ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 結婚式に掛かるお金の相場【当日以外編】
お金・常識
Share on>

結婚式に掛かるお金の相場【当日以外編】

結婚式に掛かるお金の相場【当日以外編】

結婚式当日以外にも、結納や前撮り、会場予約時の内金など、まとまったお金が必要なポイントは多い。漏れなくチェックして事前に備えておこう。

親あいさつ~結納に掛かるお金の相場って?

【親あいさつ時の手土産代】
 ○新婦の家に行くとき 4300円
 ○新郎の家に行くとき 3900円
親に結婚を認めてもらうための訪問の際は、相手の親が好むお菓子やお酒などを持参。相場は3000~5000円。

【親あいさつ時に新調した洋服代】
 ○新郎 2万8000円
 ○新婦 1万4000円
彼の場合、5000~1万円のネクタイを購入した人もいれば、2万5000円以上掛けてスーツを新調した人も。彼女の場合、ワンピースなどに1万~2万円掛けた人が多い。ただし、どちらも持っている洋服で済ませた人が断然多く、購入派は少数。

【婚約食事会の食事代】
 ○食事会だけの場合 総額6万2400円
 ○結納も行う場合  総額18万3000円
結納式のみを行う人は少なく、会食もセットで実施するケースがほとんど。

【結納金】91万2000円
実際はキリのよい50万円、100万円が多く、80万円など縁起の良い額にしても。相手からのお返しを省く際はその分引いて。

【結納品(結納道具)の金額】14万1000円
高額を掛けたごく少数の人がいて平均は高いが、東海、関西など結納にお金を掛ける地域以外なら、多くの人が10万円内。

【結納返し】
 ○現金 38万5000円
 ○品物 20万6000円
結納金が50万円なら25万円、100万円なら50万円と半返しすることが多い。スーツや時計などの品物を彼への婚約記念品として贈る場合、婚約指輪代の半額位が目安。

準備期間に掛かるその他のお金の相場は?

【会場見学時の試食代】1万円
多くの会場が通常料金の半額くらいでコース料理を提供。無料で試食できるフェアもあるが、ビュッフェ式のことも。

【会場予約時に払った内金、予約金】10万8200円
金額は会場によって異なり、10万~15万円を中心に5万~30万円くらいまで。内金は最終的に結婚式費用に充当される。

【ヘアメイクリハーサル】2万3400円
本番と同様に行うリハーサルは衣裳ごとに試す人が多く、1スタイル1万円前後。式当日の美容着付けとセット料金になった会場も。

【招待状】1部384円
この金額は専門ショップや会場に頼んだ人も手作りした人も含めた平均。専門ショップの方が会場に頼むより平均金額は2割ほど安い。

【筆耕料】プロが手書き 1部円198
招待状代には宛名書きをプロに頼む費用が含まれず、1通200~300円掛かる。

【ブライダルエステ】8万5000円
花嫁向けのコースは期間や回数、施術内容などで異なる。10万~12万円の3カ月コースや2万~4万円の直前1~2回コースが人気のよう。

【シェービング】1万2000円
顔や背中の産毛をそるシェービングは5000~1万5000円。ブライダル向けのエステコースにシェービングが含まれていることも。

【前撮り代】
 ○スタジオ   15万4000円
 ○ロケーション 16万7000円
事前にふたりの写真を撮る費用は撮影場所や衣裳の点数、アルバムの有無などで異なる。式当日の写真とセットになっている会場も。

【結婚報告はがき】1万円
プロの制作費は100枚で7000~1万5000円が目安。枚数が少ないと割高になったり、デザイン料が別に掛かるショップも。

【写真焼き増し代】11万7000円
 ○スナップ写真 6万円
 ○婚礼写真   3万円
 ○親族写真   2万7000円
スタジオ撮影の焼き増しは四つ切りや六つ切りで1枚4000~6000円。

※この記事に記載されているデータは「花会調査2013」「ゼクシィトレンド調査2017」のものです。また、データは全て全国平均額であり、100の位、または10の位で四捨五入した値を使用しています

  • 親あいさつ
  • エステ
  • ヘアメイク
  • 写真・ビデオ
  • 打ち合わせ開始期
  • 相場
Share on>

pagetop