ピアジェ

Piaget(ピアジェ)

スイスの高級ウォッチ・ジュエリーメゾン“ピアジェ”は、創造性豊かなデザインのブライダルコレクションが人気

マニュファクチュール(自社一貫製造)として、歴史と伝統に培われた熟達の時計づくりと創造性に富んだジュエリーのクリエイションで「時計界のジュエラー」と呼ばれるピアジェ。芸術的な時計やジュエリーで人々を魅了。

Brand Story ブランドストーリー

スイスに生まれ、極薄の時計ムーブメントで名声を得たピアジェ。卓越した技術力に支えられたエレガントなジュエリー・ウオッチでも知られる。大胆で個性的、かつ優美なジュエリー・コレクションからも目が離せない。
極薄ムーブメントで世界的名声を得る
スイスアルプスの北、スイスとフランスの国境に位置するジュラ山脈。その山あいにある小さな集落、ラ・コート・オ・フェに小さな時計工房が設立されたのは1874年のことだった。創業者はジョルジュ・エドワール・ピアジェ。これが、世界に冠たる高級時計・宝飾ブランド、ピアジェの始まりだ。

彼は時計ムーブメント(時計の機械部分)の製作に情熱を燃やし、その精密なつくりで次第に世に知られるようになる。有名な時計メーカーも彼にムーブメントの製作を依頼するようになり、その名声はジュラ山脈一帯に広がるようになった。自信を深めたピアジェは、1943年からムーブメントのみならず、時計も自社で製造販売するようになり、その名声は一層高まることとなった。

ピアジェの世界的な評価を確固たるものにしたのは極薄のムーブメントだ。1957年には厚さ2mmの手巻きムーブメント「キャリバー9P」を発表。1960年には厚さ2.3mmの自動巻きムーブメント「キャリバー12P」を世に出した。

いずれも手巻き、自動巻きの分野で当時最も薄いムーブメントで、時計業界にセンセーションを巻き起こした。ちなみに、「キャリバー12P」は、世界で最も薄い自動巻きムーブメントとして当時のギネスブックにも掲載。現在も極薄ムーブメントにおける新しい記録の樹立へ挑戦しつづけている。
豪華なジュエリー・ウオッチで世界を虜に
時計ムーブメントを極限まで薄くすることによって、何がもたらされたか。ムーブメントが薄く軽くなったことで、ジュエリーと時計を組み合わせたり、文字盤などに装飾を施すことが可能に。その結果、ピアジェの時計はよりエレガントに、ファッショナブルに進化することになった。

極薄ムーブメントにより、デザインの可能性を大幅に広げたピアジェでは、指輪やブローチ、カフリンクスなどに時計を組み込んだゴージャスかつエレガントなジュエリー・ウオッチを次々と生み出し、世界の注目の的となった。

ジュエリーと時計の融合に新たな創造性を見いだしたピアジェは、ジュネーブに双方の専門的な作業を行える工房を設立。1959年には初のブティックもオープンした。

1964年には、文字盤にラピスラズリやターコイズ、オニキス、タイガー・アイといった半貴石をあしらった時計を発表し、世界中のセレブたちの目を釘付けにした。続けて発表されたカフススタイルのブレスレット・ウオッチは、高級ジュエリー・ウオッチの代名詞として長く語り継がれることとなった。
ハリウッド女優にも愛される高級ジュエリー
エレガントかつゴージャスなジュエリー・ウオッチを世に送り出し、「時計界のジュエラー」と呼ばれるようになったピアジェでは、ジュエリー・コレクションにも力を入れるようになった。

ジュエリー工房には鑑定家によって厳選された貴石が運び込まれ、宝石職人により全て手作業で、カット、調整、セッティングが行われる。時計と同様、高い技術力と豊かな創造性に裏打ちされたジュエリー・コレクションは、世界のセレブたちにも愛され、ハリウッド女優を飾ることもしばしばだ。

なかでも、1990年に発表された「ポセション・コレクション」は愛をテーマにしたシリーズで、ピアジェを代表するコレクションとして知られる。ポセションとはフランス語で「所有」という意味。愛する人を所有し、所有されるという情熱的な想いが込められており、ウエディング・ジュエリーとしても人気が高い。

130年以上もの歴史を誇るピアジェ。伝統に裏打ちされた高い技術力と、大胆な発想から生まれる革新性にあふれたデザインは、いつの時代も人々に新鮮な驚きを与え、世界中の人々の羨望の的となり続けている。