ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 結婚式の費用をケチらず上手に節約する5つの方法
お金・常識
Share on>

結婚式の費用をケチらず上手に節約する5つの方法

10ドル札の上に置かれた新郎新婦の人形

結婚式の費用を少しでも抑えたいと考えているカップルは多いはず。ケチらず、後悔せず、ゲストに喜ばれるふたりらしい結婚式実現のために工夫できる方法、知ってますか? 先輩花嫁の体験談と合わせて、今すぐチェックしてみて!

【会場決定前にできる節約方法】

タイプ1:お得に設定されている日取り・時間帯を選ぶ

ナイトウエディングのイメージ

【仏滅】
「大安」や「友引」が人気なのに対し、あまり人気のない「仏滅」の場合、お得なプランや特典が用意されていることが多い。両家共に、お日柄にこだわらない場合におすすめ。

【シーズンオフ】
真夏、真冬といった、年間でも結婚式の実施数が比較的少ないシーズンには、特別なプランや割引などの特典が用意されていることが多い。ゲストのために寒さ・暑さ対策を心掛けて。

【直前指定】
申し込み日から3カ月~6カ月以内の空いている日に、結婚式を実施することが条件で割引などの特典が受けられること。

【曜日指定】
平日や、連休最終日の夕方スタートなど、比較的ニーズが少ない日取りに結婚式を実施する場合に、特典が受けられるケースも。

【ナイトウエディング】
夕方スタートの結婚式は、日中の実施よりもお得な価格設定や割引が受けられることが多い。

ほわさんの顔写真

真夏と真冬は料金設定が低いと会場の方から聞いたので、真夏の7月を選びました。秋に実施するのと比べて、最初から見積り額が50万円ほど抑えられて魅力的でした。(ほわさん)

ぷいたさんの顔写真

両親とも日取りは気にしないと言ってくれたので、仏滅の日に。さらにナイトウエディングにしたところ、さらに割引が受けられました。(ぷいたさん)

みーみちっこさんの顔写真

仏滅の日を選んだことと、夏だったのでサマー特典も受けることができ、会場を一日貸し切りにできました。(みーみちっこさん)

タイプ2:お得なプラン・特典を利用する

ゲスト卓のイメージ

【早期割引】
1年前までに成約するなど、早期成約を条件に受けられる割引や特典のこと。

【組数・期間限定】
「毎月先着何組まで」など、組数を限定してお得なプランや割引特典が受けられるもの。

【オープン・リニューアル記念】
新規オープンの会場や、会場リニューアルを記念して、実施期間や組数限定で受けられる特別プランや特典のこと。

【アニバーサリープラン】
「開業○周年記念」など、会場の周年記念として実施される限定プラン。

咲羅さんの顔写真

会場の周年記念プランを利用しました。プロジェクター使用料やウエルカムドリンク料がサービス価格に。(咲羅さん)

可菜子さんの顔写真

ブライダルフェア参加者の限定プランで、送迎バス代無料、挙式代無料などの特典がありました。(可菜子さん)

ペーさんの顔写真

グランドオープン記念のプランを利用しました。内容は料理、飲物、入刀用ウエディングケーキ、挙式料、会場費、コーディネート料、メイン・ゲスト卓装花、ブーケ、音響照明料、総額35万円分の衣裳代が含まれていました。(ぺーさん)

【会場決定後にできる節約方法】

タイプ3:結婚式の規模やスタイルで工夫する

人前式のイメージ

【挙式スタイル】
披露宴会場内での人前式にすると「挙式料」が発生しないことが多い。ただしチャペル内で行う場合はチャペル使用料が発生する可能性が高いので、会場に確認を。

【小規模結婚式】
少人数でのプランや、食事会付きの挙式プランなど、小規模な結婚式のプランを設定している会場も少なくない。

マッキーさんの顔写真

宗教色を出したくなかったので挙式スタイルを人前式にしました。結果的にはキリスト教式より費用を抑えることができました。(マッキーさん)

やまうさんの顔写真

ゲストは親族と友人のみを招待しました。二次会のゲストも厳選して、披露宴と同じ会場でアフターパーティを実施して費用を抑えました。(やまうさん)

タイプ4:見積りをチェックして不要なものを削る

計算機とパソコン

基本は、項目ごとに表示された詳細バージョンの見積りを出してもらうこと。その上で、何を指すのか不明な項目があれば質問し、疑問を無くそう。お金の掛けどころと削りどころを決めて、メリハリをつけるのがポイント。その際、料理や引出物などゲストのために必要な項目はケチらないこと。

