ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. パパママ婚、おめでた婚、3カ月以内挙式、マルニ婚ほか
  5. おめでた婚《4大お悩み》ズバリ解決! ドクター&先輩花嫁が答えます
結婚式スタイル
Share on>

おめでた婚《4大お悩み》ズバリ解決! ドクター&先輩花嫁が答えます

おめでた婚《4大お悩み》ズバリ解決!

妊娠と結婚、2つの「初めて」を前に不安や疑問がいっぱい。そんな花嫁のために、産婦人科医のアドバイスや、先輩花嫁のリアルな声を集め、よくあるお悩みをずばり解決! じっくり読めば、ほっと安心、準備もスムーズに進むはず。妊娠と結婚を同時に祝う“おめでた婚”を、よりハッピーに迎えましょう♪

《お悩み1》親族や職場・友人にはどこまで伝えるべき?

ハッピー2倍の「おめでた婚」! 昔と比べて気にする人は少なくなったけど、いつ、誰に、どんな形で伝えるかは、やっぱり悩んでしまう。

《回答:親族の場合/親族には親を通じて事前に伝えましょう》
当日サプライズで伝えたという人もいるが、少数派。特に親世代のゲストは順序を重視する人も多いので、招待状を出す前に親を通して丁寧に報告しておくことが安心につながる。近場の親族なら、事前にふたりであいさつに行くと好印象。

《回答:職場の場合/上司にはすぐ報告。同僚や友人は会う頻度に合わせましょう》
職場の直属の上司は、うわさなどで耳に入る前に直接伝えて。毎日顔を合わせる同僚への報告も早めに。仕事で相手に影響が及ぶ可能性があるときは、早めに伝えておきましょう。友人には、会ったときやメールでもOKという声も。

from先輩花嫁アドバイス『私の場合はこうでした』

◎親が親族に直接会って招待状を渡しながら妊娠を報告。挙式当日は、一切妊娠のことには触れませんでしたが、みんな温かく祝福してくれました(haruさん)

◎震災で式を延期している時に妊娠が判明。親族には母や祖母が先に報告し、その後彼と一緒にあいさつ回りをしたら、喜ばれました(裕希子さん)

◎職場への報告は早めがオススメ! 仕事内容を配慮してもらえありがたかったです。友人には挙式当日スピーチで報告。盛り上がりました(優子さん)

◎子どものいる先輩ママは、妊娠中や育児の大変さを体験しているので理解を得られやすいはず。私も先輩ママに話すことで気持ちが楽に。伝え方について相談してもいいですね(momoさん)

《お悩み2》とにかく時間がない! 最短準備のコツは?

妊娠中の挙式は、流産しやすい時期を過ぎた安定期、おなかが目立たない安定期がおすすめ。となると、準備に使えるのは60~120日程度。どう進めればいいの?

《回答/彼や家族が強い味方に! 上手に頼りましょう》
特に産前の挙式は、準備期間とつわりが重なりつらいもの。体調を率直に伝え、無理せず周囲の力を借りて。謙虚に、でも依頼内容は具体的に、がコツ。希望や期限も細かく伝え、認識違いをなくしてお任せを。感謝の言葉も一言添えるのも忘れずに。

《回答/こだわりたいところだけ決めて、後は会場に任せてもOK》
「時間をかけて選びたい」「手作りしたい」など、気持ちは分かるけど、全部は無理。時間と手間をかけるのは、絶対譲れない1~2点に絞って、あとは会場に任せた方が楽。短期間で準備を進められる「おめでた婚プラン」を活用しても。

from先輩花嫁アドバイス『私はこうしてお願いしました』

◎「パソコンが得意だから頼んでいい? 何日までにね」と彼にお願い。席札やエンディングビデオなどすてきに仕上げてくれました。得意なことなら、彼も喜んで協力してくれるはず!(cocoさん)

◎つわりのつらさを、黙って我慢するのではなく、言葉で伝えるようにしたら彼が手伝ってくれるようになりました(優子さん)

◎BGMなど、こだわりの何曲かは自分たちで決定。その他は雰囲気を伝え、ぴったりの曲を選んでもらいました。演出なども同様に(sumikoさん)

◎プランナーさんのリードで、次回までに決めるべきことを「宿題」として出してもらい、彼と相談してから打ち合わせへ。会場へ行く回数も時間も最小限で済みました(優子さん)

《お悩み3》衣裳が入らなくなったら?選ぶコツは?

