ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

シチュエーションにもこだわろう。
女の子が夢見るプロポーズとは?

シチュエーションにもこだわろう。女の子が夢見るプロポーズとは?

一世一代のプロポーズ。でもそれがひとりよがりなプランだったら、彼女も興ざめになってしまうもの。彼女だってその時を「どんなふうに私にプロポーズしてくれるのかな」って心待ちにしてくれているかもしれない。せっかくならシチュエーションにもこだわって、彼女にとって「理想のプロポーズ」を実現したい! というわけで、「女の子が夢見るプロポーズの条件」を考えてみよう。

ふたりの記憶に残る日を選ぼう

プロポーズの日は、思い出の一日としてそれからずっと大切にしていきたいと考える彼女も多いもの。その日がそもそも「特別」であるクリスマスなどのイベントの日を選べば、ときめきが重なってより思い出深くなりそう。誕生日や初デートなどふたりにとっての記念日にプロポーズするれば、わざわざこの日を選んでくれたと感激も大きなものになるだろう。ふたりでする旅行も大切にしたい思い出の一つ。旅先でプロポーズして「この日を今日から記念日」にするのも素敵だ。

彼女の好みを観察する

プロポーズする日を決めたら、次は彼女の性格や好みをしっかりと把握しよう。華やかなことが好きなサプライズ派か、まったりマイペース派なのかだけでもかなり「彼女の理想のシチュエーション」は変わってくるはず。デートのときに気に入ったレストランや反応がよかった場所だけではなく、好きな映画や小説ドラマなどもヒントになる。

サプライズをするなら仕込みは完璧に!

サプライズを喜んでくれる彼女なら、ここはやはり頑張りたいところ。念入りな仕込みは必須! 周囲の協力が必要になることも多いので、友人たちにも積極的に声を掛けて計画を立てよう。

まったり派の彼女なら、日常のちょっとしたタイミングで

派手な仕掛けをされるよりも「家でまったりしてる時に言われたい」「ロマンチックな夜景が見られるところでさりげなく」と思っている女の子も多い。普段と変わらない感じで過ごしている日のちょっとしたタイミングで不意打ちするのも効果的かも。

プロポーズするときには彼女の心の準備も考えて!

「ジーンズをはいていたのに高級レストランに連れて行かれて恥ずかしかった」「疲れている時に今日どうしても会いたいと言われて正直イライラしていた」という話もある。彼女がサプライズ派でもまったり派でも、憧れの瞬間であるプロポーズを「イケてない私」のときにされるのは避けたい気持ちは同じ。そんな乙女心をくみ取ってあげるデリカシーを持つのは、男にとって大切なことの一つだ。

言葉はストレートに!

曖昧な言い方をしてしまいプロポーズだと思われなかった、という悲劇も意外と多い。ストレートに「結婚してください」とはっきりと言おう。それにプラスして「ずっと待たせてごめん」「一緒にいてほしい」と彼女に対する気持ちを添えるとポイントアップ!

忘れてはならないスキンシップ

言葉で伝えるだけでなく、プロポーズの前後に手を握ったりぎゅっと抱き締めればより一層気持ちが届く。ただし、人前で抱き締められるのは恥ずかしいという女の子もいるから、時と場所は考える必要がありそう。彼女の性格に合わせてさりげなく、または大胆にスキンシップをしよう。

女の子たちに聞いてみると「完璧でなくても、完璧を目指してくれたことにグッとくる」んだそう。これらの条件を踏まえつつ、最高のプロポーズを目指してみよう!

その他のプロポーズに関する注目記事

ニュース一覧ボタン