ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 彼の収入知ってる? 結婚式資金のためには“打ち明け”が大切です!
お金・常識
Share on>

彼の収入知ってる? 結婚式資金のためには“打ち明け”が大切です!

彼の収入知ってる? 結婚式資金のためには

実のところ、今すぐにお金がなくても式は挙げられる。とはいえ、できることなら、貯蓄目標額を設定して頑張りたいもの。まずふたりがやらなければいけないのは、今まであまりしたことがない“お金の話”! ふたりはきちんと話せてる? この記事を参考にふたりで話し合ってみよう。

ポイント1.今の収入・支出状況を打ち明ける

月収やボーナスの目安はもちろん、ローンや奨学金など定期的に返済しているお金についても正直に告白し合って、お互いの経済状況を把握。

ポイント2.結婚に使える貯蓄を確認する

現在結婚資金としていくら出せるか確認し合おう。結婚前に貯めたお金全てを伝えなくてOK。使える貯蓄がふたりでいくらかチェック。

自分たちが用意するお金(自己負担額)はこう考える!

結婚の総額-頂けるお金(ご祝儀+親援助)=自分たちが用意すべきお金と考えたい。結婚の総額については会場見学したときにもらう見積りをベースに想定。後から追加になる費用も多いので、その分をプラスして高めに。頂けるお金は、親の援助が受けられる場合はその額を聞き、その中から式の費用に回す金額を相談。ご祝儀はゲスト人数×3万円で計算すると目安になる。

先輩カップルはお金のことどう話した?

★結婚式費用をふたりでどう分担するか率直に話し合い
まずは「結婚式のお金をいくらずつ出し合うか決めよう」と話を持ち掛けました。そしてお互いの貯蓄額と給料を打ち明け合ってどのお金からいくらずつ出すか相談。(あんずさん)

★将来設計の話をしつつ彼の年収や貯蓄をリサーチ
「家族になるのだからお金のこともオープンにしないと……。世帯年収がわからないと、家や子どもの計画も立てられないよ」と夢を伴う将来の話から始めました。(優子さん)

★他の夫婦のお金にまつわる話から始めて徐々に核心に
「○○の家は共働きだけど財布は別々らしいよ」「○○ちゃん結婚して仕事辞めるらしいけど、貯蓄どうするんだろうね」と他人の話題からだんだん自分たちの話に。(ちはるさん)

★お互いの貯蓄額や毎月の出費を書き出して
「結婚に向けてお金のこともオープンにしよう」とストレートに。自分の貯蓄額や毎月の用途などを紙にまとめて彼に見せ、彼にも同じ内容で書いてもらいました。(めぐみさん)

会場で見積りをもらった直後に彼と話すのがグッドタイミング

なかなかお金の話は切り出しにくいもの。何かのついでに話すのがベスト。会場の見積りをもらった直後なら、明細を見ながら、どうやって払う?と相談をすることで、彼も積極的に話してくれる可能性大。

※この記事に記載されているコメントは2013年12月に「花嫁1000人委員会」のメンバー129人が回答したアンケートによるものです

  • 結婚決まりたて
  • 節約・貯蓄
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop