ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結納・婚約食事会(顔合わせ)
  5. 婚約食事会が和やかに進むヒケツは、3つの事前準備にあり!
お金・常識
Share on>

婚約食事会が和やかに進むヒケツは、3つの事前準備にあり!

「婚約食事会」を素敵な時間にするためには、お互いの家族のことを伝える準備をすることが大切です。ポイントは、「自分の家族を知ってもらうための準備」「彼の家族を知るための準備」「共通の話題を見つけておく」の3つ。両家がグッと仲良くなれるよう、皆さんもぜひトライしてみてください♪

1.自分の家族を知ってもらうための準備

「これが私の家族です」が伝わるものを用意しよう

プロフィールパンフを見るふたり

まずは自分の家族について、楽しく紹介する方法を考えてみましょう。年齢や出身地、職業というスペックだけでなく、性格や趣味・趣向といったソフト面を知ってもらうことで、人となりが伝わり、話が盛り上がります。事前に家族写真を見せておくと初対面同士の緊張感が少しほぐれるかも。先輩たちの「ひと工夫」もぜひ参考に。

先輩花嫁Voice

花嫁写真1697952

家族の紹介パンフレットを作りました。中身は一人一人の生年月日や出身地、仕事のことや趣味など。自分の家族を知ってもらうことで話のきっかけがつかめ、和気あいあいのひとときを過ごせたと思います。(ちえさん)

花嫁写真1700658

彼の家にお邪魔した際に、家族それぞれの性格や、どんな雰囲気の家庭なのかを伝えておきました。父たちが共通の野球チームのファンという情報も入手しておいたので、当日は話のタネに。(荻原由梨さん)

2.彼の家族を知るための準備

彼が「自分の家族」について話しやすい工夫を

彼の家族についてさりげなくリサーチする彼女

今度は逆に、自分の家族に彼の家族を知ってもらう番。同じように彼の親の人となりを把握しておくことで、当日の話題を考えるなど「盛り上げ対策」を練ることができます。
ポイントはどうやって彼に協力してもらえるか。そのためのノウハウを探ってみましょう。

先輩花嫁Voice

花嫁写真1698501

「うちの両親はよく旅行に行くけど、あなたのおうちはどう?」という具合に、まず自分の親のことを切り出してから何げなく聞き出しました。(廣瀬佐季子さん)

花嫁写真1699352

彼の家族の話は、普段の生活の中でさりげなく情報収集。例えばデートで食事をする際に、彼の親の好きな料理や苦手な食材を聞く方法だとスムーズです。(須澤恵梨さん)

彼に聞いておきたい親のこと

□親の年齢もしくは年代
□親の趣味・興味のあること
□親の性格(厳格・おっとり・優しい・マイペース)
□親との感動エピソード
□可愛がっているペットのこと

3.共通の話題を見つけておく

お互いの趣味や興味のあることを徹底リサーチ!

野球や旅行、料理といった親たちの共通の趣味

お互いの家族についての情報を交換し合ったところで、次は「共通の話題」をいくつか用意しておきましょう。場を盛り上げる最大の武器はやっぱりコレ。また年収や財産の話、病気の話、相手が触れてほしくない話題、政治や宗教など、避けた方がいい話もあらかじめ確認を。
スポーツの話題については、親の性格をよく考えた上で。例えばお互いひいきにしているチームが敵対するような場合、うまく盛り上がればいいけれど、うっかりすべらせたひと言で微妙なムードになるケースもあるので気を付けて。

先輩花嫁Voice

花嫁写真1698051

両家の父はふたりとも家庭菜園が趣味。「今どんなものを育てているか」「○○を育てるコツ」など、野菜作りの話で盛り上がっていました。頃合いを見計らって話題を振るといいですよ。(かおさん)

花嫁写真1698053

年齢が2回りも離れている両家の父。正直会話が続くかどうか不安だったので、共通の趣味をリサーチ。お互いバイク好きということが分かり、話が弾んでホッとひと安心。自営業同士というところも話が合うポイントだったようです。(井坂美穂さん)

共通の話題を見つけるキーワード

共通の話題って意外とたくさんあるもの。次のキーワードをヒントに探してみましょう。

●仕事のこと ●出身地や地元、住んだことのある場所 ●子どものこと ●同年代 ●ドラマや映画 ●家庭菜園 ●アウトドア ●旅行 ●本 ●音楽 ●習い事 ●DIY ●好きな食べ物 ●スポーツ ●車、バイク ●手芸 ●料理 ●ペット

From 編集部

準備しておけば、ゆったりした気持ちで当日を迎えられる

備えあれば憂いなし。お互いの家族のことを伝える準備をきちんとして臨めば、「どんな方たちなんだろう」「親同士、話が合わなかったらどうしよう」など、余計な心配をすることなく、落ち着いて食事会当日を迎えることができるはず。気持ちに余裕があれば、いろんなことに目配りできるし、当日を思い切り楽しむことができますよ。

構成・文/南 慈子 イラスト/寺澤ゆりえ
※掲載されている情報は2016年8月時点のものです
※記事内のコメントは2016年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー102人が回答したアンケートによるものです

  • 結納・食事会
  • 式イメージ収集期
  • 常識・マナー
  • 家族の絆
Share on>

pagetop