと過ごすことも可能です」(古松さん)

ベビーシッターは多くの会場で手配OK。パパママ以外と過ごすことが心配なら、高砂席に赤ちゃんスペースを用意してもらって。

【Q4】当日の授乳やミルクの用意、離乳食ってどうしたらいい?

イラスト4

「授乳は挙式や披露宴の開始前や中座中に時間を設けます。ミルクや離乳食のサポートももちろんOKです」(二村さん)

「ミルクのお湯はホテルで用意できます。離乳食は持ち込みOKで、温め直しもいたします。希望があればおかゆもお作りします」(古松さん)

子どものミルクや離乳食の世話は自分たちでと気負わずに、子どものために必要なことを事前にプランナーさんに相談してみて。いつもと違う環境なので、普段通りの食事やおやつを持っていくと安心。

【Q5】結婚式での子どもの服装って何を着せればいい?

イラスト5

「男の子は白のポロシャツに黒のパンツ、女の子はリボンやフリル付きの白いワンピースが多いです。少し大きくなれば、子ども用のタキシードやドレスをレンタルで用意できます。お色直し入場で、将来なってもらいたい職業の服に着替えて再入場するという演出も」(二村さん)

「サイズが合えば、お宮参りのドレスや洋服を活用してもOK。ホテル内のコスチュームサロンでは、女の子なら70センチから、男の子なら90センチから衣裳の用意もあります。お子さんは服を汚してしまうこともあるので、着替えを用意しておくと安心です。ミルクを吐いたりおむつ漏れなどでお子さん自身が汚れた時には、キッズルームのシャワーも使えますよ」(古松さん)

子どもの衣裳は、式後も着られそうなアイテムでOK。パパママと色やモチーフを揃えれば、普段着でも統一感が出ておしゃれに!

【Q6】赤ちゃんや子どもと一緒に楽しめる結婚式の演出はある?

イラスト6

「披露宴の再入場を3人で、というのが定番です。挙式で牧師さんが赤ちゃんを抱いて誓いの儀式をしてくれた際は、ゲストから『子連れで結婚式がしたくなった』と言われるほど好評でした」(古松さん)

「生後6カ月までなら、フォトラウンドで各卓のゲストと一緒に写真に納まったり、ハイハイで進んだ方向で将来の職業当てクイズをしたり。1歳以降ならリングボーイやベールガールがかわいいですね。乾杯の発声をお子さんにしてもらうのも温かい演出に」(二村さん)

結婚式でふたりの子どもに会えること自体が、ゲストにはとっておきの演出。子供の月齢に合わせて、無理の無い演出にしよう。幼い子どもの姿を写真やビデオに残せば、家族の記念に!

【Q7】結婚式の途中で子どもが泣いたり騒いだりしたらどうしよう

イラスト7

「パパママが心配していると、お子さんにも伝わってしまうので、新郎新婦が結婚式を楽しむという気持ちでいることが大切。ゲストはふたりの祝福に集まっているので、泣いてもほほ笑ましいと感じるはず。心配ならベビーシッターにお願いしても」(古松さん)

「お子さんが結婚式最中に泣いたときは、ふたりを祝福している感情を表現しているんですよ、と伝えています。挙式中はベビールームもありますし、貸し切りのキッズスペースなら気兼ねなくお子さんも安心して過ごせます」(二村さん)

子どもよりむしろパパママの方が気にし過ぎなのかも?! 気になる人は、ベビーシッターの手配を事前にお願いしてみて。他人に預けるのが不安なら、打ち合わせの時に子どもも一緒にベビーシッターと顔合わせしておくのも手。

From 編集部

子どもが幼い今しかできない結婚式を叶えて

子どもと一緒に結婚式ができるのは、子どもに恵まれたふたりだからこそ実現できる、この上なく幸せなシチュエーション。毎日の子育てで忙しい時期だけど、今までお世話になってきたゲストにわが子をお披露目するチャンスは、今しかない! 自分を育ててくれた親への親孝行にもなるから、諦めず結婚式を実現しよう。

取材・文/稲垣幸子 イラスト/えのきのこ
取材協力/アニヴェルセル 表参道 TEL03-5410-8988
ホテル椿山荘東京 TEL03-3943-0417
※掲載されている情報は2016年10月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 式直前1カ月前
  • 悩み解決
  • 家族の絆
  • 安心したい
  • パパママ婚
Share on>

pagetop