ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 親あいさつ
  5. 結婚準備で彼に「イラッ」としたとき、みんなどうしてる?
お金・常識
Share on>

結婚準備で彼に「イラッ」としたとき、みんなどうしてる?

結婚準備、彼にも手伝ってほしいし、彼にしかできないこともあるんだけど、忙しいとか、疲れたとかを言い訳に、遅々として進まない。そんな彼に「イラッ」としている人も多いはず。先輩花嫁はどう切り抜けた?

その1【くすぐる】
プライドを刺激すべし!

sekiji

彼がなかなかやる気になってくれない。そんなときは、プライドをくすぐるのが有効!という花嫁が多数。

例えばペーパーアイテムや映像の製作を頼むなら、上手な人の作品を見せることで、「オレの方がうまい!」と思ってくれるかも。また、簡単な作業なら、彼vs彼女でスピードを競うのも手。負けじと対抗してくるかも?

私たちはこうしたよ!

mik

デザイン系の作業が得意なのに、手を付けようとしない彼。友達の席次表を彼に見せて「これすごくない? A子の彼が作ったんだって」と褒めちぎったら、急にやる気になってくれた。(M.Mさん)

mackey

席次と引出物をなかなか決めようとしない彼のせいで、原稿の式場への提出がギリギリに。 私があらかじめ自分の分を作成しておき、「私のはもう終わったよ」と言ってプレッシャーを掛けました。(マッキーさん)

その2【譲る】
最後だけでも彼に託すべし!

mail

結婚準備中の彼に対するクレームとして多かったのが、何にでも「なかなか着手してくれない」こと。ところが、この類いの彼は、どういう訳か「やり始めたらちゃんとやる」という習性があるようで……。

つまり、面倒でも「お膳立て」が結果的にお得。途中まで作業をしてあげたり、選択肢を絞って最後だけ選んでもらったりするとラクになります。

私たちはこうしたよ!

makina

親とのやりとりを彼が面倒がり、招待状の文面や引出物の予算などが決まらず。そこで、親への連絡内容をまとめたメール文面を作り、そのままコピペして送ってもらうことに。さらに時間のあるときは、隣で電話をしてもらいました。(mikinaさん)

aki

会場での打ち合わせでは前向きそうだったのに、帰ると一切やる気を失い、引出物も考えてくれなかった彼……。でもカタログを見ながら「これがいいか」とつぶやいたら「それにしようか」と参加してきました。(あきさん)

その3【釣る】
おいしいもので釣るべし!

yakiniku

子ども相手の作戦みたいだけど「おいしいもの」「好きなもの」で釣るのは、シンプルにして最強かもしれません。

特に長丁場になる映像やペーパーアイテム作りは、「明日やるよ」と先延ばしにされたら最後、そんな明日は来ません。ここまでできたらおいしいものを食べに行く、飲んでもよし、ゲームをやってもよし、とゴールを決めて。

私たちはこうしたよ!

leon

映像系は彼にお任せ。でも、編集用のソフトを購入したことで満足してしまい、3週間前まで放置状態に。そこで作業日をスケジュールに組み込み、終わったらご褒美として焼き肉!と彼のやる気をあおりました。(れおんさん)

m

ペーパーアイテムの手作りをやろうという気持ちはあるのに、飲みながら作業するため、いつも途中で寝てしまう彼。「今日はここまで終わったら飲んでよし!」とゴールを決めることで作業が進み、なんとか間に合いました。(えむさん)

それでもダメなら…【尻たたく】
やることを見える化すべし!

todo

プライドをくすぐっても、お膳立てをしてあげても、おいしいもので釣ってもダメなら、強硬手段に出るしかありません。

いつまでにこれをやる、という TO DO リストを壁に貼ったり、スマホで共有したりして、お尻をたたくことで解決しましょう。彼ママとの関係によっては、「彼ママに言い付ける」のが効果的なことも。

私たちはこうしたよ!

yup

自分の親や友人への連絡を彼が面倒がり、予定通りに進まない。「こっちにも事情があるんだ」と何もしない彼にイライラ、そんな私に彼もイライラの悪循環に。そこで「いつまでに、誰に、何を」という具体的な TO DO リストを作成。作業の意味が理解できていない場合は説明し、切り抜けました。(ゆんさん)

kt

映像は全部やると言ってソフトを買ったけど、彼が実際に作り始めたのは締め切りの1カ月前。スマホのアプリで TO DO リストを作って週1回のデートのたびに進捗状況を確認しました。(K.Tさん)

From 編集部

長い目で見ると、イラッとしても「キレない」ことが大事

結婚準備中は「どうしてやってくれないの?」「いつになったらやってくれるの?」と彼に対してイラッとくる場面がたくさんあるけれど、できるだけキレないことが大事。彼がスネてしまうと逆効果になることも。彼のテンションを高めるすべを今のうちに身につけておくと、長い結婚生活で役立つことがいっぱい。広い心をもって頑張って!

取材・文/前川ミチコ イラスト/平松昭子
※記事内のデータならびにコメントは2017年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー90人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2017年10月現在のものです

  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
  • テンションあげたい
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop