上越エリア(式場・ゲストハウス)

ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚式場、挙式、披露宴会場を探す
  3. 北陸・甲信越・静岡
  4. 新潟県の結婚式場
  5. 上越の結婚式場
  6. THE GRAN SUITE(ザ・グランスイート)
  7. THE GRAN SUITE(ザ・グランスイート)のプランナーブログ「2016年10月の記事一覧」

2016年10月の記事一覧

雨の日の結婚式

更新:2016/10/31 11:00




ヨーロッパの言い伝えで、
「Mariage pluvieux mariage heureux」
(マリアアージュ ブリュヴィウー マリアージュ ウルー)という言葉があります。
和訳すると「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」という意味だそうです。

新郎新婦が流す一生分の涙を神様が流してくれるという
ロマンティックな言い伝えです。
また、天上界から神様が天使を雨粒にして降り注がせてくれるという
考えもあるようで、雨が降れば振るほど祝福されているとも言われています。

1711.jpg


雨の予報だと悲しくなってしまう人もいるかもしれません。
ですが雨の日=テンション下がるではなく、
雨の日=特別な演出のできる日と気持ちを切り替えれば
きっと素敵な結婚式になれるはずです。
どんな日であっても、2人が祝福されることには変わりない、
最高の1日になります。


ザ・グランスイート スタッフ一同

おもてなしアイテム

更新:2016/10/30 14:00





オシャレで大人かわいい「ロゼット」を
紹介させていただきます。

欧州では伝統儀式などで手渡す風習があり、
相手を敬い称える象徴・証として勲章のように、
大切な相手をおもてなしをするために用いられています。

造花やビーズ、タッセルなどを組み合わせれば、
オリジナル感あふれるロゼットに!二人の世界観を表現できる
アイテムになります。

0171.jpg



結婚式のテーマに合わせたロゼットを用意すれば、
演出アイテムのひとつとして使えます。
ふたりらしさの伝わるロゼットで、ゲストへの感謝の気持ちを表してみませんか?



ザ・グランスイート スタッフ一同

花嫁ヘアは花冠で可愛らしく…

更新:2016/10/29 14:00




花嫁ヘアはアップスタイルが主流ですが、
ダウンスタイルも捨て難い!という花嫁さんも多いはず。
そんな花嫁さんにぜひおすすめしたいのが、花冠をつけたダウンスタイルです。

0984.jpg


ヘアスタイルで花嫁さんの印象は変わります。
ドレスの相性を考えながら、ぜひ自分にぴったりのダウンスタイルと
花冠を見つけてみてください。

ザ・グランスイート スタッフ一同

クラッチブーケより大胆に。

更新:2016/10/28 12:00





クラッチブーケのような定型的なものではなく、
自然の中でのびのび育った野生の花をリボンでカジュアルに
結んだブーケを「ワイルドブーケ」と言います。

2096.jpg




大人ウェディングが近年増えてきており、ドレスはシンプルな傾向に
なりつつあります。
そこでこだわりたいのがブーケです。
圧倒的な存在感のあるワイルドブーケはスレンダーやエンパイアにぴったりです。

1356.jpg



リゾートウェディングにはぴったりのブーケです。


ザ・グランスイート スタッフ一同

プライベートガーデンにて

更新:2016/10/27 11:00





人気の高い演出「デザートブッフェ」

2363.jpg



デザートだけがバイキング形式のパーティスタイル。
新郎新婦がカットしたウエディングケーキをサーブすることもできます。

ゲストが自由に移動できること、
主役の2人もメイン席を離れてゲストと会話ができることなどが魅力です。


1425.jpg





プライベートガーデンでのデザートブッフェはおススメの演出です。


ザ・グランスイート スタッフ一同







前祝いのパーティー

更新:2016/10/26 13:00





結婚する花嫁を友人たちが祝福する、欧米では一般的な前祝いパーティーを
ブライダルパーティーと言います。
ブライズメイドとなる花嫁の姉妹・従姉妹や親しい未婚の友人などが企画し、
結婚式の2ヶ月前-2週間前くらいにブライズメイドの自宅やレストランで行われます。


参加者は女性のみ。
お茶をしながらガールズトークに花を咲かせ、参加者が持ち寄った
「新婦の新婚生活に役立つ」プレゼントを花嫁が順に開け、盛り上がります。

1734.jpg







独身最後のパーティーを女性だけで楽しんでみてはいかがですか?

