ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 結婚式にむけて、いくら準備する? まずは、自己負担額を算出してみよう!
お金・常識
Share on>

結婚式にむけて、いくら準備する? まずは、自己負担額を算出してみよう!

結婚式にむけて、いくら準備する? 自己負担額を算出してみよう!

結婚式の費用は、自己資金が何百万円もなくてもご祝儀や援助でなんとかなると言うけれど、とはいえふたりの自己負担額はどのくらいと思っていればいいの? ふたりの式の総額とゲスト人数から導き出してみよう。

【STEP1】 見積り表を出してもらい、式の総額を確認

まずは結婚式の総額を知るために、招待したいゲスト人数、取り入れたい演出を伝えて見積り表を出してもらいましょう。

【STEP2】 ご祝儀額を試算してみる

大まかに総額を知りたいなら「ゲスト人数×3万円」で計算。親族や上司、友人など新郎新婦との関係性によってご祝儀の平均額は違うので、もう少し具体的に試算するなら以下の平均額(1人あたり)を参考にしてみましょう。

【ご祝儀の平均額】
●親族 平均6万5000円
●上司 平均3万8000円
●恩師 3万6000円
●友人・同僚 3万円

ご祝儀総額の平均 230万7000円

【STEP3】 親援助の有無を確認する

最初から「親の援助は受けない」とふたりで決めているなら話は別だけど、親からの援助が受けられるかどうかで、ふたりの負担額は大きく変わります。親側に援助をする意思があるかどうかの確認をするなら、見積り表の出た時が絶好のチャンス。ふたりが考えている結婚式の規模や中身を知ってもらうという意味でも、見積りを見せながら「これくらいかかりそうなんだけど…」と切り出してみましょう。

【STEP4】 結婚式の総額からご祝儀と援助を差し引く

試算したご祝儀総額と、親からの援助額がわかったら、見積り表の結婚式総額から差し引いてみましょう。残った金額が、最終的にふたりの負担するお金です。これで結婚式までに毎月いくら貯蓄をする必要があるのか、具体的な目標が決められます。

ちなみに、ふたりの負担額の平均は約140万円。仮に総額300万円の結婚式で、ご祝儀が200万、親援助が50万円だとすると、ふたりの負担額は残り50万円に。「結婚式には数百万円が必要」と思っているとなかなかハードルが高いけれど、まずはふたりで、ご祝儀を支払いにあてさせて頂くのか、親に援助をお願いするのかなど、お金の工面の仕方について話し合い、意見を一致させておきましょう。

from編集部『前払いの会場なら、一時的に現金の用意が必要に!』

クレジットカードでの支払いが可能な会場もあるけれど、前払いの会場なら最終見積りで出た金額を現金で用意する必要があります。当日支払いならご祝儀をあてることも可能ですが、前払い&後日清算という会場が多いので、親に一時的に借りて当日ご祝儀で返すなど、支払いタイミングにも注意が必要です。

※ 記事内のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」(全国推計値)によるものです。

  • 式イメージ収集期
  • 自己負担・費用分担
  • さくさく読む
Share on>

pagetop