たとえば……

【演出】
プチプラでできる演出を取り入れ、お金の掛かる演出はこだわりの強いものだけに絞る。

【ドリンク】
フリードリンクの内容を確認。ゲストの顔ぶれを考慮して、たくさんお酒を飲む人が少なければ、フリードリンクにしない方が結果的にお金が抑えられることも。

【装花】
見積りには最低ラインの金額が出てくるので、フェアや会場見学で実際のボリュームを確認。花材を指定すると高くなりがちなので、色や形状だけ指定してお任せするのも手。

【ケーキ】
生ケーキは人数分で料金が変わる。インパクト重視でイミテーションのケーキをレンタルして費用を抑える方法も。

Miyuさんの顔写真

やりたいことを取りあえず入れていったら見積りがとてつもなくアップしてしまったので、絶対やりたいこと、できればやりたいことを分けたり、外注で費用が抑えられるものを探したりして取捨選択をしました。(Miyuさん)

豆リンゴさんの顔写真

随時見積りを出してもらい、不要なものと必要なものを見直しました。今いくらくらい掛かっているかを知ることは、節約には不可欠だと思います。(豆リンゴさん)

きゅーさんの顔写真

会場側が最初に提示してくれる見積りは、いろんなものがフルで入っていることが多かったので、自分たちが不要と思う演出などはカットしていきました。(きゅーさん)

タイプ5:手作りする、外部ショップを利用する

引出物のイメージ

多くの会場には衣裳や装花、引出物、写真撮影など提携しているショップがあり、場合によっては提携外ショップを利用した方が低価格で購入できるケースも。ただし、外部ショップを利用すると「持ち込み料」が発生することも。これは保管など会場にとって何らかの手間が発生する手数料のようなもの。「何にいくら」という条件は会場ごとに異なるので、あらかじめ持ち込み可能なアイテムの有無と、持ち込み料が発生する条件を会場に確認したい。

【プチギフト】
持ち込み料不要な会場が多く、外部ショップを利用しやすいアイテム。

【引出物】
持ち込み料が必要な会場が多い。外部ショップ利用の場合は、引出物を入れる袋の手配をどうするのかも忘れずに。

【ペーパーアイテム】
席次表、席札、メニュー表など手作りしやすいアイテム。持ち込みOKな会場が多いけれど、印刷ミスなどで結果的に費用がかさむ場合もあるので注意。

【衣裳】
直営ショップ、提携ショップ利用を原則とする会場が多い。「挙式衣裳は持ち込み不可、お色直し衣裳なら外部ショップ利用OK」という場合や、「持ち込み料を負担すればOK」、「持ち込みそのものがNG」というケースもあるので確認を。

【映像演出】
プロフィール紹介ビデオ、エンディングビデオなど、手作りで持ち込む場合は制作費が浮く分、機材使用料が発生するケースも。

典子さんの顔写真

招待状、席次表、席札などのペーパーアイテムはすべて手作りしました。費用はほぼ印刷費だけで済み、自分たちのこだわりのデザインで作成することができた点も良かったです。名前や席に変更があっても、自分たちで簡単に変更できるのが楽でした。(典子さん)

Miyuさんの顔写真

ウエルカムアイテムやビデオなどは最初から手作りしたいという気持ちがあり、結果的に節約となりました。(Miyuさん)

さやかさんの顔写真

引出物は宅配にしてインターネットで注文。ポイントも付いたしカード払いもでき、ゲストからも「当日持ち帰らなくてよい」と好評でした。ゲストの自宅に届くので贈り分けも自在。紙袋代を抑えることもできました。(さやかさん)

From 編集部

ゲストへの配慮も忘れずに!

お得なプランや割引特典には、必ず何かしらの理由や条件があるもの。ふたりにとっては問題が無かったとしても、招待されるゲストには問題ないかの配慮も心掛けたい。お金を削れるところは削りつつ、おもてなしにはこだわるなど、節約とケチるは別物だということを忘れないように!

構成・文/田中英代(Blue Ladybird)
※この記事に掲載のコメントは2016年4月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー79人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです

  • 挙式1年前
  • 結婚式場検討期
  • 節約・貯蓄
  • 見積もり
  • お金の疑問
  • 悩み解決
Share on>

pagetop