ザ・グランスイート スタッフ一同






リボンワンズの魅力

更新:2016/10/24 15:00




海外ウエディングで注目されているのがリボンワンズです。
ワンドは英語で”杖”という意味があり、リボンをつけたスティック状のものを、
ゲストは旗のように杖を振って、フラワーシャワーなどの替わりに前を通る新郎新婦を祝福します。



テーマカラーを決めて、一体感をもたせたり、リボンの太さや長さを変えて、
オリジナルで可愛いものに仕上げることが出来ます。

定番のリボンは、サテンリボンですが、それだけでなく、
レースなどを使うとガーリーなリボンワンズになります。
トップに鈴をつけたり、ビジューなどをつけると可愛いリボンワンズの完成します。


0590.jpg


フラワーシャワーに変わる演出、新演出です。
ふたりらしいリボンワンズを作成してはいかがですか?


ザ・グランスイート スタッフ一同




ブレンディングワインとは、二種類のワインを混ぜることで
二人の夫婦としての絆を表すセレモニーのことです。


二つの全く別物だったワインが一つに混ざり合うことは、
今まで別々に育ってきた二人が一つの新しい家族になる事、
二つの家族が一つになることを表しています。

式で使ったワインは思い出の品となり、
毎年記念日に二人でワインを飲みながら
思い出を振り返ることができるというところから、お酒好きなカップルにもオススメの儀式です。

0096.jpg

形に残る物を結婚式で残してみませんか?


ザ・グランスイート スタッフ一同

ウィッシング・ストーンとは

更新:2016/10/22 17:00





ウィッシング・ストーンとは、ゲストから二人への祝福の気持ちを
石に込めてプレゼントする演出のことです。
アイルランドでは、伝統的な結婚式の儀式の一つでもあります。

ゲスト参加型の演出で、ゲストが石に祝福の願いを込めたり
メッセージを書いて2人の幸せを願います。
ゲストからの祝福を形にして残す事で、いつでも結婚式の思い出や
みんなからの愛を思い出すことができるため、海外でとても人気の高まっている
演出です。

0756.jpg


ゲスト参加型の演出は候補として、ぜひ入れてみてください。


ザ・グランスイート スタッフ一同

ハンドファスティング

更新:2016/10/21 12:00



ハンドファスティングとはヨーロッパの伝統的な結婚式の儀式のひとつです。
挙式で新郎新婦の手と手をほどけないように結ぶことで、二人の結婚の誓いを固く結び、夫婦がひとつになったことを象徴するためのものです。



1233.jpg


多くの結婚式では指輪を交換する前に行われています。
いくつかのやり方があり、演出方法は新郎新婦によって様々ですが、
多くの場合ではカップルが向かい合って両手を握り、二人の手と手をリボンで結びます。

結ぶ役は、司会者が行っても良いですし、二人のお世話になった方へ
お願いしても素敵ですね。
これらは通常、誓いや指輪の交換が終わるまで保たれています。
リボンが結ばれている間は、リボンと同じように二人の手も堅く強くつなぎましょう。
そうすることで、二人の愛や絆がより強いものとなります。


0345.jpg




ザ・グランスイート スタッフ一同

THE GRAN SUITE(ザ・グランスイート)が気になったら

ゼクシィで予約しよう!

  • 見学予約
  • ブライダルフェア

気になる結婚式場は、早速クリップ!

ちょっとでも気になった結婚式場は、どんどんクリップ。お気に入りに登録しよう

資料請求して挙式・結婚式場をじっくり検討

挙式・結婚式場を見に行く前に色々調べたいなら、資料請求がおすすめ。資料を取り寄せてじっくり結婚式場を検討しよう

結婚式場へのお問合せはこちら

結婚式場の詳細情報や、ブライダルフェア内容などで確認したいことがあればこちらから問合せできます

ページの先頭へ戻る