ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. お礼・お返し・車代
  5. 目上ゲストの【お礼・お返し・お車代】の本音とは?
お金・常識
Share on>

目上ゲストの【お礼・お返し・お車代】の本音とは?

目上ゲストの【お車代】の本音とは?

お世話になったゲストへのお車代は、滞りなく用意したい。特に経験豊富な目上のゲストには細心の注意を払って敬意と感謝を伝えたいもの。主賓、上司など目上のゲストのがっかりした、嬉しかった!などの本音コメントを参考に、気を付けるべきポイントをチェック!

目上ゲストはこんなときがっかりする!

『送迎の案内が不十分。結局自腹でタクシーに』
会場が駅から遠いので車を用意しているということだったが、到着したら送迎車なんてどこにもない。仕方なくタクシーで往復。(埼玉県 62歳)

『当日はお車代がなく後日届いたものは……』
当日、お車代は特に渡されず、後日送られてきたのは、3000円くらいの膝掛け。お祝い事だから仕方ない……と、気持ちを抑えた。(埼玉県 60歳)

『せめてもっと近いホテルにしてくれたら』
結婚式をするホテルで宿泊と聞いていたが、実際行ってみると会場から徒歩で30分ほど離れたホテル。話が違うので、ちょっとムッとした。(長野県 60歳)

ここに注意! アクセスの不便さは後々の語り草に……

年配のゲストやバリバリ仕事をしている上司など目上のゲストにとって、アクセスの悪さは少しがっかりな記憶に。駅から遠い会場の場合は、乗り合いバスを手配するなど、できる限り負担を和らげる心遣いを。

目上ゲストはこんな心遣いが嬉しい!

『手書きメッセージでより気持ちが伝わった』
お車代と一緒にもらったカードには、一人一人に合わせて、手書きのメッセージが書かれていました。なんだかとても温かい気持ちに。(埼玉県 60歳)

『あらかじめ全行程を手配。楽に移動でき、安心だった』
私の自宅から首都圏にある会場までスムーズに行けるように、新郎新婦が全ての交通手段を細やかに手配してくれて、とても助かった。(山形県 61歳)

『直接声を掛けられて移動の疲れも吹き飛んだ』
ちょっと遠くから出席した私のところに、披露宴中、新郎新婦自らが頻繁に顔を見せ、移動の労を気遣ってくれたのが嬉しかった。(神奈川県 61歳)

目上のゲストにはこう配慮して

1.最低限のマナーを押さえて案内は的確に、詳しく。ストレスなく移動できるようにハイヤーを手配したり、場所を丁寧に案内したりといった配慮を。直前に電話などで補足すれば、より好印象。

2.プラスアルファの気配りで好感度がアップ。「わざわざ遠くからお越しくださって、ありがとうございます」と、ふたりか親から口頭で、またはメッセージカードで伝えよう。

3.負担できない場合はなんらかの心遣いを。理想は全額か半額、それが難しい場合は半額より少額のお車代やギフト券などにメッセージを添えて渡すと、何もないよりも印象が良い。

※ この記事に記載されているデータは2013年10月に「花嫁1000人委員会」メンバー165人が回答したアンケートおよび、2013年11月に実施したマクロミル会員1039人へのアンケート調査によるものです

  • 挙式1ヶ月前
  • 式直前1カ月前
  • ゲスト
  • お礼・お車代・交通費
  • 細やかな気遣い
Share on>

pagetop