ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 手紙・あいさつ・謝辞
  5. ふたりを応援したくなる! 謝辞の2大ポイントとは?
結婚式スタイル
Share on>

ふたりを応援したくなる! 謝辞の2大ポイントとは?

ふたりを応援したくなる! 謝辞の2大ポイ

結婚式でゲストの記憶に残るのはふたりらしい言葉と笑顔。ふたりの個性を謝辞で表すには、どんなフレーズを盛り込めばいい? 今すぐ使えるフレーズをまとめてご紹介!

ポイント1.ふたりのキャラクターらしい未来予想を盛り込む

「温かく笑いの絶えない家庭」「困難なことでも一緒にたくさんのことを乗り越えていく」などふたりのキャラクターに合った未来予想を盛り込もう。

⇒例えばこんなフレーズで!

★ふたりの関係性・夫婦像
「皆さまはかねてよりご存じだと思いますが、しっかり者の彼女とのんびり屋の僕で彼女にリードしてもらうことが多いです。だけど、彼女が疲れたときや、辛いことがあったときは僕が支えていきます」

★どんな家族になりたいか
「とにかく楽しいことが大好きなふたりなので、いつでも会話や笑いが絶えない、明るくにぎやかな家庭を築いていきたいです。50年後もずっと笑っていられる、そんな楽しい家族をふたりでつくりたいと思います」

★ふたりや家族の約束事
「ケンカをしてもその日のうちに仲直りすること。何年たってもお互いの誕生日は必ずお祝いすること。この2つをお互いの約束として、皆さまの前で誓います。ずっと守れるようにお互い努力してまいります」

ポイント2.ゲストへの具体的なお願いをする

友人たちへ今後は夫婦としてお付き合いのお願いや、職場の人には仕事に対する熱意のアピールなど、お世話になっている人に謝辞で思いを伝えて。

⇒例えばこんなフレーズで!

★夫婦をどのように見守ってほしいか
「僕たちふたりが『お互いを大切にする』『ありがとうの気持ちを忘れない』という今日の誓いを忘れないように、皆さまにも少しだけ目を光らせていただき、時にはいさめていただければと思っております」

★アドバイスしてほしいこと
「これからの長い人生でケンカをすることもあるかもしれませんが、そんな時は私たちふたりを誰よりもよく知る皆さま方に、叱咤(しった)や助言をお願いすることもあるかもしれません。その時はよろしくお願いします」

★今後のお付き合い
「お酒やみんなでワイワイするのが大好きなふたりなので、今後も今までと変わらず気軽に誘ってください。夫婦セットでのお誘いも大歓迎です。また、皆さまを新居でもおもてなししたいので、ぜひお越しください」

つまり、ふたりの結婚生活への姿勢を伝えることが大事

今後、ふたりがどんな関係を目指し、ゲストとどんなふうに付き合っていきたいのかを、できるだけふたりの言葉で、具体的に伝えると共感が得られやすい。完璧な言葉でなくても伝える姿勢や、真面目に夫婦として取り組んでいく意志が伝われば、自然と応援しようという気持ちになれるもの。

  • 演出・アイテム
  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
  • 安心したい
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop