ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚報告
  5. どうやって伝えればいい? 上司への結婚報告AtoZ
お金・常識
Share on>

どうやって伝えればいい? 上司への結婚報告AtoZ

どうやって伝えればいい? 上司への結婚報

自分から結婚報告すべき相手は大きく分けると職場と友人。それぞれ招待する人・しない人、さらには真っ先に伝えるべき相手などをよく考えた上で、報告の方法と時期を決めよう。特に職場での結婚報告は、順番を誤ると注意を受けてしまう場合も!? ここでは、主に職場での結婚報告の仕方を紹介!

まずは直属の上司へ、その後さらに上の上司へ

大きな組織ほど序列を考えて報告する必要が。まずは、直属の上司に結婚が決まったことを伝え、ほかの上司やメンバーへの報告タイミングなどを相談するのがよい方法。会社によって違う部分もあるので、直近で結婚をした仲の良い先輩に確認しておくと安心。

結婚式3カ月前までに就業時間外で報告を

最初の報告は、遅くてもゲストのリストアップを始める時期までには済ませたい。きちんとケジメをつけ、報告は就業時間外に。事前にきちんと時間を頂けないかお願いしておくのがベターだが、タイミングが合えば、ランチタイムや業務が終わった後などに切り出す方法も。転勤や異動など、状況によっては式の準備や新生活に影響が及ぶこともあるので、早めの報告で「想定外」の事態は回避しておきたい。

基本的には口頭で! 今後の働き方についてもきちんと伝えよう

報告は、必ず口頭で。その際に、仕事を続けるのかどうか、続けるならどんな働き方をしたいのかといった、今後の働き方についてわかる範囲で伝えておこう。また、式の日程や、新婚旅行で休みをいつ頃取る予定なのかも、伝えておきたい。上司は、やはり今後の業務やスケジュールについては、早めに把握しておきたいもの。そのあたりを意識した報告ができるとよい。また、主賓を頼む上司には、アポを取り、口頭で報告しつつお伺いを立てよう。

「私たちはこうした」先輩たちの結婚報告!

「最初に報告した相手は直属の上司。これからほかの人たちに、いつどのような形で報告すればいいか、相談に乗ってもらいました(Hさん)」
「直属の上司に就業時間を外して報告。職場結婚のため、人事異動の前に、勤務地などの配慮をお願いしました(Sさん)」
「主賓として招待したい上司には、一緒の外出時に報告。またその際、一度相手に会ってほしい旨も伝えました(Hさん)」
「僕と彼女は同じ職場。お世話になった上司の元をふたりで訪れ、ご招待したいことと、祝辞をお願いしたい旨を伝えました(Sさん)」

※ 記事内の写真およびコメントは2014年2月に「花嫁1000人委員会」のメンバー92名が回答したアンケートによります。

  • 挙式1年前
  • 結婚報告
  • アイテム検討期
  • ダンドリ
Share on>

pagetop