妊娠中は胸もおなかもどんどん大きくなる。せっかく選んだお気に入りドレスも、当日着られなかったら大変。後悔しない衣裳選びのコツを知っておきましょう。

《回答:会場未決定の場合/式直前の衣裳合わせはマスト! サイズ調整可能なマタニティー用なら、なお安心》
会場が未決定なら、ドレスの持ち込みや提携ショップの対応も必ず確認を。妊婦のために作られたマタニティー用ドレスが選べるとベスト。もしくは、式直前のサイズチェンジや体形に合わせたお直しができるショップが安心。

《回答:既製品のドレスを選ぶなら/Aラインやエンパイアがイチオシ!軽めの和装もおすすめ》
既製品のドレスで選ぶならAラインやエンパイアドレスを! とくに、ウエストの切り替え位置が高く、スカートにボリュームのあるものなら、おなかを圧迫せず、メリハリもつくのでラインがきれい。和装の場合は軽いものを選び、帯を緩めに着付けてもらうと安心。白無垢や色打ち掛けは上からはおるので体形カバーにも。

from先輩花嫁アドバイス『衣裳はこれにしました』

◎ドレスアドバイザーに薦められて着た、おなかの上に切り替えがあるAライン。コルセットなどもおなかに全く圧迫感がなく、動きやすくて大満足でした(恵美さん)

◎おなかが予想以上に大きくなった場合に備えて、同じデザインで大きめのサイズに変更できるか確認しました。気に入ったデザインはサイズ違いもキープしておいて!(うみこさん)

《お悩み4》準備中と当日の体調が心配。気を付けることは?

妊娠中は初めてのことだらけで、突然体調が変化する可能性も。体に負担をかけないために、準備から当日まで、どんなことを心掛ければいい?

《回答:準備中の場合/妊婦健診に欠かさず行って指示を仰いで。打ち合わせも無理なきように》
定期的な妊婦健診は必ず受けて。「自宅で静養が必要」などの指示が出ることもあるので、必ず従いましょう。準備は疲れない程度に楽しみながら、が鉄則。バランスのいい食事とたっぷりの睡眠を心掛け、本番のために体調を整えて。

《回答:当日の場合/スタッフには体調のことを伝え、負担の少ないプログラムに》
疲れたらすぐ中座できるよう、余裕のあるプログラムに。演出を取り入れるなら、座ったまま楽しめるものがベスト。各卓回りなどは省略するか、短時間で済むよう工夫して。プランナーを通じて、配慮してほしいことを伝えてもらうと安心。

from先輩花嫁アドバイス『こんなことに気をつけて!』

◎衣裳合わせや打ち合わせは時間もかかるし、体力も使います。無理せず体調のいい時に。おなかが空いたり、喉がかわいてくると、気分が悪くなることも。必ず軽食や飲物持参で出掛けて(うみこさん)

◎できれば避けたかったが、背が低く高い靴を履くことに。転んだら大変! 少し動く場合でも、介添えさんに支えてもらうよう頼みました(恵美さん)

◎つわりがひどかったり、おなかの張りが強いと医者から自宅安静を指示されることも。体調がすぐれないときは無理せずメールを活用して(尚子さん)

◎つわりが和らぐよう、好きな飲物や食べ物を会場に用意。少しでも気分が悪くなったらスタッフに伝え、さりげなく中座して体を休めました(茉莉奈さん)

こんなことを頼んでおくと安心! スタッフ別安心ポイント

★介添えさんに
転ばないための支えや、常に楽な姿勢でいられるサポートを

★プランナーさんに
気分が悪くなったときのプログラムの変更、控室の準備など

★ヘアメイクさんに
整髪料や化粧品など、においが気になるなら、無香料のものに

★シェフに
つわりで苦手な食べ物を伝え、新婦用に別料理を用意できるか確認

from編集部『おめでた婚をよりハッピーに迎えるには』

体調を最優先に、周囲の理解を得ながら頼れるところはしっかり頼る……これがハッピーなおめでた婚のコツ。幸せな気持ちを周囲と共有できれば、生まれてくる子どもにとっても最高の贈り物になるはず!

監修してくれたのはこの産婦人科ドクター!

桜井明弘先生(産婦人科クリニックさくら)
2007年、パートナーの桜井加那子先生と横浜市たまプラーザにクリニックを開院。気さくな人柄と丁寧な診療が人気。
「一番大切なのは、体調や準備の悩みなど、自分の状態を関係者に伝えながら準備を進め当日を迎えること。正しいアドバイスやサポートが得られれば、安心ですよ」

※記事内のコメントは、2012年11月に「花嫁1000人委員会」のメンバー31人が回答したアンケートによります。

  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • おめでた婚
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop