ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. いくらあれば式を挙げられる!? 結婚式に掛かるお金の仕組み
お金・常識
Share on>

いくらあれば式を挙げられる!? 結婚式に掛かるお金の仕組み

並んだ椅子

結婚が決まって幸せな反面、結婚式のお金のことで二の足を踏んでいる人もいるのでは? 結婚式は出ていく額が大きいけれど、入る額も大きいもの。貯蓄0円で結婚式を実現しているカップルも珍しくないのです。まずは、結婚式のお金の仕組みを理解するところから始めよう!

結婚式のお金の仕組みを知ろう

結婚式のお金の仕組み図表

結婚式の総額は基本的に、ご祝儀と両家の負担額(A)に分かれる。この両家負担額はさらに、親からの援助と自己負担額(B)に分かれる。つまり、ふたりが結婚式のために負担する金額は、ご祝儀と親からの援助の金額によって決定するということ。ちなみに、「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」の数値は以下の通り。

【結婚式の総額】  平均354.8万円(全国推計値)
【親からの援助額】 平均160.5万円(全国推計値)
【ご祝儀額】    平均230.7万円(全国推計値)

結婚式のお金には固定費と変動費とがある

固定費と変動費についての図表

ここで知っておきたいのは、結婚式のお金にはゲストのために掛かるお金「固定費」と、ふたりのために掛かる「変動費」とがあるということ。固定費は、ゲストの料理、飲物、引出物など、ゲスト人数が増減しない限り金額が変わらない。それに対して、衣裳やヘアメイク、演出、写真・映像など、ふたりが何を選ぶかによって金額が変わる部分が変動費。固定費はゲストへのおもてなしに直結する部分なので、何を選ぶかは慎重に。

【会場タイプ別の総額平均】
●専門式場  389.3万円(首都圏)
●ホテル  372万円(首都圏)
●ゲストハウス 425.7万円(首都圏)
●レストラン 338.5万円(首都圏)

【ゲスト人数】
平均68.8人(全国推計値)

みんなの自己負担額はどれくらい?

結婚式の自己負担額の平均内訳図表

今回「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバーに実施したアンケート調査の結果は上の図の通り。8割以上のカップルが自己負担額100万円以上で、次に多いのが自己負担額50万円未満で13%。今回はその中間の50万円以上100万円未満のカップルは4%にとどまるという結果に。全体の自己負担額平均は200万円で、過半数が「親からの援助あり」と回答している。

【実例1】 彼親がほぼ全額を援助し、ふたりの負担額は約15万円

●ほわさんの場合
会場タイプ:ゲストハウス
ゲスト人数:59人
結婚式総額:272万円

<内訳>
ご祝儀:209万円
親からの援助:270万円(彼親のみ)
自己負担額:15万円(ふたりで)

from先輩花嫁

花嫁アイコン

ふたりの貯蓄からはほとんど出すことがありませんでした。その代わり、親族に関することは全てお伺いを立てる事に。参列できない親戚や友人からもご祝儀を頂けた事が、本当にありがたかったです。

【実例2】 総額の3分の2を彼親が負担し、ご祝儀はそのまま手元に

●S.Iさんの場合
会場タイプ:ホテル
ゲスト人数:61人
結婚式総額:332万円

<内訳>
ご祝儀: 226万円
親からの援助:230万円(彼側200万円、彼女側30万円)
自己負担額: 100万円(彼女のみ)

from先輩花嫁

花嫁アイコン

彼の地元の九州での結婚式で、彼側の方が人数も多いため7割支払うと申し出てくれました。でも最終的には9割以上が彼側の負担に。遠方で招待できなかったいとこが、1人1万円ずつお祝いをくれたことに驚きました。

【実例3】 ふたりの口座からゲストの宿泊・交通費を負担

●ももさんの場合
会場タイプ:ゲストハウス
ゲスト人数:92人
結婚式総額:460万円

<内訳>
ご祝儀:300万円
親からの援助:200万円(彼側のみ)
自己負担額: 200万円(ふたりの口座)

from先輩花嫁

花嫁アイコン

婚約後に同棲を開始した時点から、それぞれの銀行口座を一つに集約していました。結婚式のお金はご祝儀と彼親の援助で支払い、ふたりは遠方のゲストの宿泊・交通費として約200万円を負担。ゲスト人数が多く、かなりの額に。

From 編集部

援助はありがたくいただき、報告はマメに!

親からの援助の有無とご祝儀で、ふたりの自己負担額は大きく変わる。もし親からの援助がある場合は、「お金を出すけど口も出したい」と考えているのか、ご祝儀はそのまま親に渡した方がいいのか、あらかじめ意思を確認しておくとスムーズ。「ふたりの好きなようにしていい」と言われても、見積り額を伝えたり、引出物について意見を聞くなど、こまめに情報を共有するのがおすすめ。

構成・文/田中英代(Blue Ladybird)
※この記事に掲載のデータ・コメントは「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」および2016年5月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー79人が回答したアンケートによります
によります
※掲載されている情報は2016年7月時点のものです

  • 挙式1年前
  • 結婚決まりたて
  • 節約・貯蓄
  • 見積もり
  • お金の疑問
  • 悩み解決
Share on>

pagetop